宇咲(#ババババンビ)『週刊ヤングジャンプ』アザーカット(©LUCKMAN/集英社)

宇咲(#ババババンビ)『週刊ヤングジャンプ』アザーカット(©LUCKMAN/集英社)

宇咲(#ババババンビ)[アザーカット&インタビュー]狂おしいほどの美しさを解き放つセーラー服姿で魅了!「ワクワクしながら撮影していました」『ヤングジャンプ』メンバー全員初表紙登場

#ババババンビが、現在発売中の『週刊ヤングジャンプ』の表紙にメンバー全員で初出演を果たした。同誌の表紙にアイドルグループ全員が揃って出演することはこれまでも事例が少なく、貴重な1冊となっている。本記事では、そんな#ババババンビから宇咲が、同誌出演への想いや撮影時のエピソードなどについて語ったインタビューをお届けしよう。

#ババババンビ『週刊ヤングジャンプ』アザーカット

――『週刊ヤングジャンプ』メンバー全員での初表紙出演おめでとうございます。

宇咲:
はい! #ババババンビ桃色担当、最年少19歳の宇咲です! まさか今回、7人で『ヤングジャンプ』さんの表紙を務めさせていただけるなんて思っていなかったので、聞いた時はびっくりしました! すごく嬉しかったです! コンビニや駅などで毎日のように見かける『ヤングジャンプ』は、9月29日から1週間、私たちが表紙でたくさん並んでるので、まだゲットしてない方はぜひ手に取ってみてください!

――7人での表紙撮影は、いかがでしたか?

宇咲:
『ヤングジャンプ』初表紙の撮影ということで、どんな感じの撮影なのかなとか、どのカットが表紙に使われるんだろう……これかな? こっちかな?とワクワクしながら撮影していました! 7人でのお仕事の時はすごく楽しいです! いつも一緒にいるメンバーなので安心感があります!(笑) すっごくいい写真ばかりなので、デジタルも絶対見てほしい!

――10月21日(金)の中野サンプラザでのワンマンライブについて教えてください。

宇咲:
私は#ババババンビに加入してから1年半なのですが、今回10月21日の中野サンプラザは、#ババババンビ初のホール&過去最大規模のワンマンということで決まった時からすごく楽しみでした! 楽しみでもあり緊張もしています……! 先日もセトリや演出などを何時間もみんなで真剣に話し合ったりして、初めて来てくださる方にもいつも来てくださる方にも楽しかった! 来てよかった!って思ってもらえる1日にしたいなと思ってます! 初めてバンビを観てくれた人にも、#ババババンビ好きだ〜!って思われたいし、いつも一緒に馬鹿騒ぎしてくださってるみんなには#ババババンビ最高!!って帰ってもらいたいです!(笑)

――応援してくれているファンに一言お願いします。

宇咲:
いつも応援ありがとうございます! 『ヤングジャンプ』さんの表紙をメンバー全員で務めさせていただけることすごく嬉しいです! <TIFアイドル総選挙>ではみなさんのおかげで1位になることができて、#ババババンビ表紙の『ヤングジャンプ』発売、10月には中野サンプラザでワンマンライブがあり、嬉しい楽しみなことがいくつもあって幸せです。ありがとうございます! 私たちが表紙の『ヤングジャンプ』が店頭にたくさん並ぶのがすごく楽しみです! 発売日までメンバーカウントダウン動画も上がってたりして、一緒に発売当日を楽しみに待っててくれて嬉しいです! 初めて知ったって人も多いと思うので、ぜひ覚えてください! そして、これからもみなさんに素敵なお知らせができるように7人みんなで頑張っていくので、#ババババンビの応援よろしくお願いします!

ヤングジャンプ編集部インタビュー

――#ババババンビを表紙に抜擢した理由は?

