22/7[ライブレポート]光り輝く未来の可能性を提示したデビュー5周年記念ライブ「みなさんが見守ってくださってできた3公演でした」

22/7[ライブレポート]光り輝く未来の可能性を提示したデビュー5周年記念ライブ「みなさんが見守ってくださってできた3公演でした」

22/7[ライブレポート]光り輝く未来の可能性を提示したデビュー5周年記念ライブ「みなさんが見守ってくださってできた3公演でした」

22/7が、10月22日(土)、23日(日)に国際フォーラム ホールAにてデビュー5周年を記念する<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>を開催した。今回のライブでは全3公演にわたって新メンバーを含む14人でのオリジナル楽曲の全曲披露や、メンバーをシャッフルしたユニットプロデュースステージなどを展開。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

取材&文:キツカワトモ
写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ

22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラム ホールA(2022年10月22日、23日)

10月22日、初日の昼公演。幕開けの「Overture」に続き、フィルムが回る音とともに「あの日の私たち」と題したムービーが流れ始める。サブタイトルには“ここからはじまる物語”とあり、西條和がサンシャインシティの噴水広場を訪れていた。デビューシングルのリリースイベントを行ない、初めてファン以外の人たちの目に触れることとなった場所だ。“今年のアニバーサリーライブも、みんなが笑顔で終わっていたら「楽しかったな」と思えると思う”――。やがて「11人が集まった理由」のやさしいイントロが流れ出し、ステージの上手、下手、センターから初期メンバーの6人が登場した。そして最後のフレーズには、ステージ後方から6人の背中をじっと見つめるように現れた8人の新メンバーが合流し、この曲が象徴する絆の軌跡が、確かに“今”に繋がっていることを証明した。14人が1列となって踏み出す、1歩。3公演を通してオリジナル楽曲を全曲披露することはあらかじめ発表されていたが、メンバーたちが想い出の地で「あの日」の自分を振り返るムービーを挟みながらパフォーマンスしていくとは予想しなかった。1本のドキュメンタリー映画のように5年間をなぞり、1曲、1曲がグループの新しい可能性とともに生まれ変わっていく。

2日目、昼公演。涼花萌が定期公演の行なわれていた会場を訪れるムービーでは、貴重なソロコーナーの映像も。“(当初キャラクターの配役がなかった3人が)念願の表題曲が歌えるシングルだったので、嬉しかった。卒業していったメンバーのことも想い出しながら聴いてほしいです“。歌われたのは「何もしてあげられない」。これまでのすべてを胸に抱きしめた初期メンバーたちの歌やダンスはリリース時よりも激情を増し、新メンバーたちは持ち前のスキルとガッツで食らいつく。大きなステージも14人で作り上げるダイナミックな群舞にふさわしく、新メンバー加入後に実施された2本のツアーを越え、さらに一体感の感じられる完全体のパフォーマンスだ。「循環バス」は、いつでも幸福を乗せてやってくる。メンバー同士ちょっかいをかけ合う様が微笑ましい定番曲だが、客席の通路にも立ち、ファンとともに会場が1つになっていった。どのような進化を遂げるのか期待を集めていた初披露曲の1つ「とんぼの気持ち」は、アウトロのフリーダンスで初期メンバーにも変化が見られたことに目を奪われた。また、改めて感じる楽曲の幅と、それに合わせて瞬時に切り替えていくメンバーの表現力の高さにも驚かされるのだった。

22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)
ツイート
22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)

迎えた最終公演。昨年も<ANNIVERSARY LIVE>を開催し、“ここで卒業したメンバーも多かった”と、国際フォーラム(ホールA)を訪れた西條和と河瀬詩のムービーは感傷を誘うが、そこを“第一章の保管庫”と名づけた意義は深い。西條にとっては22/7が自身の向かう先だと確かめられたように“この曲を聴いたみなさんが、想い描いた場所へ走り出せるように”と、歌われた「覚醒」。メンバー1人ひとりから放たれる力強いセリフは、ライブならではの醍醐味だ。メンバープロデュース企画から生まれた紅白チームの楽曲にも新メンバーが加わり、紅組の「今年 初めての雪」はよりポップに甘く溶け、白組の「ヘッドフォンを外せ!」には、ダンスを得意とするメンバーが増え、さらに見ごたえのあるものとなっていた。そこへ、オーディションの映像を交え、新メンバー全員が登場するムービーが流れる。「めぐりあえた奇跡」という副題のもと、真っ直ぐな瞳で伝えた、それぞれの夢。“歌番組にたくさん出ること”“声のお仕事をたくさんすること”“22/7を国民的にアイドルにすること”……。ファンと一緒に見る夢だけがアイドルを未来へ連れて行くのだと感じられる頼もしさだった。本編の最後、ついに14人になって初めてリリースした「曇り空の向こうは晴れている」へ。立ち止まらなくて、よかった。笑顔弾けるこの曲が、歩んできた道のりのすべてを肯定していた。

アンコールでは、それぞれの所属するユニットデザインのTシャツを着たメンバーたちが登場。22/7には、メンバーの演じるキャラクターのイメージをコンセプトとする3つのユニットがあり、その『ユニットプロデュースステージ』も、今回、配信はされない現地観覧限定企画としてアニバーサリーのお祭りムードを盛り上げた。各グループの持つ3曲を、メンバーをシャッフルして披露してもらう。ここでスクリーンにCGキャラクターも登場し、選考テーマが語られた。リアルメンバーとキャラクターたちが交わる、22/7ならではの一幕だ。

22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)
ツイート
22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)

