宮田愛萌(日向坂46)初の小説『きらきらし』封入特典ポストカードの絵柄 第1弾(撮影:熊木優)

宮田愛萌(日向坂46)初の小説『きらきらし』封入特典ポストカードの絵柄 第1弾(撮影:熊木優)

日向坂46 宮田愛萌、初の小説『きらきらし』封入特典の絵柄第1弾を先行公開!「はしゃいでしまいました」

日向坂46の宮田愛萌が、 2023年2月28日(火)に発売する初小説『きらきらし』(新潮社)の封入特典ポストカードの絵柄第1弾を先行公開した。

日向坂46からの卒業を発表した2期生・宮田愛萌。

同書は、宮田が大学でも学んだ、大好きな万葉集をモチーフとした連作短編小説集。その小説をもとに、万葉集の都・奈良へ旅する様子を撮影。宮田が行きたいところを詰め込んだ奈良で、無邪気に喜ぶ全開の笑顔から、大人びた表情まで、アイドルとして最後の姿が収められている。

封入ポストカード全3種はすべて書籍未掲載のカットになっており、1冊につき1種がランダム封入。今後、残りの絵柄は順次公開予定だ。ポストカードの裏面にはそれぞれの絵柄で異なる手書きメッセージが書かれており、宮田ならではのユニークな着眼点が満載となっている。

今回公開する絵柄は、万葉集の時代にあった都のひとつ、奈良・藤原宮跡のコスモス畑での写真。コスモスにそっと触れる宮田の、やわらかな笑顔が魅力的な1枚。宮田本人も“コスモス畑で撮影したのが初めてで、はしゃいでしまいました”と語っている。

宮田愛萌(日向坂46)初の小説『きらきらし』(撮影:熊木優)
ツイート
宮田愛萌(日向坂46)初の小説『きらきらし』(撮影:熊木優)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 日向坂46 宮田愛萌、初の小説『きらきらし』封入特典の絵柄第1弾を先行公開!「はしゃいでしまいました」