乃木坂46[ライブレポート]11年間の感謝の気持ちを全力で届けた秋元真夏卒業コンサート「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」

乃木坂46[ライブレポート]11年間の感謝の気持ちを全力で届けた秋元真夏卒業コンサート「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」

乃木坂46[ライブレポート]11年間の感謝の気持ちを全力で届けた秋元真夏卒業コンサート「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」

乃木坂46のデビュー11周年を祝うバースデーライブ<乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE>DAY5公演が、2月26日(日)に横浜アリーナで開催された。2月22日から5日間にわたり同会場で展開される今回のバースデーライブ。最終日は乃木坂46 2代目キャプテンにしてグループ最後の1期生・秋元真夏の卒業コンサートとして実施された。2012年秋から活動に加わった彼女の、約11年にわたるアイドル人生の集大成を見守ろうと、会場には約1万2000人のファンが駆けつけ、さらにインターネット有料生配信を通じて多くの者がその様子を見守った。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

<乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE>横浜アリーナ(2023年2月26日)

取材&文:西廣智一

荘厳なSEが流れる中、客席が秋元のメンバーカラーである赤&ピンクのペンライトで染まっていくと、アリーナ後方からメンバーが登場。最後にステージ後方から秋元が姿を表すと、“乃木坂46 秋元真夏卒業コンサート、スタートです!”を合図に「ぐるぐるカーテン」でライブは幕を開けた。淡いピンクの衣装に身を纏ったメンバーは、秋元を中心に華麗なステージを展開。「おいでシャンプー」では、梅澤美波の“今日が最後かもしれませんよ?”を合図に、秋元を中心に“みなさんのハートに、ズッキュン!”を披露する一幕も。続く「走れ!Bicycle」と合わせて、乃木坂46の原点を振り返るようなセットリストで観る者を大いに楽しませた。

その後、自身の真の意味でのデビュー曲「制服のマネキン」を、当時を彷彿とさせるセーラー服姿で、オリジナルに忠実な振り付けでパフォーマンスする。続く「ガールズルール」では“横アリ、騒げーっ!”と、冒頭の煽りを秋元が担当。会場のボルテージが高まる中、さらに「太陽ノック」をくり出し、客席は早くもクライマックスのような盛り上がりを見せた。

最初のMCでは、秋元との最後のステージについて後輩たちが想いを吐露。鈴木絢音は“私は現役メンバーで唯一の「真夏さんリスペクト軍団」。真夏さんへの愛はこの会場で誰にも負けないと思います”、遠藤さくらは“これまでどれだけ真夏さんに助けられたことか。今日はそんな真夏さんが輝けるよう、精一杯の力で支えたい”と語る中、山下美月は“(ステージに登場し、階段を降りる時に)スタッフさんから「絶対に転ぶなよ」と何度も言われていた”ことを明かし、会場の笑いを誘う。そして、秋元は“今日は私が好きな曲をたくさん詰め込んでいます!”と、このあとに披露される楽曲への期待を高めていった。

“後輩との関係性を重視した”というブロックでは、各期とのコラボレーションを展開。まずは5期生との「バンドエイド剥がすような別れ方」で勢い付け、続く4期生とのコラボ曲「ジャンピングジョーカーフラッシュ」では会場内の熱量が一気に沸点まで達する。さらに、3期生との共演曲「僕の衝動」ではメンバー1人ひとりと寄り添いつつ力強い歌を響かせる。この曲では伊藤理々杏が“最後に真夏さんの本気のダンスを見せてください!”と、秋元に激しいダンスを促す一幕も。エンディングでは秋元と伊藤がキメ顔対決をして、ファンを大いに楽しませた。

続くユニットブロックでは、同期メンバーたちと歌ってきた懐かしい楽曲を後輩たちと歌い紡いでいく。「口約束」は佐藤楓、吉田綾乃クリスティー、金川紗耶、柴田柚菜、林瑠奈、弓木奈於といった3〜4期生たちと落ち着いた雰囲気で、「ごめんね、スムージー」は阪口珠美、田村真佑と一緒に王道アイドルらしい衣装を着て可愛らしく披露。“私は笑顔のイメージが強いけど、カッコいい表情に憧れる。最後にカッコよくキメたい”というフリから始まった「魚たちのLOVE SONG」では、魚の着ぐるみを着て登場した秋元に会場がどよめく。その後、同じく着ぐるみ姿の山下、筒井あやめも登場、最後にはカマキリ姿の黒見明香も加わり、秋元らしい一筋縄ではいかない自己プロデュース力を見せつけた。

コミカルな演出で場を和ませたあとは、秋元が乃木坂46の活動に復帰して初めて振り入れをしたアンダー楽曲「涙がまだ悲しみだった頃」と、“私っぽくない、めちゃくちゃカッコいい曲。披露するのに勇気が必要”という1期生楽曲「Against」を、アンダーメンバーと一緒に披露。曲ごとにコロコロと表情を変える、このジェットコースターのような振り幅こそ秋元らしさと言えるだろう。

卒業公演もついに折り返し。ここからはパフォーマンスに重点を置いた楽曲が連発される。まずは代表曲の1つ「インフルエンサー」を遠藤とのダブルセンターで披露。制作当時はダンスに苦戦したこの曲を、秋元はアイドル人生最後の日にセンターを全うし、成長した姿を観る者に強くアピールする。続く「シンクロニシティ」でも難易度の高いソロダンスを見事にやりきり、有終の美に相応しいパフォーマンスを提示。さらに「好きというのはロックだぜ!」「帰り道は遠回りしたくなる」「最後のTight Hug」と緩急に富んだ選曲で、乃木坂46らしい“しなやかさの中にも力強さが存在するダンス”を表現してみせた。

