chuLa[ライブレポート]愛と感謝、揺るぎない決意を届けたTDCホールワンマン「chuLaやってて本当によかったです!」

chuLa[ライブレポート]愛と感謝、揺るぎない決意を届けたTDCホールワンマン「chuLaやってて本当によかったです!」

chuLa[ライブレポート]愛と感謝、揺るぎない決意を届けたTDCホールワンマン「chuLaやってて本当によかったです!」

chuLaが、2023年1月3日(火)にTOKYO DOME CITY HALLにてワンマン公演<chuLa 7th ONE MAN〜BIGGEST CHALLENGE〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<chuLa 7th ONE MAN〜BIGGEST CHALLENGE〜>TOKYO DOME CITY HALL(2023年1月3日)

取材&文:杉江優花
撮影:ポテ ヤマムラ

ステージ後方、横に3つ連なる大型ヴィジョンに期待感を高める映像が映し出されたオープニング。真ん中のヴィジョンがゆっくりと上昇すると、個々のイメージカラーを配した可憐な衣装をまとう8人の姿が。《会いたい 会いたい 会いたい 会いたい》と全力で歌声を重ねた1曲目は、「Shooting STAR」だ。大きなステージに、個性それぞれな歌声と存在感がとてもよく映える。

“東京ワンマン行くぞ!”とステージ上段から下段へと勢いよく駆け出したのは、眩い“8つの光”の“全身全霊”をひしひし感じる「閃光8」。“私たちがchuLaだ!”と誇り高く叫んだ「しゃなりな-五星ノ華ゴセイノハナ-」では、ミニ丈ティアードスカートの裾を揺らしながら花道を通ってセンターステージへ。噴き出し花火も華やかさを添えて、一体感がどんどん増していく。

“新年、明けましておめでとうございます”と全員で挨拶し、枢木瑠花が“2023年はファンの人とたくさんの想い出を作りたいです”、蒼井聖南が“今年は箱推しを増やしたいので、chuLaをもっともっと広められるピースの1つになれたら、と思っています”と真面目に新年の抱負を語った一方、“今年はいっぱい寝たいです”と個人的願望を口走ってしまう七瀬うた。“もうちょっとchuLaらしい抱負は?”とメンバーにツッコまれると、センターステージへと進み出て“今年はキミだけに歌を届けたいです!”と宣言して、「キミキミキミ」へ。「トキメキCherry」にしても然り、メインステージの上段&下段、センターステージを使った目まぐるしいフォーメーションダンス、圧倒的に楽しい。

「ケ・セラ・セラ」では、流れていく街並みを映す大型ヴィジョンの前で、カラフルな街を軽やかに歩くように見せながら一途な恋心を歌った8人。一転、ジャングルへひとっ飛びした「#超ジャングルのチキチキあどべんちゃー!」では、楠こはなが北野ゆかを誘い客席におりて奥のPA卓横まで移動し、“みなさんの盛り上がってる姿をTwitterに載せたいです!”と、8色のサイリウムが数多揺れる客席をタブレットで撮影する場面も。

アッパーなサマーチューン「サマーアモーレ」「夏の君にテヘヘのへ」で寒さを吹き飛ばしたあとは、透明感ある歌声を丁寧につなぎ、最後には8人でギュッと抱き合った「SNOW SNOW SNOW」、エモーショナルな歌声を響かせた「スッと君が消えていく感情」とウィンターソングへ。どんな季節もシチュエーションも、chuLaは鮮やかに描くことができる。

また、2月15日にリリースするメジャー3rdシングル「シンガロング・ワールド」に収録のバラード「夢模様」も披露。ハート型の銀&ピンクテープが舞う中、和情緒に染まりながら儚さ漂う歌声と指先まで美しい動きで魅せた8人は、また新たな扉を開けたようだ。

光の存在を忌み嫌う悪の組織“闇病み団”にさらわれたメンバーが、それぞれのイメージカラーのジャンプスーツ+ヘルメットでヒーローに変身してくり広げたのは、後楽園といえば、なヒーローショー。「おちゅらけ戦隊ちゅらレンジャー」、「ぐるぐるぐるぐるりん地球」も含め、8人の迫真の演技とダイナミックなアクションも見られた遊び心満載の演出は、ファンにとって思わぬお年玉となった。

