Pimm’s[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]戦闘体制全開で圧倒的な強さを魅せつけた悠然たるステージ「みなさんの全力を私たちにぶつけてください!」

Pimm’s[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]戦闘体制全開で圧倒的な強さを魅せつけた悠然たるステージ「みなさんの全力を私たちにぶつけてください!」

Pimm’s[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]戦闘体制全開で圧倒的な強さを魅せつけた悠然たるステージ「みなさんの全力を私たちにぶつけてください!」

<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>が、2023年1月7日(土)にEX THEATER ROPPONGIにて開催された。テレビ朝日が主催する真夏のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル>の番外編となる同イベント。今回は、多種多様な全22組のアイドルが楽しく、華やかなパフォーマンスを披露し、新年の六本木を彩った。本記事では、当日券も完売となった満員の会場で熱狂を生んだPimm'sのライブレポートをお届けしよう。

Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)

エレクトロビートのSEに合わせて颯爽と登場したPimm’s。

《We calling fangs call me》

鬨(とき)の声を上げるが如く、勇ましい声が響く。エッジィなバンドサウンドに乗せた「FANGS」でのっけからフルスロットル。林茜実里によるがなるようで滑らかな歌い出しを口火に、7人が戦闘体制全開で容赦なく攻める。小山星奈が豪快に歌いあ上げれば、スラッとした佇まいの高橋真由としなやかな動きで魅せる川崎優菜がPimm’sのステージの両翼を担う。鋭く斬り込んでくる立仙愛理のラップ……カオティックなブレイクから林の天井を突き抜けるようなフェイクが会場を揺らす。

“踊ろーぜ!!”

間髪入れず、オリエンタルなリズムが轟く「オドレダンス」へ突入。先ほどの強さとは変わって緩急をつけた伸縮自在のパフォーマンスで魅了していく。と思えば、一気に重心を低く構えた「Light My Fire」。ヘヴィなギターリフに絡むラップボーカルがスリリングだ。そこから解放していくサビへ。小林智絵が潤いのある歌声でなぞり、早川渚紗の真っ直ぐな声が響いていった。

アグレッシブなバンドアンサンブルで攻め立てる「SKY’S THE LIMIT」。上半身を振り乱し身体全体でビートを受ける7人。疾走感と躍動感を重ね合わせながら、ダンサブルに次々と変わっていく楽曲展開を矢継ぎ早に繋いでいく。

“<六本木アイドルフェスティバル>、Pimm’sこれが最後の曲です! みなさんの全力を私たちにぶつけてください!”

そう最後に投下されたのはPimm’sのアンセムというべき「Kimi to boku」。柔と剛を魅せるPimm’sらしいさまざまな表情を持った同曲をダイナミックかつ丁寧に、そして美しく表現する。

《Oh Oh Oh Oh Oh Oh Oh》

高らかに挙がった右手とともに、ステージから放たれる力強い歌声。そんな彼女たちに引き寄せらるよう、無声の大合唱が場内いっぱいに響いた。

現在の7人にしか出せない輝きを持った“七色レインボー”が会場全体を照らし、圧倒的な強さを魅せつけたPimm’sは、その悠然たるステージを終えた。

Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ポスト
Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ポスト
Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ポスト
Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)

Pimm's<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>

2023年1月7日(土)
EX THEATER ROPPONGI

SE
FANGS
オドレダンス
Light My Fire
SKY’S THE LIMIT
Kimi to boku
MC

  • トップページ
  • レポート
  • Pimm’s[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]戦闘体制全開で圧倒的な強さを魅せつけた悠然たるステージ「みなさんの全力を私たちにぶつけてください!」