エビ中[ライブレポート]未来への強い決意を示した新体制お披露目ライブ「もう1度埼玉スーパーアリーナでパフォーマンスできるように邁進していきたい」

エビ中[ライブレポート]未来への強い決意を示した新体制お披露目ライブ「もう1度埼玉スーパーアリーナでパフォーマンスできるように邁進していきたい」

エビ中[ライブレポート]未来への強い決意を示した新体制お披露目ライブ「もう1度埼玉スーパーアリーナでパフォーマンスできるように邁進していきたい」

私立恵比寿中学が、12月17日(土)に幕張メッセ イベントホールにて<私立恵比寿中学 New style 大学芸会~run in our ebichu family~>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<私立恵比寿中学 New style 大学芸会~run in our ebichu family~>幕張メッセ イベントホール(2022年12月17日)

撮影:中島たくみ

<大学芸会>は、毎年年末の恒例ライブ。新メンバーの桜井えま、仲村悠菜にとっては初参加であり、10人体制での新しいスタートとなるライブとなる。そんな新体制を一目見ようと押し寄せたファミリー(私立恵比寿中学ファンの総称)で、会場は埋め尽くされていた。

会場が暗転するとレーザーライトが、飛び交う中、スクリーンに出席番号が映し出され、その番号のメンバーが順番にステージに登場。新メンバーの番号が映し出されると、桜井えまと仲村悠菜の歌い出しから「未確認中学生X」を披露。中学生とは思えない迫力ある歌声は、会場を圧倒した。

そのままエビ中のメジャーデビュー曲「仮契約のシンデレラ」へ。冒頭のセリフは新メンバー2人が担当し、“シンデレラ”らしい初々しさを表現。

TikTokでバズり中の「まだX2売れたいエモーション!」では、メンバーがトロッコに乗り込み、ファミリーにアピール。そのまま人気曲の「ハイタテキ!」を届けて、序盤から会場は大きな盛り上がりを見せた。

星名美怜の掛け声で恒例の自己紹介へ。新メンバーの桜井えまが“初ライブで緊張していますが、ファミリーのみなさんが温かく見守ってくれて、サイリウムとか振ってくれて……”と、感極まって涙が溢れるが、真山りかと小林歌穂が優しく緊張をほぐすと、“頑張りますので、よろしくお願いします! ”と笑顔で語った。仲村悠菜は“すごくプレッシャーを感じて緊張していますが、頑張ります! よろしくお願いします!”と微笑みながら意気込みを口にした。

安本彩花の“私たちは、嘘のないパフォーマンスをこれからもぶつけていきます!”の合図で、キャッチーなダンスを踊る名曲「ハッピーエンドとそれから」を10人の個性溢れるヴォーカルで歌い上げると、そのまま「新未来センセーション」、「イヤフォン・ライオット」、「Bang Bang Beat」と今年リリースした曲を立て続けに魅せた。

その後はメンバーがユニットに分かれてのパフォーマンスへ。まずは、真山りかが「青い青い星の名前」を美しい声で元気いっぱいと歌うと、桜木心菜、小久保柚乃、風見和香のトリオが「禁断のカルマ」を会場にクリスマスカラーのサイリウムが揺らぐ中、キレのよいダンスで披露。続いて、星名美怜が「きゅるん」をワゴンに乗り込んでパフォーマンスすると、小林歌穂、中山莉子のカホリココンビが「友情ラブレター」をアクト。スクリーンに写し出される2人の仲睦まじい写真に会場は和やかムードになると、ステージに安本彩花が登場し、「ちがうの」を歌唱。繊細で透明感のある圧倒的な歌声が、ファミリーの視線を釘付けにした。

最後は、新メンバーコンビの「スーパーヒーロー」。シルクとスパンコールがポイントの白や紫、ピンク、青を彩った可愛いらしい衣装で登場すると、初ライブと思えない力強い歌声で魅せる。ステージ上に続々とメンバーが登場し、全員で歌い上げた。