さらに、鶴や富士山などヴィジョンに映し出される縁起物を背に歌った「ビバ☆ジャパン」。ファイヤーボールが豪快に噴き上がった「史上最強うぇぽん」。田中みう、楠こはな、長沢柚花、枢木瑠花の4人が2階&3階客席に現れた「完全無敵あいうえお」。超ハイテンポなアッパーチューンの連打に、オーディエンスの高揚も止まらない。

“三が日にこうして私たちのライブに足を運んでくれて、本当にありがとうございます。みんなの気持ちに応えたくて、みんなのことを想って、一生懸命歌を届けています。私たちは、もっと挑戦していきたい。そう思えるのは、みんながここまで一緒に歩いてきてくれたからです”。そう告げた佐藤まりんの独唱から始まったのは、「FIGHTING DREAMER」。手をつないだり、アイコンタクトをしたりしながら《君となら越えていける》と力強く歌う8人は凜として輝き、ラストを賑やかに飾った「ちゅららんレーサー」に至るまで、歌もダンスも笑顔&フルパワーで届け続けた。chuLaは、やっぱり可愛いだけじゃなくてカッコいい。

“私たちには夢があります。笑われたっていい、chuLaは日本武道館でライブするぞ!”と佐藤まりんが堂々宣言し、“今日は本当にありがとうございました!”と8人で声を合わせて生声で挨拶したのち、1人ひとりが胸の内を明かしていった。

七瀬うた:
前回のワンマンライブから2ヵ月という短い期間でのワンマンで、正直言って最初は不安でした。けど、メンバー全員がchuLaを信じて、みんながchuLaのことを信じてくれたから、この景色を見ることができました。最高の1日をありがとうございました!

楠こはな:
今ここに自分が立てているのは、たくさんの応援してくださる方々や、周りの方々のおかげです。これからも、私のそばにいてください。

北野ゆか:
夢のような景色で、最高に幸せです。私はchuLaに人生全部を賭けています。だから、みなさんもどうかchuLaを、私を愛してください。みんなのことが本当に大好きです。

田中みう:
いつも応援してくれて、会いに来てくれて、ありがとうございます。TOKYO DOME CITY HALLというとっても大きなステージで歌って踊って、大好きなみんなに会えて本当に幸せです。

長沢柚花:
小さいころに漠然と憧れていたアイドル。アイドルになれば豪華なセットの大きなステージに立てる、と思っていたけど現実はそんなに甘くなくて。挫けそうになることもありました。でも、出会ってくれたファンの方1人ひとりが支えてくださって、今、大好きなchuLaのメンバーとしてここに立てています。心からありがとうを伝えたいし、みんなと夢を叶えていきたいです。

枢木瑠花:
私がステージに立てるのは、間違いなくみんなのおかげです。いつも本当にありがとう。今年も私なりに一生懸命生きていきます、ついてきてください。

蒼井聖南:
どんどんステージが大きくなる分、不安も大きくなっていって。でも、自分たちは本当に幸せ者だな、とたくさんのみなさんを前に改めて思いました。これからも、いろんな景色をみなさんと一緒に見たいです。

佐藤まりん:
この2ヵ月、本当につらかったけど……chuLaやってて本当によかったです!

2月15日にメジャー3rdシングル「シンガロング・ワールド」をリリースし、3月から7月にかけて<chuLa布教ツアー〜全17都市全力投球〜>を行なうchuLa。ファンへの愛と感謝、揺るぎない決意を胸に、2023年は大きく羽ばたく1年になりそうだ。

<chuLa 7th ONE MAN〜BIGGEST CHALLENGE〜>

2023年1月3日(火)
TOKYO DOME CITY HALL

Shooting STAR
閃光8
しゃなりな-五星ノ華ゴセイノハナ-
キミキミキミ
トキメキCherry
ケ・セラ・セラ
#超ジャングルのチキチキあどべんちゃー!
サマーアモーレ
夏の君にテヘヘのへ
SNOW SNOW SNOW
スッと君が消えていく感情
夢模様
おちゅらけ戦隊ちゅらレンジャー
ぐるぐるぐるぐるりん地球
ビバ☆ジャパン
史上最強うぇぽん
完全無敵あいうえお
FIGHTING DREAMER
ちゅららんレーサー

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • chuLa[ライブレポート]愛と感謝、揺るぎない決意を届けたTDCホールワンマン「chuLaやってて本当によかったです!」