AKB48 倉野尾成美[インタビュー]出演映画『いちばん逢いたいひと』への想いを語る「見どころは全部です」

AKB48 倉野尾成美[インタビュー]出演映画『いちばん逢いたいひと』への想いを語る「見どころは全部です」

AKB48 倉野尾成美[インタビュー]初主演映画『いちばん逢いたいひと』への想いを語る「見どころは全部です」

白血病を克服した少女と、そのドナーになった男の数奇な運命を、実話を元に描いた奇跡の感動作『いちばん逢いたいひと』(2月17日(金)よりロケ地である広島県・福山駅前シネマモードにて先行公開/2月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開)。

本記事では、同作で映画初主演を飾る倉野尾成美(AKB48 チーム4キャプテン)の公式インタビューをお届けする。

映画『いちばん逢いたいひと』場面写真

――映画初主演が決まっていかがでしたか?

倉野尾成美:
最初は、周りが有名な俳優さんばかりなので、“本当なのかな?”と疑っちゃうくらいでしたが、やってみたかったことの1つだったので、ワクワクしながら参加させていただきました。

――クランクイン前に監督や堀プロデューサーからはどのような話がありましたか?

倉野尾成美:
作り込まなくて自然体でいいとのことでした。堀プロデューサーの娘さんがドナーさんからもらったというお手紙を読ませてもらいました。

――楓役をどのように演じましたか?

倉野尾成美:
もともと元気で明るい子だと思ったので、そういうシーンを大事にしたいと思ったし、たくさんの方に支えられて生きている子だと思うので、ありがたみを伝えながら演じられたらと思いました。

――クライマックスシーンは迫真の演技でしたが、どのように気持ちを作ったんですか?

倉野尾成美:
撮影の最終日に撮影だったんです。そのシーンが大事だなとずっと思っていたので、緊張していて、最後の日まで気が抜けなかったです。(撮影時にシーンの途中でカットをかけず、)長回しで撮ると聞いていたので、できる限り集中して撮影しました。(劇中の楓と同様)がむしゃらだった気がします。あんまり覚えていないくらいです。

――子供時代役の田中千空ちゃんとは話す機会はありましたか? 熱演を見ていかがでしたか?

倉野尾成美:
読み合わせの時にご一緒になった位で、あまりお話しする機会はなかったんですけど、すごく明るくて元気な子でした。本読みの時から子役の2人(田中千空ちゃんと隣のベッドの与志役の海津陽くん)はしっかりとされていてすごいなと思って、“私も頑張らなきゃ”と力をもらったし、本編を観て、演技がすごいと思いました。

――瀬戸内ロケはいかがでしたか?

倉野尾成美:
緊張してドキドキしていたけれど、瀬戸内の素敵な景色が私を癒してくれました。尾道の撮影だとか、すごく楽しかったです。

――完成した作品を観た感想を教えてください。

倉野尾成美:
<広島国際映画祭>で大きなスクリーンで観させていただきました。もともと映画鑑賞が好きなので、自分がスクリーンの中にいるというのが嬉しかったですし、シーンを繋げると、ちゃんと映画になっていてよかったなと一安心しました。

――同作は<ゆうばり国際ファンタスティック映画祭>と<広島国際映画祭>で上映されましたが、観客の感想は耳に入りましたか?

倉野尾成美:
ファンの方がけっこう来てくださって、“このシーンがよかったね”など言ってくださったので、安心しました。

――今作の見どころはどこだと思いますか?

倉野尾成美:
この映画が伝えたいことを楓ちゃんが全力で伝えるクライマックスシーンです。でも、そこまでの流れも大事なので、見どころは全部です。

――読者にメッセージをお願いします。

倉野尾成美:
劇場で観ていただきたいです! その一言です! メッセージ性があって、白血病やドナーなど言葉は知っていても知らないことをさらに詳しく知る機会になると思うので、この映画を通してぜひ知っていただきたいと思います。

倉野尾成美(AKB48 チーム4キャプテン)映画『いちばん逢いたいひと』インタビューカット
ツイート
倉野尾成美(AKB48 チーム4キャプテン)映画『いちばん逢いたいひと』インタビューカット

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • AKB48 倉野尾成美[インタビュー]初主演映画『いちばん逢いたいひと』への想いを語る「見どころは全部です」