桃月なしこ、スピンオフ第3弾『ヨドンナのバレンタイン』への想いを語る! 「ヨドンナとともに私自身も成長できたなと思います」

桃月なしこ、スピンオフ第3弾『ヨドンナのバレンタイン』への想いを語る! 「ヨドンナとともに私自身も成長できたなと思います」

桃月なしこ、スピンオフ第3弾『ヨドンナのバレンタイン』への想いを語る! 「ヨドンナとともに私自身も成長できたなと思います」

桃月なしこが主演を務めるTTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』が、2023年3月5日(日)22:00より東映特撮ファンクラブ(TTFC)にて配信開始される。

TTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』より

同作は、桃月なしこ主演『ヨドンナ』シリーズ第3弾。バレンタインデーを舞台に、ヨドンナは再び人間界にやってきて、“愛情”を知ることとなる。

今回、ヨドンナに身体を貸すことになるのは、森日菜美が演じるミコ。森日菜美といえば『機界戦隊ゼンカイジャー』(2021〜2022年放送)にて、フリント・ゴールドツイカーを演じていた。TTFCオリジナル『ツーカイザー×ゴーカイジャー〜ジューンブライドはたぬき味〜』(2022年6月配信)でツーカイザーへ変身を遂げたことも記憶に新しい。今回はフリントではなく、オリジナルのキャラクターとして登場。『ヨドンナ』『ヨドンナ2』でヨドンナの相棒だった柿原さん(=柿原瑞希、演:西葉瑞希)にも負けない相性のよさで、ヨドンナが“愛情”を知るのに力を貸す。

“愛情”を知る相手には、テレビシリーズで正体が明かされる前のヨドンナに好感を持ち、『ヨドンナ2』のラストシーンで愛情を教えてもらう相手の候補であることがほのめかされたキラメイイエロー/射水為朝(演:木原瑠生)が正式に決定。ヨドンナが愛情を知り、蘇ることができるのかとともに、ついに為朝の恋が成就するのかにも注目だ。

今作のメガホンを取るのは、坂本浩一監督。脚本の井上テテとともに『ヨドンナ』『ヨドンナ2』から続投となる。

TTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』(©東映特撮ファンクラブ ©2020 テレビ朝日・東映 AG・東映)
ツイート
TTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』(©東映特撮ファンクラブ ©2020 テレビ朝日・東映 AG・東映)

桃月なしこ インタビュー

――ヨドンナ第3弾となる『ヨドンナのバレンタイン』配信決定おめでとうございます。

桃月なしこ:
ありがとうございます! 2023年3月5日(日)の22:00からニチアサならぬニチヨルとして配信が決定しました! 2020年3月から放送された『魔進戦隊キラメイジャー』に悪の幹部・ヨドンナ役として出演させていただいて、その後2021年に私、ヨドンナが主役のスピンオフ作品『ヨドンナ』『ヨドンナ2』が公開されて、喜怒哀楽を学ぶことができたのですが、『ヨドンナ2』で次作は愛情を学ぶために奮闘するのか……?と匂わせる終わり方をしていました。ですが、まさか本当にシリーズ第3弾まで作っていただけるとは……!  またヨドンナとともに成長できる機会がいただけたこと、とても嬉しく思います。

――撮影中のエピソードなど想い出はありますか?

桃月なしこ:
今回の相棒が森日菜美ちゃんということで、もともと『(機界戦隊)ゼンカイジャー』のフリント(フリント・ゴールドツイカー)ちゃんとして知っていてずっと可愛いなとは思っていたのですが、ゼンキラセンパイ(『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』)でも共演する機会がなくて、会えなくて残念だなーと思ってました。でも、ちょうどこの撮影が決まる前に別件のお仕事で一緒になってそこで話をする機会をいただけて。その後、日菜美ちゃんがこの『ヨドンナ』への出演が決まった時、速攻私に“出演決まったよ!”と連絡が来て、そこからクランクアップまで本当に毎日連絡を取るようになったんです(笑)。おかげでヨドンナの撮影もタイトスケジュールで大変ではあったのですが、毎日が楽しくて! 作中でも相性ピッタリ!?な姿が見せられるんじゃないかなあと思います。

――桃月さんにとって“ヨドンナ”とは?

桃月なしこ:
私自身を成長させてくれたものだと思います。最初はヨドンナはどういうキャラクターなのか、どう演じたらいいのかと試行錯誤をしており、本編最終話までも出演できるかわからないという役でしたが、ありがたいことにスピンオフ作品3作をやらせていただいたおかげで、2年半以上もヨドンナを演じることができました。本編では感情も理解できず、信じていたヨドン皇帝に裏切られるという切ない終わり方をしたヨドンナですが、こうしてスピンオフで喜怒哀楽、そして愛情も!(?)学ぶことによってどんどん成長していき、そのヨドンナとともに私自身も感情の振れ幅や演技の幅も広がって成長できたなと思います。

――最後に一言お願いします。

桃月なしこ:
こんなに放送後もスピンオフ作品を作っていただけたのは私の力ではなく、いつも応援してくださっている方々、そしてスピンオフを作りたいと言ってくださった坂本監督、快諾してくれたプロデューサーの方々のおかげです。私にとってヨドンナを演じることは本当に楽しくて、大好きな現場なんです。もうあと何回ヨドンナになれるのかはわからないけれど、これからもずっとヨドンナというキャラクターを愛して、数年後、数十年後も『魔進戦隊キラメイジャー』って、『ヨドンナ』ってよかったよねって思ってもらえたら嬉しいです。

TTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』(©東映特撮ファンクラブ ©2020 テレビ朝日・東映 AG・東映)
ツイート
TTFCオリジナル『ヨドンナ3 ヨドンナのバレンタイン』(©東映特撮ファンクラブ ©2020 テレビ朝日・東映 AG・東映)
  • トップページ
  • ニュース
  • 桃月なしこ、スピンオフ第3弾『ヨドンナのバレンタイン』への想いを語る! 「ヨドンナとともに私自身も成長できたなと思います」