アンスリューム[ライブレポート]超新体制で作り上げた圧巻の狂宴「応援してくれているみなさんを、新しい場所に連れて行きたい」

アンスリューム[ライブレポート]超新体制で作り上げた圧巻の狂宴「応援してくれているみなさんを、新しい場所に連れて行きたい」

アンスリューム[ライブレポート]超新体制で作り上げた圧巻の狂宴「応援してくれているみなさんを、新しい場所に連れて行きたい」

アンスリュームが、10月30日(日)に東京・渋谷Spotify O-WESTにて<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>を開催。今年8月から6人新体制となったアンスリュームが9月より実施してきたツアーファイナルとなった同公演では、彼女たちの現在の充実ぶりを証明するかのような熱狂の空間が作り出された。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

取材&文:冬将軍

<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

アンスリュームが、10月30日(日)に東京・渋谷Spotify O-WESTにて<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>を開催した。今年8月から6人となった超新体制アンスリュームを、より多くの人に知ってもらうべく9月より全国4ヵ所を回ってきたツアーファイナルである。

グループとしては初のソールドアウトワンマンとなった同公演。ダンサブルなSEに合わせて颯爽とステージに現れた6人を、フロアを埋め尽くしたオーディエンスが大きな手拍子と色とりどりのペンライトで出迎える。

“みなさん、こんばんは! いよいよアンスリュームツアーファイナル、開幕です! 今日はここにいるみんな全員で最高の時間にしましょう! 私たちが興奮と昂揚をお届けいたします! よろしくお願いしまーす!!”

リズミカルなスネアロールが鳴り響くと、ちぎらが高らかにライブのスタートを宣言する。メンバー紹介を盛り込んだ挨拶代わりの「超!!アンスリューム大サーカス」だ。《にゃんにゃんぶーぶーにゅ〜赤のこ》美少女オーラを目一杯放つ星奈美緒に始まり、《手のひらにちょんと愛でておにいちゃん!》妹キャラを振りまいていく日色ゆづ、《「場内指名入ります」》とキャバ嬢ノリでド派手に乱入するジョウナイシ鳴、《甘党で肉食系!?》豊潤で瑞々しい歌声からパワフルボイスまで轟かせるもなかこゆ、と、キャラの濃すぎる新メンバーたち。それに負けないオリジナルメンバー、魔法少女になれないちぎらと、甘〜い歌声のムーンライト月埜ヒスイ……次から次へと息つく暇もなく畳み掛ける展開に合わせて、6人はまさにサーカス団のごとく騒々しくステージを駆け回る。ステージ後方にある6本のトラスの上には、「まだまえるっ!!!!!!」のアニメーションMVでお馴染みとなったComa*85によるSDイラストが飾られ、華やかにライブを彩っている。なんと言っても「まだまえるっ!!!!!!」MVでの衣装を3D化したものが、本ツアーの衣装だ。ちなみに会場入口には同氏描き下ろしの顔出しパネルが来場者を出迎えていた。

星奈美緒<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
星奈美緒<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

中華のようで中華ではない「すすれ!ちゅるちゅる家系ラーメン」では、“今までで一番のソーラン節を見せてくださぁーい!”と、会場一体のソーラン節によってボルテージは早くも最高潮に。その熱気を引き継ぐように「かわゆすギルティ」へ。《ぴえん!ぴえん!》と、ハイテンション&ハイテンポな掛け合いとコミカルな振りの応酬で会場は興奮と昂揚の坩堝と化していく。

チケットが完売したことのお礼を述べながら賑やかしい自己紹介を挟み、“ツアーとともにお披露目して育ちましたか?”と月埜の紹介で始まったのは「チャイティーラテ」。甘いようで甘くない不思議な感覚に見舞われるメロディを6人が丁寧になぞる。“みなさん、今から私たちのお兄ちゃんになる準備はできてますかぁ〜?”。それぞれの妹ぷりが交錯する「おにいちゃんス」、夏は終われど迸るパワーが強い陽射しのように眩しい「シャインマスカット」を立て続けに披露。もなかの太い歌声が高らかに響き、“もういっぱい好きって言ってよー”と星奈のセリフにフロアから無言の歓声が湧き上がった。

もなかこゆ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
もなかこゆ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

ツアーを振り返るトークの後、“一緒に踊ってください”との月埜の紹介で始まったのは「おどりゃんせ!」。鼓のリズムに合わせて和情緒が踊る、ステージの6人もフロアの6色に煌めくライトもみんなが踊りに踊る。そこから「だだだっ!!!!!!」「まだまえるっ!!!!!!」とハイテンションのアッパーチューンを容赦なく投下。6人が放つエネルギーがすさまじい。