ライブ終盤戦には、秋元の“憧れの曲”である「言霊砲」を、これからの乃木坂46を先頭で引っ張っていくことになる久保史緒里、与田祐希、山下の3人と一緒に歌唱。また、自身がかつて卒業生の高山一実と歌ってきたユニット曲「忘却と美学」ではキャプテン、副キャプテンとして苦楽をともにしてきた梅澤美波と一緒に披露する。さらに、“あるメンバーとどうしても歌いたい曲。楽曲も大好きだし、その一緒に歌うメンバーのことが大好き”と“HoneyWorks meets さゆりんご軍団+真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46”名義で発表した「大嫌いなはずだった。」を、鈴木と2人で歌唱。外周を歩きながら歌う2人は瞳に涙を浮かべ、この曲を噛み締めながら歌う。曲中、鈴木から“真夏さん、今まで本当にありがとうございました”と花束をプレゼントされるサプライズもあり、会場は感動的な空気に包まれた。

涙を堪えきれない秋元は、本編最後の曲に入る前に後輩たちにメッセージを送る。秋元は“昨日までやっていた期別ライブが本当に楽しくて。卒業するのが何の不安もないくらい、頼もしい後輩に囲まれていたんだなと感じた3日間でした”“メンバーによって歩んできた歴史は違うけど、その間にたくさんの困難や不安を乗り越えてきたからこそ、今の乃木坂46があると思っているので、絶対に大丈夫だなと思います”と力強く語り、“アイドルとして世代交代が難しいと言われている大人数アイドルグループですけど、乃木坂はちゃんと世代交代できたんじゃないかなと自信を持って言えます”と宣言。最後に、自身が初めてセンターを務めた「ひと夏の長さより・・・」で煌びやかに締めくくった。

アンコールでは高山や松村沙友理、西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、桜井玲香といった同期OGからの労いのメッセージが映像を通して送られる。続いて、ピンクのドレスを着た秋元が登場し、ここまで支えてくれた両親やマネージャー、スタッフ、そしてファンへ感謝のメッセージを伝える。“私を応援していて楽しかったですか?”と客席に問いかけると、客席からは盛大な拍手が湧き起こり、最後に“生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたいし、乃木坂のキャプテンを務めたいです。それくらい大好きな場所でした。11年間、本当にありがとうございました”と口にして、自身の卒業ソング「僕たちのサヨナラ」を涙ながらに歌唱した。

「2度目のキスから」を歌いながら、メンバーと一緒に会場を一周したあとには、各期を代表して菅原咲月、賀喜遥香、久保が秋元へ感謝の言葉を送る。菅原は“次にお会いする時には、何倍も成長した姿をお見せできるようになりたい”、賀喜は“これからも真夏さんの言葉を大切にしながら、乃木坂46を守っていきたい”と口にし、久保は“これからは真夏さんみたいな優しさを持って、後輩たちと一緒に乃木坂をもっともっと強くしていけるように、3期生も頑張ります”と力強く宣言。すると、秋元がメンバー全員に手紙を書いてきたことを告げ、代表して梅澤への手紙を読み上げる。キャプテンとしての役割について、秋元らしい言葉でエールを送り、最後のお願いとしてメンバーに“キャプテンにはどうしてもふんばらないといけない時があります。だから、うめのことを絶対に全力で支えてあげてください”と伝えた。

最後の曲紹介を噛んでしまう微笑ましい場面を挟み、ラストは「乃木坂の詩」で締めくくり。会場一面が紫色に染まる中、盛大なクライマックスを迎えた。そして、最後にやり残したこととして必殺技の“ズッキュン”を送り、“何も持っていなかった18歳の私をここまで、こんな素敵な場所までつれてきてくれて、乃木坂として11年間歩ませてくれて、本当にありがとうございました”と感謝を口にすると、観客から“まなつさん 大好き”のメッセージシートを掲げるサプライズも。こうして秋元真夏のアイドル人生最後のステージは大成功のうちに終了した……かに思われたが、興奮冷めやらない観客のコールを受け、再びステージに登場したメンバーが「ハウス!」「ガールズルール」を最後の最後にプレゼント。こうして5日間におよぶ<乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE>は、最高のエンディングとともに幕を下ろした。

<乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE>

2023年2月26日(日)
横浜アリーナ

Overture
01. ぐるぐるカーテン
02. おいでシャンプー
03. 走れ!Bicycle
04. 制服のマネキン
05. ガールズルール
06. 太陽ノック
07. バンドエイド剥がすような別れ方
08. ジャンピングジョーカーフラッシュ
09. 僕の衝動
10. 口約束
11. ごめんね、スムージー
12. 魚たちのLOVE SONG
13. 涙がまだ悲しみだった頃
14. Against
15. インフルエンサー
16. シンクロニシティ
17. 好きというのはロックだぜ!
18. 帰り道は遠回りしたくなる
19. 最後のTight Hug
20. 言霊砲
21. 忘却と美学
22. 大嫌いなはずだった。
23. ひと夏の長さより・・・

アンコール
24. 僕たちのサヨナラ
25. 2度目のキスから
26. 乃木坂の詩

ダブルアンコール
27. ハウス!
28. ガールズルール

  • トップページ
  • レポート
  • 乃木坂46[ライブレポート]11年間の感謝の気持ちを全力で届けた秋元真夏卒業コンサート「生まれ変わっても絶対に乃木坂になりたい」