22/7定期公演<ナナニジライブ 2023>#1|SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(2023年1月16日/© 22/7 PROJECT)

22/7定期公演<ナナニジライブ 2023>#1|SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(2023年1月16日/© 22/7 PROJECT)

22/7[ライブレポート]後輩メンバー8人がグループの新たな未来と無限の可能性を示した定期公演

22/7が、1月16日(月)にSHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて定期公演<ナナニジライブ 2023>#1を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

22/7定期公演<ナナニジライブ 2023>#1|SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(2023年1月16日)

撮影:キセキミチコ

1月11日発売の10thシングル「神様だって決められない」は、1月11日付の「オリコンシングルランキング」で初のデイリー1位を獲得。さらに、「Billboard JAPANシングルランキング」でも初の週間1位を獲得した。早くも4月5日(水)には11thシングル(タイトル未定)のリリースも決定し、今まさに勢いに乗るナナニジ。

昨年2月27日にグループに加わった、相川奈央、麻丘真央、雨夜音、清井美那、椎名桜月、四条月、月城咲舞、望月りの、後輩メンバー8人による今回の公演は、2019年の1月から12月まで行なわれていた定期公演<ナナニジライブ>以来、約3年ぶりの開催。プレミアチケットを当選させた約300名のファンの前で、公演初日を迎えた。

ライブの幕開けを知らせる「Overture」とともに、真っ暗なステージに姿を現した8人。1曲目は、22/7に加入して初めてリリースした、9thシングル表題曲「曇り空の向こうは晴れている」。今までは先輩メンバーの後ろ姿を見ながら披露してきたこの曲を、8人で完成しなければならないプレッシャーに打ち克つように、最高の笑顔で乗り切った。

さらに「好きと言ったのは嘘だ」「不確かな青春」のパフォーマンスを通して、後輩メンバーならではのフレッシュさを魅せると、改めて8人が並んでステージに。かつて先輩たちが着ていた衣装をモチーフにした、水色とネイビーのチェックをあしらった定期公演用の新衣装をお披露目した。

そのまま順番に、定期公演に対する意気込みを話しはじめると、いつのまにか、望月がステージにいないことに気づく一同。そう、ここからは先輩メンバーも挑戦してきた“ソロコーナー”へ。

望月のメンバーカラーであるオレンジのペンライトに優しく包まれる会場。#1の“ソロコーナー”を担当する望月が、たった1人でステージに立つ。「可愛くてごめん」で、アイドルらしいキュートなパフォーマンスを魅せると、「Jupiter」をアカペラで歌い上げて観客を圧倒させた。

“自分の武器ってなんだろう”。オーディションを受けていた頃、漠然と感じていた想いを語る望月。そんな彼女が、“歌がウマくなりたい”という強い想いが芽生えた時に出会った1曲が「Jupiter」。確かな歌唱力に加えて、アイドルらしい可憐さを併せ持つ、望月ならではのギャップある“ソロコーナー”演目に、溢れんばかりの拍手喝采が沸き起こった。

続いてステージが暗転すると、そこには2本のスタンドマイクが。ピアノの旋律とともに、椎名の声でナレーションが場内に流れ出すと、雨の音とともに雨夜、麻丘の2人が傘を片手に登壇する。ここからは2017年に先輩メンバーが行なっていた“朗読劇”の再演へ。グループの総合プロデューサーである、秋元康・脚本のストーリーを丁寧に朗読した。“アイドル”であると同時に“声優”を目指す、ナナニジのメンバーだからこそ挑戦に、ライブステージとはまた違った熱い眼差しが注がれた。

その後、再び8人全員が登場し、それぞれのコーナーを振り返る。オレンジのペンライトで照らされた会場に喜びを隠し切れなかったのは、本日ソロコーナーを担当した望月。望月のアカペラパフォーマンスを見て、オーディションの頃を思い出すと四条は話す。メンバー同士の間でも1年の成長が垣間見られるひとときとなった。

その後、朗読コーナーを終えた麻丘と雨夜がステージに戻ってきた。この朗読劇を、“自然な感じ”にするために2人が重ねた数々の試行錯誤について語られると、オーディエンスの間にも自然と笑顔が広がっていた。“本番が1番ウマくできた気がする”と2人は口にし、自信に満ちた納得感&達成感でコーナーは締めくくられた。

ライブはそのまま後半戦に。「空のエメラルド」「絶望の花」「Just here and now」の3曲を勢いよくパフォーマンス。続くMCで、最新シングル「神様だって決められない」が「Billboard JAPANシングルランキング」で初の週間1位に輝いたとアナウンスしたのは月城。ライブ開始とほぼ同じ時間帯に発表されたこの吉報で、メンバー8人は会場のファンと喜びを分かち合った。最後は後輩メンバーがナナニジに入って初めて8人で踊ったとても思い入れのある楽曲、「シャンプーの匂いがした」でライブ本編を終えた。

自然と沸き起こるアンコールに急かされるように、今回の定期公演用のグッズTシャツを着た8人が再びステージに。「願いの眼差し」の可憐で柔らかなダンスで、会場を魅了したのち、こちらも過去の定期公演で恒例だった“チャレンジコーナー”へ。

これからさらなる苦楽をともに乗り越えていく、8人の絆と団結力を試していくこのコーナー。今回のテーマは<ナナニジ曲名当てジェスチャーゲーム>。BGMとして流れる「タチツテトパワー」が終わるまでに、ジャスチャーゲームで楽曲を次々と当てていく内容となった。

特にハイライトとなったのは後半。3度まで許されたパスが残されていなかった四条は、追い込まれた状況の中、懸命に8thシングル「覚醒」を表現する。苦悶の表情を浮かべながら、熱のこもったジェスチャーを続けるも、ほかのメンバーには理解されずに初日のチャレンジコーナーは失敗となってしまった。練習も含めて、初めての失敗をメンバー全員で悔しがり、18日公演のチャレンジコーナーでの"リベンジ"を誓った。

そして、アンコールラストの曲は「循環バス」。2019年、先輩たちが行なった全12回の定期公演で、唯一欠かさずに歌い続けたこの曲は、もはや<ナナニジライブ>の代名詞にもなっている。パフォーマンス中にマイクを握る8人の姿は、まるで先輩からのバトンを受け継ぐ姿にも見えた。

アンコールを含めて全9曲。先輩メンバーが大切に歌い継いできた楽曲たちに、新しい自分たちの色を重ね合わせ、心を込めてパフォーマンスする姿に、ナナニジの新たな未来と無限の可能性を感じずにはいられない。ここから全8回と続く公演を通して、切磋琢磨しながら、少しずつ成長していくであろう彼女たちに、益々の期待を寄せられるステージとなった。

客席から送られる惜しみない拍手に包まれながら、<ナナニジライブ 2023>#1の幕は降ろされた。

22/7定期公演<ナナニジライブ 2023>#1

2023年1月16日(月)
SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

-Overture-
M1.曇り空の向こうは晴れている
M2.好きと言ったのは嘘だ
M3.不確かな青春
-MC-
[ソロコーナー] 望月りの「可愛くてごめん」「Jupiter」
[朗読] 男子役・雨夜音×吉川役・麻丘真央
-MC-
M4.空のエメラルド
M5.絶望の花
M6.Just here and now
-MC-
M7.シャンプーの匂いがした
EN1.願いの眼差し
[チャレンジコーナー] ナナニジ曲名ジャスチャーゲーム
EN2.循環バス

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 22/7[ライブレポート]後輩メンバー8人がグループの新たな未来と無限の可能性を示した定期公演