22日昼公演を担当したセクシータイプの「蛍光灯再生計画」は、クールな分析力で、求められる振りやセリフに適したメンバーを選抜。オリジナルメンバーも負けじと、ともに楽曲を磨き上げた。逆に、意外性を重視したのが、23日昼公演を担当したハッピータイプの“ハレンチ”こと「晴れた日のベンチ。“このメンバーが、この曲を!?”と、事件と言っても過言ではないパフォーマンスが展開される。オリジナルメンバーである麻丘真央が“いつか14人バージョンの「半チャーハン」がやりたいんです”と言い出し、カロリー消費の高いパワフルな楽曲に息を切らしていたメンバーたちが一斉に慌てたシーンも笑いを誘った。一方、23日夜公演を担当したゆるふわ担当の「気の抜けたサイダー」は“ソフトクリームを落としたら泣いちゃいそうなメンバー”など、選考理由もユニーク。挑戦したメンバーは、マネのできないオリジナルメンバーの天然の可愛さに改めて尊敬を抱いたようだ。かけ合いの中からは、いつもとは違ったメンバーと一緒に練習する中で発見したこと、助けあい、深まった信頼が感じられる。いつかまた、この瞬間も“あの日”と愛しく振り返る時がくるのだろう。

“みなさまが「何があっても、22/7を応援しているよ」と言ってくださるおかげで、こうして6周年目に突入することができました。そんな、いつも支えてくださるみなさんに「もっともっと、22/7と大きいステージに行きたいな」と思ってもらえるような、楽しく、明るいグループにしていきます!”(天城サリー)

“全曲を披露することができて、やっと胸を張って「メンバーになった」と言えるような気がしています。まだまだ未熟ですが、先輩たちと一緒に22/7として歩んでいきたいです”(椎名桜月)

最後、メンバーを代表した白沢かなえの“新メンバーが全曲覚えてくれて、先輩メンバーが支えて、それをみなさんが見守ってくださって、できた4公演でした”という言葉に、大きな拍手が湧き上がる。今回の衣装は、キャラクターバラエティ番組『22/7 計算中』の衣装から、新体制初のリリースとなった9th衣装、そして11月16日(水)に発売される10thシングルの衣装へと公演ごとに変わっていった。新曲では、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろう。また、6年目の結成日にあたる12月24日(土)には14名で<22/7 CHARACTER LIVE -6th BIRTHDAY PARTY 2022->を生配信することも発表された。さらなる未来へ、走り続ける22/7への期待は膨らむばかりだ。

22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)
ツイート
22/7<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>国際フォーラムA(2022年10月22日、23日)

<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>

2022年10月22日(土)
国際フォーラム ホールA

1. Overture
2.11人が集まった理由
3.僕は存在していなかった
4.地下鉄抵抗主義
5.ヒヤシンス
6.空を飛んでみよう
7.交換条件
8.好きになるのは自由だし…
9.To goでよろしく!
10.僕が持ってるものなら
11.好きと言ったのは嘘だ
12.タチツテトパワー
13.雷鳴のDelay (紅組)
14.キウイの主張 (白組)
15.ムズイ
16.僕らの環境
17.願いの眼差し
18.足を洗え!
19.空のエメラルド

アンコール(「蛍光灯再生計画」プロデュース)
1. タトゥー・ラブ(相川奈央、麻丘真央、白沢かなえ、望月りの)
2. 交換条件(天城サリー、雨夜音、河瀬詩、椎名桜月、宮瀬玲奈)
3. 読みかけの漫画(清井美那、西條和、四条月、涼花萌、月城咲舞)

<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>

2022年10月23日(日) 昼公演
国際フォーラム ホールA

1.Overture
2.シャンプーの匂いがした
3.人格崩壊
4.循環バス
5.やさしい記憶
6.叫ぶしかない青春
7.風は吹いてるか?
8.半チャーハン
9.タトゥー・ラブ
10.ソフトクリーム落としちゃった
11.ポニーテールは振り向かせない
12.何もしてあげられない
13.とんぼの気持ち
14.ロマンスの積み木
15.君はMoon
16.Rain of lies
アンコール「晴れた日のベンチ」プロデュース
1.半チャーハン(麻丘真央、清井美那、椎名桜月、白沢かなえ、宮瀬玲奈)
2.To goでよろしく!(雨夜音、河瀬詩、西條和、月城咲舞)
3.君は誰だ?(相川奈央、天城サリー、四条月、涼花萌、望月りの)

<22/7 ANNIVERSARY LIVE 2022>

2022年10月23日(日) 夜公演
国際フォーラム ホールA

1.Overture
2.理解者
3.未来があるから
4.絶望の花
5.韋駄天娘
6.不確かな青春
7.覚醒
8.Just here and now
9.いつの間にSunrise
10.ヘッドフォンを外せ! (白組)
11.今年 初めての雪 (紅組)
12.君は誰だ?
13.カントリーガール
14.読みかけの漫画
15.打ち上げ花火の拒否権
16.曇り空の向こうは晴れている
アンコール「気の抜けたサイダー」プロデュース
1.ソフトクリーム落としちゃった(麻丘真央、椎名桜月、四条月、白沢かなえ、宮瀬玲奈)
2.好きになるのは自由だし…(相川奈央、清井美那、西條和、月城咲舞、望月りの)
3.カントリーガール(天城サリー、雨夜音、河瀬詩、涼花萌)

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 22/7[ライブレポート]光り輝く未来の可能性を提示したデビュー5周年記念ライブ「みなさんが見守ってくださってできた3公演でした」