沢口愛華(高梨リサ役)

沢口愛華(高梨リサ役)

沢口愛華、初主演映画『札束と温泉』メイキングカット公開!【コメントあり】

沢口愛華が初主演を務める映画『札束と温泉』のメイキングカットと出演者&監督コメントが公開された。

同作では、『人狼ゲーム』など数々のヒット作を発表してきた原作者の川上亮が長編映画第2作目の監督と脚本を担当。

主演は、<ミスマガジン2018>で注目され、数々の雑誌の表紙に登場し、2022年7月クール朝日放送連続ドラマ『彼女、お借りします』にも出演した沢口愛華。SNS世代の若者らに絶大なる人気を誇る小浜桃奈、糸瀬七葉、大熊杏優、佐藤京、星れいら、数多くの映画や舞台で主演を務める小越勇輝などが脇を固める。

今回、大分県別府市でのロケが終了し、メイキングカットを解禁。また、応援プロジェクトのクラウドファンディングが、1月20日(金)0:00~スタートした。

コメント

沢口愛華(高梨リサ役):
“高梨リサは自分と似ている”と台本に初めて目を通した時に思いました。

“高梨リサ、という女の子の正義ってなんだろう”と台本を何度も捲りました。

初めて共演者の方と顔を合わせ、読み合わせをした時、リサは孤独なような気がしました。

私も孤独を感じました。

台本を読めば読むほどリサから離れていっているような気がして、一定の距離までは近づけるのにリサの周りには硬い膜が覆われていて触れることさえできなくて。

でも、ひかるや恵麻、美宇はその硬い膜を温かい手で溶かしてくれて、綾乃さんや遥さんは大らかな心で支えてくれました。

そのおかげで私はリサの正義を受け入れられるようになりました。

“大切な人が傷ついているのを見たくない”

だから臆病で、自分を大切にする方法を知らない、ちょっと不器用な普通の女の子。

私も普通の女の子だと、リサが気づかせてくれました。

小浜桃奈(関根ひかる役):
関根ひかる役を演じました小浜桃奈です。

演技の経験があまりなく今作が初めての映画出演ということで少し不安な気持ちもありました。ですが、監督がイメージされていたひかると私の性格や生い立ちが本当に似ている部分が多く、あまり作り込まず自然体で撮影に挑むことができました。

撮影期間、共演者の方と撮影がない時間は部屋でセリフ合わせをしたり役について話したり、たくさん助けてもらい、少しは自分も成長できたと思います。

10代最後の冬にこの役に出会えたことは、本当に奇跡だと思い嬉しく思います。すべて出し切って全力で物語と向き合い、みなさんと一緒に作り上げたこの作品、少しでも多くの方に観ていただきたいです。

小浜桃奈(関根ひかる役)
ツイート
小浜桃奈(関根ひかる役)

糸瀬七葉(佐々木恵麻 役):
盗撮をしたり、お金を取ってきてしまったりする変人。

最初はそんな佐々木恵麻というキャラクターをどう演じたらいいのか、すごく悩み、掴むまでにも時間がかかりました。

監督とたくさんお話しをさせていただき、リハーサルで少しずつ掴めていきました。

“ワンカット風”の撮影も、恵麻という個性的な役柄も初めての挑戦で、撮影の時もこれで大丈夫なのかなと不安になってしまったこともありましたが、 撮影中に監督が最&高!だよと声をかけてくださったことが本当に嬉しかったです。

この作品に出演できたこと、そして恵麻というキャラクターを演じられて本当によかったです!

糸瀬七葉(佐々木恵麻 役)
ツイート
糸瀬七葉(佐々木恵麻 役)

大熊杏優(田中美宇 役):
この映画の撮影が“ワンカット風”だと最初に聞いた時は、“ウマく演じられるかな”と少し不安でした。

いざ撮影が始まると、逆に長い時間カメラを回していただいたことで、気持ちが途切れることなく楽しく演じることできました!

私は、田中美宇役で出演させていただいているのですが、役を作るにあたって最初は“この子はあざとい子なのかな?”と思っていました。

ただ読んでいくうちに逆だと気づいて、素直でちょっぴりお馬鹿なんだって(笑)。

そこからは、いかに美宇ちゃんが映画の中で可愛く見えるように役作りをして臨みました。

見終わったあとには、気持ちが明るくなるそんな映画になってると思います。ぜひ劇場でお待ちしております。

大熊杏優(田中美宇 役)
ツイート
大熊杏優(田中美宇 役)

佐藤京(越智遥 役):
札束をきっかけにみんなそれぞれ空回り、ことが大きくなっていくドタバタ劇ですが、その中で内心誰よりも楽しんでいるのが遥です。ちゃっかり仕事もこなしつつ、ことのほか周りとも関わり、自分にも向き合う。そんな隠れチャーミングな遥と、監督をはじめ俳優陣やスタッフのみなさんに関われたことはすごく嬉しかったです。モニターで誰かの芝居を確認してはみんなで大いに笑って、楽しかったなあ。あの日、大分には雪が降っていました。

私もこの映画を映画館で観るのが楽しみです。一緒にスクリーンでくすくす楽しんでいただけたら幸いです!

佐藤京(越智遥 役)
ツイート
佐藤京(越智遥 役)

星れいら(水無月綾乃 役):
今回水無月綾乃役を演じさせていただきました星れいらです。

綾乃は大雑把で楽観的で基本周りの人に怖がられがちだけど、本当は繊細で意外と女の子っぽくて、なんだか背中を押してあげたくなるような、そんな子だと思っています。

台本を読んでいくにつれて私自身も綾乃を応援したくなっていました。

演じることで意識したことは“喜怒哀楽”です。

表情や態度で大きく出すことによって、綾乃の素直さだったりコメディさだったり、綾乃のキャラクターをしっかり表現できる部分だと思いました。

観た方に愛されるような、そんな子になれていたらいいなと思っています。

ぜひ札束と温泉の世界観に引きづり込まれてください!!

星れいら(水無月綾乃 役)
ツイート
星れいら(水無月綾乃 役)

小越勇輝(渡辺隼人 役):
渡辺隼人役を演じました小越勇輝です。川上監督には主演を勤めさせていただいた、映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』からお世話になっていますが、監督が再び自身で作品を生み、出資、監督を務めると聞き、その作品に自分が参加できたこと、幸せに思っています。『札束と温泉』、監督の想いや挑戦が随所に詰まった作品だと思います。監督の真っ直ぐな作品への想いもたくさんお聞きして、意見交換を多くできたのもいい時間でした。今回、僕自身もいつもとは違うドキドキ感がありましたが、その緊張感がとても楽しかったです。スタッフのみなさん、キャストのみなさん、各部署の方々が力を合わせ完成した作品。劇中、別府の旅館で巻き起こるドタバタ劇をぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

小越勇輝(渡辺隼人 役)
ツイート
小越勇輝(渡辺隼人 役)

川上亮監督:
初期のタランティーノ作品やガイ・リッチー作品、コーエン兄弟作品、あるいは映画『ハングオーバー!』シリーズのようなクライムコメディを目指しました。“いまさらかよ!”と言われるかもしれませんが、テーマに逃げない、真っ直ぐなエンタメを追求しています。

映画としては非常識なセリフ量、複雑に入り組んだ物語を、廊下や階段が複雑に入り組んだ歴史ある温泉旅館で、疑似ワンカットで撮り切ります。若い役者さんたちの努力と、熟練のスタッフさんたちの経験と力に、どうかご期待ください。

次ページ

  • 1