真っ白なキャンバス[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]多彩な表情を魅せた7人の熱いステージ「私たちと一緒に踊ってアツくなっていきましょう!」

真っ白なキャンバス[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]多彩な表情を魅せた7人の熱いステージ「私たちと一緒に踊ってアツくなっていきましょう!」

真っ白なキャンバス[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]多彩な表情を魅せた7人の熱いステージ「私たちと一緒に踊ってアツくなっていきましょう!」

<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>が、2023年1月7日(土)にEX THEATER ROPPONGIにて開催された。テレビ朝日が主催する真夏のアイドルイベント<六本木アイドルフェスティバル>の番外編となる同イベント。今回は、多種多様な全22組のアイドルが楽しく、華やかなパフォーマンスを披露し、新年の六本木を彩った。本記事では、当日券も完売となった満員の会場で熱狂を生んだ真っ白なキャンバスのライブレポートをお届けしよう。

取材&文:赤木一之
撮影:河邉有実莉

真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)

白い照明が灯る中、SEに合わせて登場し、白を基調とした衣装で華麗に舞う7人。ボリューム感のある袖が1つひとつの動きを優美でダイナミックに魅せている。1曲目は和のテイストも感じさせるロックナンバー「ダンスインザライン」。イントロの変拍子が鳴りやむと“踊れっ!”とクールに言い放ち、三浦菜々子が“私たちと一緒に踊ってアツくなっていきましょう!”と盛り上げる。歌詞と音にピタリとハマるダンス、前後左右、目まぐるしく変わるフォーメーションがカッコいい。

続く「ポイポイパッ」は、スピード感のあるポップでキュートな楽曲。サビでは腕をぐるぐる回したり斜めに振ったりと、ファンが振りコピするたびにペンライトの光も煌めく。メンバーも笑顔全開で、ステージに座ったり元気に駆け回るコミカルな振り付けも楽しい。

3曲目は結成時からの代表曲「アイデンティティ」。冒頭のピアノとシンセ音が爽やかで心地よく、間奏のクラップから三浦の落ちサビで鳴り響く、会場からの拍手の雨も情緒的だ。そして、ラストは円陣から始まる「いま踏み出せ夏」。終盤、肩を組むメンバーの振り付けに合わせ、ファン同士も肩を組み一体感を生んでいた。

2022年7月に開催された<六本木アイドルフェスティバル2022>に新型コロナウイルスの影響で出演できなかった真っ白なキャンバス。最後のMCで小野寺梓は、“きっとその時にやるつもりだった夏の曲が今日やれたし、久しぶりにEX THEATERに来て<六本木アイドルフェスティバル>に出られて嬉しいです! ありがとうございました!”と感謝の言葉を口にした。

真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ツイート
真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ツイート
真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)
ツイート
真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>EX THEATER ROPPONGI(2023年1月7日)

真っ白なキャンバス<ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル>

2023年1月7日(土)
EX THEATER ROPPONGI

SE
ダンスインザライン
ポイポイパッ
アイデンティティ
いま踏み出せ夏
MC

  • トップページ
  • レポート
  • 真っ白なキャンバス[ニューイヤーだよ!六本木アイドルフェスティバル ライブレポート]多彩な表情を魅せた7人の熱いステージ「私たちと一緒に踊ってアツくなっていきましょう!」