日向坂46 宮田愛萌(撮影:熊木優)

日向坂46 宮田愛萌(撮影:熊木優)

日向坂46 宮田愛萌、小説「ハピネス」が老舗小説誌『小説新潮』に先行掲載決定!

日向坂46の2期生・宮田愛萌が2月28日(火)に発売する初の小説集『きらきらし』収録の一篇「ハピネス」が、『小説新潮』2月号(1月20日(金)発売)に先行掲載されることが決定した。

日向坂46からの卒業を発表した2期生・宮田愛萌。

『きらきらし』は、宮田が大学でも学んだ、大好きな万葉集をモチーフとした連作短編小説集。その小説をもとに、万葉集の都・奈良へ旅する様子を撮影。宮田が行きたいところを詰め込んだ奈良で、無邪気に喜ぶ全開の笑顔から、大人びた表情まで、アイドルとして最後の姿が収められている。

『小説新潮』は1947年創刊で、75周年を迎えた月刊小説誌。川端康成、太宰治、松本清張、司馬遼太郎などの作品を掲載してきた。

日向坂46 宮田愛萌(撮影:熊木優)
ツイート
日向坂46 宮田愛萌(撮影:熊木優)

コメント

宮田愛萌:
このたび、私の初めての小説集『きらきらし』から「ハピネス」を『小説新潮』に掲載させていただくことになりました! 江國香織さんをはじめ、大好きな作家さんが書いていらっしゃるような雑誌に掲載させていただけること、とても嬉しいです。ぜひ、手に取って読んでみてください!

『小説新潮』担当編集者:
小誌に掲載させていただく宮田愛萌さんの「ハピネス」は、少女が大人になる過程で経験する切ない想いと経験が丁寧に描写された短編小説です。その繊細な心理描写や巧緻な表現に、拝読しながら何度も溜め息をつきました。大人になるということは、なにかを諦めていくことなのかもしれない。冬の陽のような優しさに、微かな諦観が滲む少し大人の物語を、単行本の発売に先駆けて、一足早くみなさまにお届けできますことをとても嬉しく思っています。ご期待ください。

次ページ

  • 1