©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会

©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会

十味(#2i2)&まるぴ、映画『放課後アングラーライフ』W主演決定! 【コメントあり】

十味(#2i2)とまるぴが、2023年に公開される映画『放課後アングラーライフ』でW主演を務めることが決定した。

同作は、<第26回スニーカー大賞>優秀賞受賞が話題を呼び、“女子×釣り”をテーマに、女子高生の釣り同好会を舞台にした⻘春小説「女子高生の放課後アングラーライフ」(井上かえる著/角川スニーカー文庫)を映画化したもの。

KADOKAWAにはかつて“角川アイドル映画”と言われた、角川3人娘(薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子)を主演にしたアイドル映画が多く存在。今回、その系譜を継ぐ新たなKADOKAWAアイドル映画が誕生した。

イジメに遭い、人間不信となった女子高校生が、地方の漁港町への転校をきっかけに新たな友人関係を見つけ、段々と自分を取り戻していく物語となっており、作中には、友情、成⻑、何かに夢中になるということ、他人を想いやることといった⻘春物語の王道がたくさん散りばめられている。女子高生たちのキラキラとした日常を活写する“釣り女子⻘春映画”に仕上がった。

十味が主人公・追川めざしを演じ、まるぴがもう1人の主人公・白木須椎羅を担当。2人は今作でスクリーンデビューにして、初めての主役に挑む。

追川めざしは少し“陰キャ”な女子高生、白木須椎羅は⻭切れのいい関⻄弁の女子高生。それぞれが持っているものすべてをぶつけて新たな“KADOKAWAアイドル映画”に挑戦している。

共演は、平井珠生が間詰明里役を、森ふた葉が汐見凪役を演じ、メインキャストとして4人の女子高生の⻘春物語を盛り上げる。さらに、めざしの母役を中山忍、父役をカトウシンスケ、地元の兄貴分を宇野祥平、椎羅の母役を⻄村知美というベテラン俳優が揃った。監督は城定秀夫が務める。

©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会
ツイート
©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会
©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会
ツイート
©映画「放課後アングラーライフ」製作委員会

コメント

井上かえる(原作者):
映画化のお話をいただいた時は本当に驚きましたし、嬉しかったです。自著の映画化は私の夢でしたので。どんな『アングラーライフ』が観られるのかと、すごく楽しみです。

城定秀夫(監督):
先日撮影を無事終えました。フレッシュな女優さんたちの頑張りはすべてカメラに収めさせていただきました。また傑作を作ってしまいました。

十味(主演:追川めざし役):
私自身主人公めざしのように人の顔色を伺って生活した時期もあって、そんなめざしの⻘春の形にすごく感情をを動かされて……私の全部を使って伝えたい!って思いました! 初映画初主演、まだまだ未熟な私ですが、監督をはじめたくさんの方に支えていただいてできる大切な作品です。観てくれるみなさんにもめざしの心情だったり、アングラー女子会の友情を伝えられたら嬉しいです。映画ぜひ見てくださいね!

まるぴ(主人公・白木須椎羅役):
椎羅は明るくてよくも悪くも真っ直ぐなところなど似ている部分が多くありました。それゆえに、まるぴではなく“椎羅らしく”、私とは異なる部分を表現するのがとても苦労しました。監督やキャスト、スタッフのみなさんの支えもあり、自分の中では全てを出し切って白木須椎羅になれたと思ってます! 椎羅を愛してもらえたら嬉しいです! そして関⻄弁にも苦戦しました……! ぜひ、そんな椎羅に注目して、劇場でご覧ください! “なあなあみんな、一緒に釣りせぇへん?”

平井珠生(間詰明里役):
城定監督の作品には『アルプススタンドのはしの方』以来の出演になります! 本当に嬉しい……! 『放課後アングラーライフ』は、高校生の女の子4人が釣りを通して友情を育んでいく物語なのですが、人生初の釣りもすごく楽しくて、役柄も私にとって新たな挑戦があったキャラクターなので、いろんなことを考えながらも日々新鮮に現場にいさせてもらっていました! 映画、ぜひ観てください!

森ふた葉(汐見凪役):
音楽の世界から飛び出して、初めての映画出演ということでとても緊張しましたが、毎日たくさんの学びがありすごく濃く、楽しい、キラキラした撮影でした。友情の美しさ、相手を想いやる大切さ。人として大切なことをもう一度確認させてくれる作品です。映画『放課後アングラーライフ』ぜひご覧ください!

次ページ

  • 1