まるぴ『ヤングキングBULL』2023年3月号(少年画報社)アザーカット(撮影: ©️LUCKMAN(少年画報社)/スタイリスト:工藤沙恵(ミタケイショウ)/ヘアメイク:塩田結香(JULLY)/マネジメント:長谷川喜十郎(ゼロイチファミリア))

まるぴ『ヤングキングBULL』2023年3月号(少年画報社)アザーカット(撮影: ©️LUCKMAN(少年画報社)/スタイリスト:工藤沙恵(ミタケイショウ)/ヘアメイク:塩田結香(JULLY)/マネジメント:長谷川喜十郎(ゼロイチファミリア))

まるぴ[アザーカット&インタビュー]バレンタイングラビアで解き放った至福の美ボディ! 「ギャップがすさまじい1冊に仕上がりました」『ヤングキングBULL』表紙登場

まるぴが、現在発売中の『ヤングキングBULL』2023年3月号(少年画報社)の表紙に初出演した。本記事では、まるぴが同誌初出演への想いや撮影時のエピソード、近況などについて語ったインタビューをお届けする。

まるぴ『ヤングキングBULL』2023年3月号(少年画報社)アザーカット

――『ヤングキングBULL』初表紙掲載おめでとうございます。『ヤングマガジン』(3度目)、『週刊プレイボーイ』(2度目)、『週刊少年チャンピオン』(2度目)の表紙登場に引き続き、今年に入り早くも4本目の表紙ですがいかがですか?

まるぴ:
ありがとうございます! 改めて考えてみると、本当にすごいなと、自分でも信じられないくらいのことが現実になったんだと感無量です。私1人の力ではなく、応援してくださる方々のおかげで叶った表紙ラッシュ。『ヤングマガジン』は3度目、『週刊プレイボーイ』、『週刊少年チャンピオン』は2度目で『ヤングキングBULL』に関しては初登場でした。また新しい雰囲気の私が魅せられたのではと嬉しく思います。2月に発売されるということでバレンタインを意識した可愛らしいカットから『ヤングキングBULL』らしいスカジャンまで、ギャップがすさまじい1冊に仕上がりました!

――4月29日(土)に公開のKADOKAWA映画『放課後アングラーライフ』に出演されますが、白木須椎羅役を演じた感想などあれば教えてください。

まるぴ:
白木須椎羅という明るく天真爛漫で、釣りが大好きな少女です。海釣り同好会「アングラ女子会」の会長を務めていて、ほかのメンバーからも愛されている憎めない、私も大好きなキャラクターです! 物事に熱中しすぎてしまう部分は、私にも通ずる部分があって、椎羅を演じている時は10代の自分を見ているような感覚もありました。とはいえ“まるぴ”ではなく“白木須椎羅”を演じるので、自分の考えとは別に椎羅ならどう感じているのだろうと俯瞰して考えながら役に向き合いました。ぜひ劇場で放課後アングラーライフを、椎羅を観ていただきたいです!

――バスケ好きで有名ですが、NHK『熱血バスケ』応援隊レギュラーで出演されていますね

まるぴ:
有名! そう言っていただけて光栄に思います。好きが高じてNHK『熱血バスケ』応援隊レギュラーへと繋がりましたし、本当にバスケ好き冥利に尽きます。『熱血バスケ』の生放送だけでなく、最近はNHK Bリーグ中継やチームの取材にも伺うことが叶いました! 初取材は私の地元がホームの群馬クレインサンダーズでした。地元での初仕事ということもあり、夢のような時間でした! 実は、今後自身のYouTubeチャンネルでもバスケについて発信していきたいなあと考えているので、楽しみにしていただきたいです!

――最後に一言お願いします。

まるぴ:
『ヤングキングBULL』3月号にて初表紙を飾らせていただきました、まるぴです! 月刊誌としては初めて表紙に登場ということで本当に嬉しく思います。今年が始まってから4誌で表紙を飾らせていただき、いろんな現場で“年始からよいスタートが切れていますね!”などありがたい言葉をいただきます。さまざまなジャンルのお仕事で活躍することが目標なので、たくさんのことに挑戦していけたらと思っております。先日、the shes goneさんの「春よ、恋」のMVにも出演させていただきましたが、どこでもまるぴを見るね!と言っていただけるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします!

  • トップページ
  • インタビュー
  • まるぴ[アザーカット&インタビュー]バレンタイングラビアで解き放った至福の美ボディ! 「ギャップがすさまじい1冊に仕上がりました」『ヤングキングBULL』表紙登場