でんぱ組.inc、バラエティ力がさらに覚醒! 『有田ジェネレーション Season7』出演(©TBS)

でんぱ組.inc、バラエティ力がさらに覚醒! 『有田ジェネレーション Season7』出演(©TBS)

でんぱ組.inc、バラエティ力がさらに覚醒! 『有田ジェネレーション Season7』出演

でんぱ組.inc が、本日11月28日(月)19:00よりParaviで配信を開始された『有田ジェネレーション Season7』#11に出演した。

『有田ジェネレーション Season7』(#10~#13)

TBSで2021年3月まで毎週月曜深夜に放送されていた『有田ジェネレーション』は、MC・有田哲平(くりぃむしちゅー)と進行・小峠英二(バイきんぐ)が同番組からのスター誕生を目指したバラエティ番組。地上波での放送終了後はParaviで独占配信している。

本日より、「白サイコロトーク後編」「でんぱ組.inc バラエティ力向上計画後編」「ジェラードンに続け!第2回バズれ!サムネイル選手権後編」「ファンキージェネレーション」の配信がスタート。

「でんぱ組.inc バラエティ力向上計画後編」では、“バラエティ力を向上させたい”でんぱ組.incが登場。前回に続き、コウテイとランジャタイの指導のもと、今後バラエティで活躍するために“悩み”を解決していく。さらに、メンバーの古川未鈴から出たアイドルには珍しい衝撃の悩み相談に一同が驚がくする場面も。

真っ白のサイコロを使ってエピソードトークを披露する「白サイコロトーク後編」では、今回もジェラードン、コウテイ、チャンス大城、パンプキンポテトフライが出演。有田からアドリブで振られるテーマは“なんてことのない話”“途中までは泣けそうだけど、最後まで聞いたら全然泣けない話”など。前編ではコンプライアンス違反のトークをくり広げ、ほとんどがNG判断されたチャンス大城は、今回こそコンプライアンスを守り、無事配信できるエピソードトークをすることはできるのか。

今YouTubeが“バズり”中のジェラードンをアドバイザーに迎えてお送りする「ジェラードンに続け!第2回バズれ!サムネイル選手権後編」。今回の出場者である納言、鈴子(※オドるキネマの鈴木バイダンが扮するキャラ)、そいつどいつ、ムラムラタムラの4組から、見事1位に選ばれたサムネイルは、そのタイトルのコント動画を撮って「有ジェネ」公式YouTubeに投稿される。

「ファンキージェネレーション」では、ドリュー・バリネコとユーマが登場。2人は以前、「有田ジェネレーション」公式YouTubeで喧嘩をくり広げ、仲直りができていない。そんな2人が、今回「ファンキージェネレーション」の舞台で本音をぶつけ合う。そして、バリネコのセコンドとしてチカコ・リラックスが出演し、魂のぶつけ合いがヒートアップ。果たして、バリネコとユーマは仲直りすることができるのだろうか。

(©TBS)
ツイート
(©TBS)

収録後コメント

有田哲平(くりぃむしちゅー):
「ファンキージェネレーション」は、YouTubeの方で因縁ができちゃった2人が僕たちの前で揉めてたので、スタッフが2人の舞台を作ろうということだったんですけどね。どういうことなんだろうね? ぼくの中ではまだ整理がついてない、受け止めきれない。

小峠英二(バイきんぐ):
今回の「ファンキージェネレーション」は見たことのない画面にはなってますので、ぜひ見てほしい。本当に今考えてもあれは現実に起こってた出来事なのか。理解できない回でした。

次ページ

  • 1