山田南実[イベントレポート]自分史上最大露出に挑んだ2nd写真集への想い「ファンに届けたい一心で頑張りました」出版記念記者会見にて

山田南実[イベントレポート]自分史上最大露出に挑んだ2nd写真集への想い「ファンに届けたい一心で頑張りました」出版記念記者会見にて

山田南実[イベントレポート]自分史上最大露出に挑んだ2nd写真集への想い「ファンに届けたい一心で頑張りました」出版記念記者会見にて

山田南実が、11月18日(金)にSHIBUYA TSUTAYAにて2nd写真集『Departure』出版を記念した記者会見を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

山田南実<2nd写真集『Departure』出版記念記者会見>SHIBUYA TSUTAYA(2022年11月18日)

清楚な雰囲気を漂わせる白いワンピース姿で登場した山田。 2冊目の写真集オファーを聞いた時は、“ものすごく嬉しかったです! 1番に親に報告しました。1st写真集の撮影は新型コロナウイルス禍の前でしたので、無事に撮影することができましたけど、新型コロナウイルス禍に入ってしまって、2nd写真集は難しいのかなと思っていました。そんな時に、お声をかけていただいて。撮影していただき出版できることをとてもありがたく思っています。涙が出るぐらい嬉しかったんです!”と、出版決定の感激を語った。

撮影は自身の出身地の北海道・函館が舞台。“原点回帰と挑戦”がテーマだという。その“原点回帰”とは、“写真集のタイトルにも関わってくるんです。タイトルは私がつけさせていただきました。「タイトルをどうする?」と言われた時に、私の故郷の北海道からすべてが始まったと思い、生まれた時からのことを全部思い返してみて、「ここが私の出発点だ、すべての始まりなんだ!」 という意味を込めたんです。生まれたところから振り返ってみたので「原点回帰」なんです”と述べた。

山田南実<2nd写真集『Departure』出版記念記者会見>SHIBUYA TSUTAYA(2022年11月18日)
ツイート
山田南実<2nd写真集『Departure』出版記念記者会見>SHIBUYA TSUTAYA(2022年11月18日)

では、“挑戦は?”というと、“自分史上最大の露出です。そこは自分でもどうなるかわからなかったですし、衣装も最大露出で、スタイリストさんにも「挑戦だね、頑張ろう!」と、声をかけていただいて。魅力的に撮っていただけたと思います”と話した。

そんな今回の写真集のために、“身体作りに、筋トレに行ったり食事に気をつけたりして、撮影の時には自信を持って臨めました”と頑張ったそう。記者から“恥ずかしさはなかった?”との問いかけには、“「やるぞ!」という気持ちで、ファンの方に届けたい一心で頑張りました”と、恥じらいより気合が勝ったそうだ。

撮影前にはどんな撮影をしたいかも聞かれたそうだが、“私の愛犬ヴィトンくんをぜひ登場させていただけないでしょうかとお願いして、札幌の実家から、函館まで連れてきてもらいました”と、願いが叶えられたのだとか。さらに、ロケ地の1つである函館山には“広大な景色に感動して、心が奪われました”と、感動しきりだったという。

お気に入りのカットは、見開きで笑顔を浮かべ腕をいっぱいに広げた水着のショット。“海がなんといっても綺麗でしたし、自分の素が1番出ていました。「はしゃいでるー!」と感じて楽しかったですし、天気にも恵まれて。自分らしい素の表情になれたと思いました。ファンの方からもそう言っていただけましたし”と笑みを浮かべた。

山田南実写真集『Departure』(撮影:Takeo Dec./講談社)
ツイート
山田南実写真集『Departure』(撮影:Takeo Dec./講談社)

写真集を見た周囲からは“大人になった”“素敵だったよ”“おめでとう”とお祝いされたり、ファンからも“待望していた第2弾だった”との反響があったそうだが、 自身も“ずっと待ってくださっていたので、届けられたことが嬉しかったです”と喜びを口にする。

ちなみに、1st写真集との違いは、“1st写真集のときは成人していなかった(19歳だった)ので、あどけなさも残っていて、衣装からも感じられる幼さがありました。2nd写真集は大人になったということで、大人として違った魅力を出せたと思います。衣装も(妖しい)黒いものもあって、雰囲気も髪型も大人っぽくなったのではないかなって思います!”と、成長の実感を語った。

写真集の自己採点は、“1st写真集の時は100点をつけたので、2ndは自信を持って200点満点です!”と、堂々と眩しい笑顔を振りまいていた。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 山田南実[イベントレポート]自分史上最大露出に挑んだ2nd写真集への想い「ファンに届けたい一心で頑張りました」出版記念記者会見にて