©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

齋藤飛鳥、「私に出会わずに済んだのに……」 出演映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』予告映像&ポスタービジュアル解禁!

坂口健太郎主演、齋藤飛鳥出演映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』(4月14日(金)より全国公開)が、予告映像とポスタービジュアルを公開した。

予告映像は、坂口健太郎演じる、主人公・未山の穏やかな表情から始まる。

恋人で看護師の詩織(市川実日子)とその娘・美々(磯村アメリ)と暮らす未山が、そこに存在しない“誰かの想い”が見える不思議な力で周囲の人々を癒し、穏やかに暮らす様子が描かれる。

しかし、“これ、あんたがほったからしにしてきた過去だよね”という謎の男・草鹿(浅香航大)の不穏な言葉から、空気が一変。草鹿が“保管しといてやったんだ”と言う、未山のかつての恋人・莉子(齋藤飛鳥)との再会により、彼の知られざる過去が少しずつ垣間見えていく。

虚ろな表情の莉子が語る“あの場所に来ないことを未山くんが選択してたら、私に出会わずに済んだのに……”という意味深な台詞。莉子の存在によって紐解かれていく、未山の秘密。彼は一体、どこから来た何者なのか?

予告映像の中で彼らの物語に寄り添うのは、さまざまなジャンルを幅広く取り入れた音楽性で注目を集めるシンガーソングライター・クボタカイによる主題歌「隣」。同作のために特別に書き下ろされたエモーショナルな1曲が、作品の切ない余韻を際立たせる。また、劇中の音楽は藤井風やiri、SIRUPなどのプロデュースを務めるYaffleが担当。人気アーティストの楽曲を多く手掛け、映画作品にも携わってきたYaffleによる音楽が、映画の世界観をさらに彩る。

同時に解禁されたポスタービジュアルは、坂口演じる未山の“隣にいる人”でしか見ることのできない“横顔”、そしてどこか儚さを持った表情が印象的な仕上がりとなっている。

さらに、現在発表されているキャストに加え、茅島成美、不破万作、津田寛治、井口理(King Gnu)の出演も明らかに。本作の伊藤ちひろ監督がメガホンを取った『ひとりぼっちじゃない』(3月10日公開)の主演を務めることで話題となっている井口だが、同作での役どころにもぜひ期待してほしい。

そこに存在しない“誰かの想い”が見える不思議な力を持ち、人々を癒す青年・未山。誰も知らなかった彼の秘密が明らかになっていく時、思いがけないラストが訪れる。

主題歌「隣」に関するコメント

クボタカイ:
坂口健太郎さん演じる未山の心情を抜き出したような歌詞ということで、書いている間だけは未山が憑依しているような、不思議な制作体験でした。

身体中を覆い尽くす得体の知れない感情に名前が付くような、内省的な恋の歌ができました。

同じ「隣」を聴いても、未山、莉子、草鹿それぞれの視点で聴くとまったく違う視点で受け取れるのが面白いところです。

映画本編も、生活の中の静けさや、それぞれの暮らしの事情が印象的で、観る側に余白を与える素晴らしい映画だと思います。

荒々しく静かな本曲「隣」を、映画と併せてお楽しみください。

伊藤ちひろ(監督・脚本・原案):
クボタカイさんの持つ若さは輝いていて、エネルギーが指の先まで漲っているのを感じました。

「隣」の制作においては、主人公の未山が高校時代に恋人へ送った手紙をクボタさんに読んでもらい、その手紙から感じ取れるものでリリックを紡ぎ出してほしいとお願いしました。

はじめてデモを聴いた時に湧き上がってきた感動は、それから何度もこの曲を耳にしてきた今となってもまったく褪せることがなく、私の心を動かし続けてくれています。

彼から繰り出される言葉は美しく強く、奥底には毒を持ったトゲがある。

彼の知性とセンスがこの作品の強度を高めてくれたこと、とても嬉しく思っています。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 齋藤飛鳥、「私に出会わずに済んだのに……」 出演映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』予告映像&ポスタービジュアル解禁!