“ここはリューム学園、東京の外れ、森の奥にあるどこにでもある穏やかな学校——”。

ステージから捌けたメンバーによる音声朗読劇が始まる。1人の幼馴染みを意識し始める6人の少女たち……高校生に扮した制服を着た6人がステージに登場し「チャイティーラテ」を再び披露。先ほどとは少し違うようにも聴こえる甘い不思議な恋の歌。そのまま「レイニーダーリン」をちょっぴりセンチに歌い上げた。そんな6人の恋の行方は全員振られてしまうという予想外の結末を迎え、未成年設定を放棄してテキーラを勧めるジョウナイシからの焼け酒ならぬ、焼き飯で「恋せよ!ぱらぱら半チャーハン」へ突入。小難しいことを一切考えずにノれるユーロビートと《炒め続けた恋心》という、ウマいこと言っているのかそうでもないのかよくわからなくなるキラーフレーズを武器に、破壊力抜群のビートと縦横無尽のパフォーマンスが猛り狂い、本編は終了した。“(ツアーでメンバーと)ずっと一緒にいて仲よくなれた気がする。どうしよう、このあと仲悪くなったら……”との、星名の締め(?)の言葉に他メンバーが“やめろよー!”と一斉にツッコみながら、6人はステージを後にした。

ジョウナイシ鳴<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
ジョウナイシ鳴<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

アンコールを求める拍手の中、ちぎらが場内アナウンス。本日のセットリストがアルバム『もう一度アンスリューム!!!!!!』として各音楽ストリーミングサービスで配信開始されることが発表されると、拍手は大きな喜びのものへと変わった。過去曲も6人で新たにレコーディングされており、「だだだっ!!!!!!」など、エクスクラメーションマークが6つになっていることにも注目だ。

そして、本日限りの特別なSEに載せて、エレガントなドレス風の新衣装を纏ったメンバーが1人ひとり登場。それぞれの持ち場に着くと、優雅な歌い出しから賑やかな狂騒へ豹変する「はいどあんどしーく」、そしてラストは「にゅーかおす!!!!!!」。右へ左へとステージを所狭しに駆け回り、会場の熱を引っ掻き回すようにカオティックな様相へ、これぞアンスリュームの真骨頂だ。“興奮と昂揚をアナタにー!”と月埜の台詞でオーラスを迎え、大団円……いや、アンスリューム流に言えば“大円団”で最高のラストを迎えた。

月埜ヒスイ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
月埜ヒスイ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

そして、来年2023年3月7日(火)に結成4周年ワンマンライブをSpotify O-EASTで開催することが発表されると、歓喜の拍手が巻き起こった。

人生を賭けてアイドルをやると決めて加入したというジョウナイシから、1人づつ想いを語っていく。4人体制最後のライブの時には、自分のことが好きになれないと言ったが、最近は自分を好きになれてきたので成長したと感じているもなかは“褒めてください”と呼びかけ、オーディエンスが大きな拍手で応える。以前に比べて新しいことに挑戦することに楽しさを覚えたという月埜は、過去にO-EASTで単独ライブをやったことがあるものの、人が埋まらなかったので今度はみんなで楽しみたいと語った。日色はこのツアーに向けて仕事が夜中になろうとも、この6人だから笑って楽しく過ごせた、この6人だからこそもっと上に行けると確信した、と涙を浮かべながら口にした。加入当初は本当に何もできなかったという星名は、できるようになるまで教えてくれるメンバーと応援してくれるファンのみんながいるからやってこれたと、声を詰まらせながら、気持ちを吐露した。

日色ゆづ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
日色ゆづ<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

最後にちぎらがしっかり自分の言葉を確かめるように口開く。

“ちぎらは、3年間やってきたんですけど……全然まだ見てない景色があって……今のままでも充分幸せなんですけど、満足できないので、欲張りなので。今まで一緒に頑張ってきた月ちゃんと、新しく入ってきてくれた4人、必死についてきてくれた4人と一緒に新しい景色を見たいし、いつも私たちのためにいろんな準備だったり、お世話になっている運営さんたちにも見せてあげたいし。やっぱり1番は、ここにいる私たちを応援してくれているみなさんを、新しい場所に連れて行きたいなと思います。まだまだ私たちの力じゃ足りないことがたくさんあると思うんですけど、こうしてみんなが応援してくれていることが私たちにとって、何よりも力になるので、これからもずっとずっと応援してくれたら嬉しいです! これからもよろしくお願いします!”。

ちぎら<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
ちぎら<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

“もう1曲やりたいね”。そう名残惜しそうにする6人の最後の挨拶が会場いっぱいに響く。

“それでは以上、興奮と、昂揚を、アナタに! 私たち、アンスリュームでしたぁ!!”

こうして、超新体制アンスリュームの狂宴は終わった。この先何が起こるのか、何をやってくれるのか、まったく予測不可能なアンスリュームらしい今後が楽しみになるライブであった。

<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)
ツイート
<超新体制を知っちゃおう!ドキワク!無料4都道府県ツアーfinal公演 2章第2話『もう一度アンスリューム!!!!!!』>Spotify O-WEST(2022年10月30日)

<アンスリューム4th Anniversary one-man>

日時:2023年3月7日(火)開場18:00開演19:00
会場:Spotify O-EAST

・一次先行抽選
2022年12月2日(金)21:00〜2023年1月10日 (火) 23:59

・VIPチケット ¥15,000
特典:VIPエリア観覧、チェキ列ファストパス、限定Tシャツ、アクキーセット付き
・一般チケット ¥2,500
お土産付き

  • トップページ
  • レポート
  • アンスリューム[ライブレポート]超新体制で作り上げた圧巻の狂宴「応援してくれているみなさんを、新しい場所に連れて行きたい」