BiS[ライブレポート]全力パフォーマンスで想いを届けた現体制ラストワンマン

BiS[ライブレポート]全力パフォーマンスで想いを届けた現体制ラストワンマン

BiS[ライブレポート]全力パフォーマンスで想いを届けた現体制ラストワンマン

BiSが、1月8日(日)に日比谷公園大音楽堂にてワンマンライブ<ESCAPE from BiSimulation>を開催。同公演をもってグループを脱退するイトー・ムセンシティ部、ネオ・トゥリーズを含む現体制でのラストライブとなった。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

BiS<ESCAPE from BiSimulation>日比谷公園大音楽堂(2023年1月8日)

撮影:sotobayashi kenta

ヒューガーが加入以降初にして、現体制最後のワンマンライブを目に焼きつけるため、大勢の研究員(BiSのファンの総称)が雲ひとつない晴天が広がる日比谷公園に集結した。

真冬の寒さに負けず、研究員の熱気が会場に充満していく中で、ライブの幕開けとなる「LET'S GOどうも」のイントロが鳴り響くと、ステージの中央の大きな扉が勢いよく開き、“YEAH---!!!”と大きな声をあげてBiSメンバーが登場する。

オープニングの勢いのまま、1曲目を走り抜けると夕暮れ時にふさわしい「GOiNG ON」で会場が一体化すると、キラーチューン「STUPiD」、破壊力抜群の「DESTROY」、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの名曲「スモーキン・ビリー」 と全力パフォーマンスで会場を沸かす。

イトー・ムセンシティ部が、“「ESCAPE from BiSimulation」にお越しのみなさん、私たち新生アイドル研究会BiSです”と挨拶をしたあと、自己紹介を挟み、メンバー全員で新年の挨拶。

その後「Hey boy hey girl」「LOVELY LOVELY」で、会場を埋め尽くした研究員を多幸感のあるハッピータイムに誘うと、ライブ中盤には「COLD CAKE」「Fantasista」「BASKET BOX」といったエモーショナルな楽曲で研究員の感情を揺さっていく。

ここでショートMCとして、冬の野外で冷えた体を温めるために、会場全体で“腿上げ”を行なった流れで「DA DA DA DANCE SONG」に突入すると、腿上げの成果でバンプアップされた肉体からくり出された大ジャンプで野音を揺らす。

「thousand crickets」では“ラジオ体操”、“ヘッドバンキング”、“スクワット”を一緒に行ない、超体育会系ライブは終盤へ。「テレフォン」「FUCKiNG OUT」といった超攻撃的セットリストで畳み掛けると、一転「つよがりさん」をしっとりと歌い上げる。

ここでトギーがMCで“次に歌うのは、「TOUCH ME」という曲です。あの時ああ言ってたら、こうしてたらって後悔は人生につきものだし、もうどうにもできないと思ってしまうこともあると思います。楽しかった日々のあとに後悔する出来事があると、それまでの全部が、よくなかったような気がしてくるけど、楽しかったこと、嬉しかったこと、幸せだったこと、全部、よい想い出は、よい想い出のままにしてずっと大事にしていてほしいです。今なにか後悔しているあなたも、今までの自分のすべてがダメだったなんて思わないで、大切にしてきたものを忘れないで、全部の感情を大事にしてこれからも生きていてほしいです。心をこめて歌います”と静かに語り出す。

本編ラストは、「TOUCH ME」「this is not a love song」「LOVE」を連続で届けて、会場の研究員の涙腺を壊すエモナンバーで締めくくった。

会場から割れんばかりの拍手喝采が起こり、メンバーは再登場。会場の研究員にメンバーが1人ひとり語っていく。

イトー・ムセンシティ部:
先日発表がありましたとおり、今日の日比谷野音でのワンマンライブをもってBiSを辞めます。

まず自分がBiSに入る前からずっと憧れていたこの場所で歌えたことは嬉しくて、昨日完売したことも本当にみなさんのおかげでここに立ってライブができていることをすごく嬉しく思います。

私にとってのBiSの活動はかけがえのない日々でした。自分を救ってくれた音楽のある場所に立って、人前に立って歌える場所があることを1日1日生きようと思える意味があることを、当たり前じゃなくて、みんなと出会えたことも全然当たり前じゃなくて、自分1人で生きてるだけでは知らなかった感情をたくさんもらいました。

研究員を見ていると、何歳になってもどんな人生を送っていても嫌なことがあっても、生きることの楽しさ、日々を全力で生きることのカッコよさ、好きなものに向き合って笑顔でいる姿に勇気をもらっていたし、すごく幸せな気持ちにさせていただいていました。BiSの活動はこれからの人生の強みになると信じています。

BiSに会えて、研究員に会えて本当に幸せでした。ありがとうございました。

ネオ・トゥリーズ:
私も今日でBiSを脱退します。本当に応援してくれる研究員がいたからここまで続けてくることができました。

どんなにつらい日があったとしても、ライブで研究員の顔を見たら、頑張り続けることができました。

研究員からもらったたくさんの言葉とか、感情、研究員が見せてくれた笑顔、景色とか、全部全部大好きでした。

これから生きていく中でまた自分が立ち止まってしまう日が来たら、みんなからもらったものを思い出して生きていこうと思います。

全部、絶対に忘れません。いつまでもみんなが笑顔で元気でいてくれたら嬉しいなって思っています。

3年半、本当にありがとうございました」

ナノ3:
今日は日比谷野音にBiSを観に来てくれてありがとうございます。

BiSに加入して1年くらい経って、BiSのワンマンライブでこんなにもたくさんの研究員が目の前にいる光景を見るのは今日が初めてで、野音が研究員でいっぱいになる景色を想像して、本当に楽しみな気持ちでいっぱいでした。

