<TJPW CITY CIRCUIT WINTER~名古屋公演~>名古屋国際会議場イベントホール(2023年2月18日/©東京女子プロレス)

<TJPW CITY CIRCUIT WINTER~名古屋公演~>名古屋国際会議場イベントホール(2023年2月18日/©東京女子プロレス)

SKE48 荒井優希、地元名古屋でアジャコングと再戦! SKE48ミニライブも披露

SKE48の荒井優希が、本日2月18日(土)に名古屋国際会議場イベントホールで行なわれた東京女子プロレスの大会に出場。プロレスの師匠である山下実優とタッグを組みアジャコング&宮本もか組と対戦し、宮本もかから勝利するも悔しさを爆発させる結果になった。また、本日はSKE48のメンバー5名が来場し、青木詩織、青木莉樺、伊藤実希、岡本彩夏が荒井とともにリング上のミニライブで会場を盛り上げ、放送席では福士奈央が実況に参加した。

<TJPW CITY CIRCUIT WINTER~名古屋公演~>名古屋国際会議場イベントホール(2023年2月18日)

第2試合が終わると、荒井を先頭に青木詩、岡本、青木莉、伊藤がリング上に登場。四方からの大きなコールとサイリウムの光の中、SKE48の代表曲「チョコの奴隷」、「賛成カワイイ!」に続き、荒井を含む本日のメンバーが所属するTeam KⅡの新公演<時間がない>の楽曲「Over the Top」を披露。この曲は荒井がセンターの楽曲で、劇場ではステージをリングに見立てた演出でパフォーマンスするが、本物のリング上での初披露となった。荒井以外の4名はリングに上がるのは初めてで、青木莉は“楽しみすぎて朝の5時まで眠れなかった”というほど。みんなで喜んで感想を話していると会場が突如暗転。スクリーンに青木詩織の写真が映し出され、4月15日(土)の後楽園ホール大会でレフェリーデビューするということがサプライズ発表された。青木詩は当日までの特訓を誓い、荒井の得意技の「Finally」(かかと落とし)のネーミングの由来となった「片想いFinally」でミニライブを締めくくり、メンバーはリングを後にしました。

荒井はアジャコングと昨年10月に初対戦し、本日のメインイベントで5ヵ月ぶりの対戦。3月18日(土)に有明コロシアム大会でシングルマッチが決まっており、本日は前哨戦とも言える試合となった。

会場に荒井コールが響く中、荒井は初っ端からアジャに対峙するが、組み合っても動かせず、ビッグブーツを打ち込んでも逆に身体ごとぶつかられて吹き飛ばされてしまう。さらには顔面を張られ、パイルドライバーで真っ逆さまにキャンバスへ突き落とされた。このカバーはパートナーの山下のカットでなんとか助かったが、替わった宮本にビッグブーツで返すのが精いっぱい。山下が試合を盛り返し、荒井もアジャにFinallyを狙うが、足をキャッチされて封じられる事態に。

アジャから替わった宮本の羅生門で捕まるが、山下にまた助けられる。アジャが山下に一斗缶攻撃をしかけると、山下はこれを蹴飛ばして阻止。アジャは山下に裏拳を見舞い、山下も返す刀でSkull Kickを放ってダブルダウン。荒井は宮本の鴻臚館狙いを着地してビッグブーツを放つと、フルネルソンバスターからFinallyでフォールを奪った。

試合終了後リング上で、山下は“今日勝ったけどまだまだでしょ。私は荒井優希ちゃんのアイドル姿も荒井優希のプロレスラーの姿も本当に強いなって思って見てます。だから、有明、アジャさんに勝ってほしい”とエールを送り、“ここにいるお客さんもみんな思ってますよね?”と呼びかけると客席からも荒井コールが発生した。

荒井は“勝ったけど、めちゃめちゃ悔しいです”とコメント。それでも最後は“みんなに言われなくても勝つつもりです。試合をするからにはアジャさんに勝つ気持ちしかないので。来月は今日よりも成長した姿をみなさんにも山下さんにも見せられるように一生懸命やりたいと思います”と前を向き、“今日は名古屋大会たくさんの方に来ていただけて本当に嬉しかったです。本当に本当に今日はありがとうございました”と感謝した。

<TJPW CITY CIRCUIT WINTER~名古屋公演~>
日時:2023年2月18日(土)開場11:45/開始12:30
会場:愛知・名古屋国際会議場イベントホール
○メインイベント スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
山下実優&荒井優希 vs アジャコング&宮本もか  他

動画配信サービス『WRESTLE UNIVERSE』
※視聴には会員登録が必要です(有料)。課金登録初月は無料となりますが、初月無料対象月は退会することができません。翌月以降、退会が可能です。予めご了承ください。

次ページ

  • 1