『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU

『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU

櫻坂46 森田ひかる、2周年を迎えるグループの現在地を語る! 『blt graph.』表紙&巻頭登場

櫻坂46の森田ひかるが、12月9日(金)発売の『blt graph. vol.85』の表紙&巻頭に登場する。

櫻坂46が2周年を迎える記念すべき日に発売となる同誌。

森田は『blt graph.vol.62』以来、2年ぶり3度目の表紙&巻頭に登場する。2年前の同日に発売された同誌では、櫻坂46のデビュー曲「Nobody’s fault」でセンターを務める森田をロンググラビア&インタビューでお届けしたが、今回、そこからちょうど2年の月日を経て変化と成長を続けた彼女と改めて向き合っている。

全国6都市を回るアリーナツアー<2nd TOUR 2022”As you know?”>を完走し、ツアーファイナルではグループ初の東京ドーム公演を成功させた櫻坂46。12月8日(木)、9日(金)にはグループの2周年を記念した<2nd YEAR ANNIVERSARY ~Buddies感謝祭~>を開催する。しかし、長年グループを牽引してきた菅井友香が卒業。新たに森田と同期でもある松田里奈がキャプテンに就任し、さらに3期生の加入を控えるなど変化の時を迎えている。そんな現在に、森田は何を表現し、語るのか。

今回の撮影は、目の前に海が広がる昔ながらのホテルで実施。波の音が響く、静かで穏やかなシチュエーションの中で、ユニークなデザインが施されたノースリーブワンピースや、ビックサイズのスウェットにショート丈のスカートを着たりと雰囲気を変えながら撮影。衣装が変わるたびに見せる、森田の異なる表情や仕草に注目だ。

さらに、10,000字インタビューでは、デビュー2周年を迎える櫻坂46の“現在地”をたっぷりと語った。

『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU
ツイート
『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU
『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU
ツイート
『blt graph.vol.85』(東京ニュース通信社刊) 撮影:HIROKAZU

4月にリリースした「花は誰のもの?」が話題となり、音楽番組に多数出演、また約3年ぶりとなる3期生オーディションを開催しているSTU48から、キャプテンを務める今村美月をピックアップ。今秋、自身初となる書道個展<私の頭の中>を開催し、舞台でも輝く今村を、地元・広島県で撮影。ロケは、STU48の2ndシングル「風を待つ」のMVのロケ地でもある広島県尾道市で実施し、ホームだからこそ見える穏やかで飾らない笑顔と素の表情を捉えた。また“出会い”と“別れ”について聞いたロングインタビューでは、今村の現在の気持ちに迫っている。

12月10日に東京・日本武道館で開催されるコンサー ト<モーニング娘。'22 25th ANNIVERSARY CONCERT TOUR ~SINGIN' TO THE BEAT~加賀楓卒業スペシャル>で、約6年間の活動を締め括るモーニング娘。’22の加賀楓が、同誌のグラビアに初登場。ノスタルジックな雰囲気漂う港町に小旅行に来たようなシチュエーションで、爽やかさもアンニュイな表情もすべて切り取っている。ダンスに定評があり、ステージパフォーマンスで多くのファンを魅了してきた加賀が最後に送るセンチメンタルラストグラビアにも注目だ。

7月クールで放送されていた『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)ではヒロインの親友役での好演が話題になり、現在公開中の映画『森の中のレストラン』や、2023年3月3日に公開される映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』ではヒロイン役を務める女優・畑芽育が、個性的でキュートなグラビアを披露。パン一斤を頬張る姿も注目ポイントだ。

現在放送中の『仮面ライダーギーツ』(テレビ朝日系)にツムリ役で出演し、12月23日に公開される劇場版最新作『仮面ライダーギーツ×リバイスMOVIEバトルロワイヤル』への出演も発表されている青島心が同誌に初登場。抜群のスタイルと吸い込まれるような真っ直ぐな瞳が印象的なグラビアとなった。

<TIFアイドル総選挙2022>で初代1位を獲得し、中野サンプラザでのワンマンライブ<#バンビの野望>を成功させるなど、デビューからその勢いが止まらない#ババババンビから、青色担当・水湊みおが登場。すらっとしたスタイルを活かしてビキニの上にブラックスーツを着こなし、普段のアイドルからは想像もできないクールで大人びた表情を見せた。

国内では、YouTuber、SNSインフルエンサー、イチナナライバー、モデルなど多岐に渡る活動をし、海外へも活躍の場を広げている加藤美南が、同誌に約3年半ぶりにカムバック。大人の女性へと成長した彼女が、久しぶりの水着グラビアで魅力を解き放つ。

次ページ

  • 1