ユニットコーナーが終わると、いよいよライブも後半へ。

VTRでバンドメンバーを呼び込むと、ここからは生バンドをバックにパフォーマンス。「CHAN-CHARA-CHAN」、「制服″報連相″ファンク」でボルテージを上げると、バンドメンバー紹介を挟み、「HOTUP!!!」を熱唱。ステージに炎が噴出する中、会場は再び盛り上がりを見せた。

さらに熱気をファミリーに届けるかのように、トロッコに乗り込み「ラブリースマイリーベイビー」を弾けるような笑顔でパフォーマンスすると、「BUZZER BEATER」をエネルギッシュに見せて、会場を沸かせた。

「曇天」、「星の数え方」、「ジャンプ」と名曲を続けて届けて、感動的な空間を作り上げた。

MCに入り、真山りかが“新体制初のライブにこんなにたくさんの人に応援していただいて本当に嬉しいです。ありがとうございます。目標を掲げたり、掲げなかったりした曖昧な時もありましたが、ステージでは嘘がない本物のパフォーマンスを魅せる。それが私立恵比寿中学です。だからこそ、みなさんと目指したい場所があります”と深く息を吸い込み、“もう1度埼玉スーパーアリーナでパフォーマンスできるように邁進していきたいと思います。優しく、時には厳しく、そして愛を持って応援よろしくお願いします”と目標を語ると、会場は盛大な拍手で応えた。

ラストナンバー「君のままで」を爽快に歌唱すると、ステージを後にした。

アンコールに応えて再びステージに登場すると「ボイジャー」、「シンガロン・シンガソン」、「永遠に中学生」を可愛いらしく披露。

最後の曲を歌い終わると、真山りかが“みなさん本当にありがとうございます。今日こんないいライブができたのは、ここまで応援してくれたみなさんと、そして、今日が初ライブの2人のおかけだと思います。改めて2人に感想を聞いてみたいと思います。どうだったかな?”と語りかけると、桜井えまが“長年続いているグループに入れて、すごくプレッシャーがありましたし、ひなたちゃんの歌パートを受け継がせてもらうことが多くて、すごくプレッシャーでしたが、自分らしいパフォーマンスができて本当によかったです。ファミリーのみなさんがペンライトを振ってくれたり、応援してくれて嬉しかったし楽しかったです”と涙ぐみながら語った。

仲村悠菜は“エビ中に入って2ヵ月間練習したり、先輩のライブを観させてもらい、すごいなと思うと同時にプレッシャーを感じたりしていたけど、こうやってステージに立って見える景色がすごく綺麗で、やっぱり歌って踊ることが好きなんだなと感じたので、これからももっと頑張ろうと思いました”と意気込みを口にして、新体制ライブを大成功に締めくくった。

現役中学生の2人が増えて、またさらに魅力的になった私立恵比寿中学から目が離せない。

<私立恵比寿中学 New style 大学芸会~run in our ebichu family~>

2022年12月17日(土)
幕張メッセ イベントホール

OPV
M1.未確認中学生X
M2.仮契約のシンデレラ
M3.売れたいエモーション!
M4.ハイタテキ!
M5.ハッピーエンドとそれから
M6.新未来センセーション
M7.イヤフォン・ライオット
M8.Bang Bang Beat
M9.青い青い星の名前
M10. 禁断のカルマ
M11. きゅるん
M12. 友情ラブレター
M13.ちがうの
M14.スーパーヒーロー 
M15.CHAN-CHARA-CHAN
M16.制服″報連相″ファンク
M17.HOT UP!!!
M18.ラブリースマイリーベイビー
M19.BUZZER BEATER
M20.曇天
M21.星の数え方
M22.ジャンプ
M23.君のままで

[アンコール]
En1.ボイジャー
En2.シンガロン・シンガソン
En3.永遠に中学生

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • エビ中[ライブレポート]未来への強い決意を示した新体制お披露目ライブ「もう1度埼玉スーパーアリーナでパフォーマンスできるように邁進していきたい」