御寺ゆき[インタビュー]2022年&2023年への想いを語る「自分の居場所を再確認することができました」

御寺ゆき[インタビュー]2022年&2023年への想いを語る「自分の居場所を再確認することができました」

御寺ゆき[インタビュー]2022年&2023年への想いを語る「自分の居場所を再確認することができました」

2022年は、テレビ、雑誌、WEB、イベントなど、さまざまなメディアでこれまで以上に大きな存在感を放っていたゼロイチファミリア。本記事では、そんなゼロイチファミリア所属タレントの中から、御寺ゆきが今年の活動の振り返りと、来年への抱負を語ったインタビューをお届けする。今年も『アベンジャーズ』を意識した“2023年のゼロイチファミリアイメージビジュアル”も、ぜひチェックしてみてほしい。

ーー2022年を振り返ってみて、いかがですか?

御寺ゆき:
2022年は3作品の舞台に出演し、そのうちの2作品がヒロインとしての出演でした。そこで過ごした時間や磨いた技術は、財産となり、強みとなりました。コロナ禍でも公演ができたことを本当に嬉しく思います。そして2018年から4年間にわたって出演した舞台<persona5 the stage>もようやく完結することができ、今では胸を張って役者をやっていると言えるところまで来れました! 本職であるマジシャンとしての仕事も復活してきて、鈍っていた感覚もようやく戻ってきた感じがします。いろんな方と出会い、自分の居場所を再確認することができました。

ーー自身の2022年を漢字一文字にすると?

御寺ゆき:
漢字は「挑」です。もともと好奇心旺盛な性格の私ですが、特に今年はいろんなことに挑戦した年だったなと思います。時代モノの舞台で刀に挑戦したり、特撮への出演という夢が叶ったり、コロナで休業していたマジックバーを再開したり、プライベートではずっとやりたかったヨガに通い始めたりといろいろな経験ができました。これで満足せずに2023年はもっともっと飛ばしていけたらなって思っています(笑)。

ーー2023年の抱負を教えてください。

御寺ゆき:
いつも応援してくださっているみなさんありがとうございます。2022年は雑誌掲載のお仕事が1度だけだったので、2023年は大人の魅力を出していけるように日々自分磨きを頑張りたいと思います。それこそ健康を考えて毎日の自炊や適度な運動を心がけます。規則正しい生活を送るのが大変な職業なので、時間をウマく使って効率よくスケジュールをこなせるようにしたいです。ずばり私の2023年の抱負は健康第一です! みなさんも身体にお気をつけて、たくさん私に会いに来てくれたら嬉しいです!^ ^

2023ゼロイチイメージグラフィック (c)mami kishimura
ツイート
2023ゼロイチイメージグラフィック (c)mami kishimura