今日を楽しみに待っててくれて、早く来てほしいって思ってた人、楽しみだけど来ないでほしいって思ってた人。

いろんな感情の中で日比谷野音に来てくれたと思います。

いろんな感情を持っていていいです。無理に楽しまなきゃって思わなくてもいいです。

泣いてても、笑ってても、何しててもいいから、悔いのないように一緒の時間を過ごしたいです。

いつもBiSにたくさんの愛をくれる研究員が、好きな場所で好きなことをして楽しいとか幸せって思って生きてくれたら嬉しいし、その力にBiSがなれたらそんな嬉しいことはないです。

私はBiSが好きだし、BiSの音楽が好きで、研究員とライブで感情をぶつけ合えるこの時間が大好きです。

これからも大好きなBiSの音楽を届け続けていきたいし、もっと楽しいことがしたいし、今日来てくれた研究員と、まだ見ぬ研究員ともっと大きな場所に行きたいです。

だからBiSはこれからも止まらず走り続けていきたいし、ついていきたいって思ってもらえるように死ぬ気で頑張ります! これからもよろしくお願いします。

ヒューガー:
今日みんながBiSを観に来てくれて、今野音で1つの空間を共有できていることを、本当に幸せに思います。

今日の野音で、“これからBiSが生まれ変わって5人で走っていく、その始まりを見せられるライブにしたい!”と、ずっとずっと思っていました。

だから、ここがこの5人での最後の舞台になってしまったことが正直本当に悔しいです。

私は、ほかのどこでもないBiSという場所でアイドルになりたいって気持ちを強く持って、約2年間オーディションを受け続けました。

その中で犠牲になるものがあったり、何度振り落とされても、どれだけつらくなっても、諦めるという選択肢は私の中のどこにもありませんでした。

変わらぬ気持ちを持って挑戦し続けて、今、やっとスタートに立つことができています。

まだまだやりたいこと、立ちたい場所、たくさんあります。

BiSの未来は無限大です。そう信じています。

私は、BiSのことが大好きです。同じくBiSを愛してくれている研究員、そして今日少しでもBiSをいいなと思ってくれたあなたと、一緒に見れる景色を大きく大きくしていきたいです。

BiSは、何度でも立ち上がって走り続けます! 死ぬ気でやります! よろしくお願いします。

トギー:
今日、BiSのライブに来ることを選んでくれて本当にありがとうございます。

ずっとワンマンライブで立ちたいと思っていた日比谷野音で、こうやって今ライブできてるのがすごく嬉しいです。

もっと大きい場所でやりたいと改めて思いました。

この5人でライブをするのは今日が最後で、明日からは、3人で活動していきます。

これからBiSがどうなるのか不安な人もたくさんいると思うんですけど、私はずっと今までもこれからもBiSが大事だし、BiSが好きで入ってくれたナノとヒューガーとこれから先も一緒に活動できるのがすごく楽しみです。

新メンバーとして入ってきた2人は、加入してすぐいろんなことに振り回されながらも頑張ってきた2人で、心強くて、頼れるメンバーです。

明日からまた支え合って補い合ってこれからもBiSを続けていきます。

きっとこれから、つらいことも、課題も沢山あって、でも、それでもまだまだ頑張れるって思えるのは、楽しみなことがこれから先にいっぱいあるからです。

この1年、研究員に悲しい想いを何回もさせてしまいました。

これからの活動で、研究員をどうしようもないくらい楽しくて幸せな気持ちでいっぱいにできるように、そして今日ここに来てくれた研究員の10倍くらい、それよりもっとたくさんの人たちと出会えるのを夢に見て、これからも頑張っていきます。研究員と一緒に頑張っていきたいです。

これからも応援してもらえたら嬉しいです。

これからのBiSもよろしくお願いします。

アンコールでは「BiS-どうやらゾンビ のおでまし-」「CURTAiN CALL」をパフォーマンスし、ヒューガーが“野音、まだまだ行けますか!”と煽ると、2回目の「CURTAiN CALL」で感動のフィナーレを迎えた。

日比谷野音を満員で埋めた5人体制のBiS。

今後のBiSは、トギー、ナノ3、ヒューガーの3人体制で活動していく。その動向から目を離さないでいてほしい。

BiS<ESCAPE from BiSimulation>

2023年1月8日(日)
日比谷公園大音楽堂

1.LET'S GOどうも
2.GOiNG ON
3.STUPiD
4.DESTORY
5.スモーキン・ビリー
6.Hey boy hey girl
7.LOVELY LOVELY
8.COLD CAKE
9.Fantasista
10.BASKET BOX
11.DA DA DA DANCE SONG
12.thousand crickets
13.テレフォン
14.FUCKiNG OUT
15.つよがりさん
16.TOUCH ME
17.this is not a love song
18.LOVE

EN1.BiS-どうやらゾンビ のおでまし-
EN2.CURTAiN CALL
EN3.CURTAiN CALL

次ページ

  • 1