B.O.L.T[ライブレポート]内藤るな生誕ライブ<Luna FESTIVAL 2022>開催! エビ中 真山りかも特別ゲスト出演

B.O.L.T[ライブレポート]内藤るな生誕ライブ<Luna FESTIVAL 2022>開催! エビ中 真山りかも特別ゲスト出演

B.O.L.T[ライブレポート]内藤るな生誕ライブ<Luna FESTIVAL 2022>開催! エビ中 真山りかも特別ゲスト出演

B.O.L.Tのメンバー内藤るな22歳の誕生日を祝う生誕ライブ<Luna FESTIVAL 2022>が、誕生日当日の12月23日(金)に神奈川・横浜ベイホールにて開催された。

B.O.L.Tの冬の風物詩と言っても過言ではないほど定着しつつある<Luna FESTIVAL>。

今年も内藤るな自身のプロデュースで、1部は<~ B.O.L.T Xmas LIVE ~>としてクリスマスライブ、2部は<~ new moon night ~>と題して新月のこの日ならではの特別なライブをお届けした。

本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<Luna FESTIVAL 2022>横浜ベイホール(2022年12月23日)

撮影:笹森健一

<Luna FESTIVAL 2022 ~ B.O.L.T Xmas LIVE ~>と題された1部は、まさにクリスマス一色のライブ。

冒頭でB.O.L.Tメンバー4人がクリスマスパーティの準備をしているかのような会話が流れたかと思いきや、1曲目に流れたのは「ベリメリ・クリスマス」。内藤るな、そして高井千帆が以前所属していた3B juniorの楽曲で、《メロディをみんなのこころまで運びたいよ》という歌詞のとおり、B.O.L.Tの楽しいクリスマスをこの日集まったファンに届けたいというメッセージを送った。

主役の内藤るなから“みんなで最高のクリスマスにしようね!”と今年の《Luna FESTIVAL》の開幕を告げると、ソーシャルディスタンスを守るなど新型コロナウイルスの感染拡大防止のための対策を行なった中で集まったファンたちは大きな拍手で内藤るなの誕生日を祝った。

イベントには、内藤るな以外のB.O.L.Tメンバーももちろん参加。大きなサンタクロース人形の周りに余すところなく並べられたステッキやバルーンなどクリスマスらしいオーナメントが飾られたステージに、内藤るなからのリクエストでサンタクロースの恰好をしてきたファンたちが会場に集まるというクリスマス一色のステージに、クリスマス感満載のトレーナーを着て登場と随所に内藤るなの一筋縄では予測がつかないトリッキーさは今年も健在。会場には一気にB.O.L.Tのクリスマスワールドが広がった。

そして、「More Fantastic」、最新シングル「Accent」のカップリング曲「Make Up」と女の子らしい目線の楽曲を続けると、この日最初のMCでは今日のライブの説明へ。例年はメンバーがサンタクロースの恰好をしていたが、今年はサンタクロースを待つ子どもたちになるライブだということがわかり、続くブロックで「BY MY SIDE」では撮影可能というアトラクションも交えられ、ファンはペンライトをカメラに持ち替え、誕生日を迎える内藤るなとメンバーの自分らしさ満載のこの日だけの瞬間を収めていた。

「淡い空」「スーパースター」、そして内藤るな・高井千帆が所属していたロッカジャポニカ時代のクリスマスを象徴する楽曲「Saint Mental gift」を披露。B.O.L.Tとしても毎年恒例となりつつある楽曲のパフォーマンスに、会場には冬ならではの輝きに満ち溢れたクリスマス感が広がった。

「Hear You」「足音」としっとりと聴かせる曲でまるで会場は耳をすませばクリスマスの足音が近づいてくるかのような雰囲気に包まれる。その後のパートではドラマ主題歌「Don‘t Blink」を歌唱したかと思えば、続く「JUST NOD」はなんとクリスマス仕様に。特別感のあるパフォーマンスに、ファンはきらびやかなサイリウムのイルミネーションで応えた。そして楽しいクリスマスパーティには終わりが付き物ということで、「寝具でSING A SONG」でB.O.L.Tの夜は更けていき、本編が終了。

もちろんこのままでは終わらないのが、B.O.L.Tのワンマンライブ。クリスマスの夜に眠っていれば、きっとこの人が来てくれるはず、と突如会場に笑い声が響きサンタクロースが登場。実は昨年もサプライズで登場してくれたサンタクロースだが、今年も1年よい子で過ごしていたB.O.L.Tメンバーとファンへのご褒美に今回もはるばる遠方から駆け付けてくれたようだ。

クリスマスが終わっても新しい日はまた始まるという想いがこもったかのような「New Day Rising」を届けたかと思えば、昨年まさかのメンバーから“サンタさん一緒に歌いましょう!”というクリスマスプレゼントのリクエストに“OK!”と応えてパフォーマンスした「Please Together」を今年も披露。まさにこの日にしか観られないステージに、ファンたちはクリスマスプレゼントを受け取ったかのような笑顔がはじけた。

「BON-NO BORN」、そしてラストはこの日のためにクリスマスアレンジされた「D.T.F.」をアクトし、16曲に及ぶ多彩なB.O.L.Tのクリスマスライブの幕は閉じた。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • B.O.L.T[ライブレポート]内藤るな生誕ライブ<Luna FESTIVAL 2022>開催! エビ中 真山りかも特別ゲスト出演