西野七瀬[イベントレポート]「早い! 負けた!」強欲エピソードで玉山鉄二と張り合う!?『連続ドラマW シャイロックの子供たち』完成披露試写会にて

西野七瀬[イベントレポート]「早い! 負けた!」強欲エピソードで玉山鉄二と張り合う!?『連続ドラマW シャイロックの子供たち』完成披露試写会にて

西野七瀬[イベントレポート]「早い! 負けた!」強欲エピソードで玉山鉄二と張り合う!?『連続ドラマW シャイロックの子供たち』完成披露試写会にて

ベストセラー作家・池井戸潤による同名小説をドラマ化したWOWOW『連続ドラマW シャイロックの子供たち』(10月9日より毎週日曜22:00放送・配信スタート)の完成披露試写会が、本日10月3日(月)に開催され、主演の井ノ原快彦、共演の西野七瀬、加藤シゲアキ、玉山鉄二が登壇した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

銀行の支店内で発生した現金紛失事件を追っていたはずが、突如として失踪してしまう銀行員・西木雅博役の井ノ原は“自分が出演しておいてなんですが……めちゃくちゃ面白くてあっという間に終わります。かなりおススメです。最後までハラハラドキドキのドラマです”と手応え十分。

役作りのために実際の銀行員に話を聞いたそうで“単刀直入に100万円がなくなったら大変ですか?と聞いたら、あってはならないことだし、1円でもなくなったらヤバい。最後の最後まで調べつくさなければいけないと教わりました。また清潔感も大事だと教えていただいたので、撮影中は清潔感を意識して演じていました”とキャラクター造形に役立ったようだ。

100万円の現金紛失事件で濡れ衣を着せられてしまう真面目な銀行員・北川愛理役の西野は“練習用のお札を使って毎日家でお札を数える練習をしていました。撮影では本物のお札を使用するので、滑りや感触が違うので難しかった”と銀行員役ならではの苦労を明かした。

支店内でエースと目される滝野真役の加藤は“エースです!”と笑わせつつ、“原作の怒涛の展開を忠実かつ見事にまとめていて、息をつく暇がないくらい緊張感の走るドラマ。キャラクターも個性的で際立っていて全員が魅力的。まさに面白い作品になりました”とアピール。

人事部調査役で、長原支店内で起きた事件を追い始める坂井寛役の玉山は“僕は性格的に白黒はっきりつけたがって根に持つタイプなので、追及する側の坂井には共感できました”と役柄に共感していた。

撮影の待ち時間中にお酒の話題で盛り上がったという井ノ原と玉山。玉山が“井ノ原さんに僕の大好きな焼酎を飲んでもらいたいと思ってプレゼントしたら、もっといい日本酒をいただいた”と明かし、“これってほかのものをあげたら、またいいものが返ってくるのではないか?と思った”とわらしべ長者のような展開を妄想。玉山が出演した朝ドラ『マッサン』ファンという井ノ原は“玉山さんとウイスキーの話をしたいと思ったら、『マッサン』から焼酎をもらっちゃったみたいな……。お酒の話は盛り上がりました”と満面の笑顔を浮かべた。

すると撮影期間中に誕生日を迎えたという加藤は“誕生日を迎えたら井ノ原くんからお酒をもらいました。僕はウイスキー。あとは健康の話で盛り上がりました。シリアスなドラマのわりにオフの時間帯は楽しかった”と充実した撮影期間を紹介。井ノ原も“監督含めて面白い人が多くて、シリアスな中でもホンワカしていましたね”と居心地のいい現場を懐かしんだ。

また作品のタイトル“シャイロック”にちなんで“強欲だと思うこと”を聞かれた井ノ原は、“お酒のあてに食べるバターピーナッツ! あれっていつやめればいいの? そろそろやめようかなと思うと、塩気の多いピーナッツに当たって……また食べたくなる!”と無邪気な強欲エピソードを披露。後輩の加藤が思わず“可愛い!”と漏らす場面も。

そんな加藤は、“趣味が釣りでマグロを釣りに行く。自分の年齢と同じキロ数の魚を釣りたいと思っていたら、去年43キロのキハダ マグロを釣りました。これで目標達成と思ったのに、次は 50キロを釣るぞとすぐに思ってしまう。魚が釣れても釣れなくても行きたくなる。これいつやめればいいの?”とかなりハマっている様子。これに井ノ原は“もう「加藤シゲアキ世界を釣る」という番組をやるまで続けるしかないね! カジキを釣りに行くしかない!”と提案して、加藤も“ぜひお願いします!”と乗り気の様子だった。

一方、睡眠に強欲という西野は“みなさんはお家に出る何分前に起きますか?”と共演陣に投げかけて“私はギリギリまで寝たいので家から出る10分から15分くらい前にセットする”と明かした。これに玉山が“僕は3分か5分くらいで出られる”と答えると、西野は“早い! 負けた!”となぜか悔しがる一幕も。ちなみに主演の井ノ原は“私はもう朝5時くらいには起きちゃう。ギリギリまで寝ていたいけれど、癖なのかな……”と苦笑いだった。

最後に主演の井ノ原は、“自分でも内容を知っているけれど、最後まで事件の真犯人がわからない。銀行に詳しくなくても、家族や恋人同士、上司部下の関係性だったり、どこか1つでも共感できるところがあるので、そこからどんどん物語に入って行けるはず。眠れない日々を過ごしてもらいたいくらい、何度も観て楽しんでいただきたい作品です”と胸を張ってアピールした。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 西野七瀬[イベントレポート]「早い! 負けた!」強欲エピソードで玉山鉄二と張り合う!?『連続ドラマW シャイロックの子供たち』完成披露試写会にて