編集部:
デビュータイミングがちょうどコロナ禍だったこともあり、デビューライブができないという非常に厳しいスタートだった#ババババンビ。そんな苦しい状況を乗り越えて、デビューから約2年半で<TIFアイドル総選挙2022>初代グランプリを獲得するほどに、一気にトップアイドルへの階段を駆け上がりました。メンバーそれぞれがもともと人気のある子たちだったこともありますが、その駆け上がるスピードは驚くほど速かったと思います。それもすべて、メンバーと支えているスタッフの方々の努力の賜物なのだと感じています。そんな#ババババンビさんの、止まることなく前に進み続ける勢いを小誌もお借りしたい、そして少しでも彼女たちの今後の活躍に貢献できたらと、このタイミングでの表紙登場を依頼させていただきました。アイドルとしてのポテンシャルは、間違いなく一級品だと思います。各所で言われている顔面偏差値の高さはまさにそのとおりで、全員が可愛くて、スタイルがよい。しかも、異なるタイプの“可愛い”が集まっているので、ファンそれぞれが自分の好みを見つけることができるという絶妙なメンバー構成です。もちろん可愛いだけではアイドルは務まらない。メンバー全員が個性的なキャラクターを持っていて、個人でも勝負できる上に、このバラバラのキャラクターが融合することで、#ババババンビ独特の空気感と爆発力を生み出す。まさに最強のバランスだと思います。また、微笑ましくなるほどにメンバー同士が仲がよいことも、アイドルグループとして人気の高いポイントの1つだと思います。そして、何よりもメンバーのアイドル活動と向き合う姿勢が、本当に素晴らしいなと思っています。ファンを、見ているすべての人を“笑顔にする”、“夢と元気を与える”というアイドルとしての王道を全力でやっているからこそ、多くの人の心に響いているのだと思います。ライブを拝見させていただくたびに、成長しているのが目に見えてわかるので、そこに努力の跡を感じ、また応援したくなる。まさに、“推したくなるアイドル”なんだろうなと感じています。

――アイドルグループメンバー全員での表紙はかなり珍しいそうですね。

編集部:
過去の事例は、アンジュルム、私立恵比寿中学、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、でんぱ組.inc、ももいろクローバーZ、Aquors、℃-ute、Liella!、#2i2などです。小誌では、国民的グループからまだ活動を始めたばかりのグループまで、さまざまなアイドルの方々にご登場いただいています。ただ、やはり取り上げ方としては、ソロやグループの数名での登場というのがほとんどで、グループ全員での出演というのは数で言うと極端に少なくなってしまいます。そこにはまず、グループ人数と雑誌のページ数の差、という問題があります。全員を取り上げて1人ずつのページが少なくなるよりは、1人だけにフォーカスした方がよいのではないかという判断になることが多いのです。全員でご登場いただくということは、そこにそれだけの意味と理由がなければなりません。全員だからこそ見せられるグループとしてのまとまりや空気感、1人では絶対にできない絵作り、グループの勢いや人気の高さなど、全員にすることで、より読者の方に喜んでもらえる何かを提供できるとこちらが判断した際に、メンバー全員表紙という形を取らせていただいています。今回も、#ババババンビさんだからこそのオファーでした。#ババババンビさんは、現在最も勢いのあるグループの1つであること、ソロの人気も高いですが、グループとしての人気も高く、グループ全体を応援している“箱推し”の方が多くいること、全員のグラビア偏差値が非常に高いこと、面白い絵作りやほかとは異なる見せ方にも楽しんで柔軟に対応してくださるメンバーとスタッフさんであること、7名というちょうどよい人数であること、そして以前からメンバー全員が小誌にグループで出演したいと言ってくださっていたことなど、それらすべてがとてもよいタイミングで重なり、今回の表紙登場に繋がったと思います。せっかく”馬鹿騒ぎ”をテーマとしている、#ババババンビさんにご登場いただくので、今回のグラビアはいつものグラビアとは一味も二味も違うものにできたらとテーマを考えました。普通の方がよかった!という意見もあるかと思いますが(苦笑)、たまにはこういう“馬鹿みたいなお祭り企画”もあってもいいかなと、多くの方に楽しんでもらえるものになっていればいいなと思います。

  • トップページ
  • インタビュー
  • 宇咲(#ババババンビ)[アザーカット&インタビュー]狂おしいほどの美しさを解き放つセーラー服姿で魅了!「ワクワクしながら撮影していました」『ヤングジャンプ』メンバー全員初表紙登場