©映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

©映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

新谷ゆづみ、映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』出演決定! 「温かい感情が生まれました」

新谷ゆづみが、2023年春公開の映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』に出演することが決定した。

同作は、『おもろい以外いらんねん』『きみだからさびしい』をはじめ繊細な感性で話題作を生み出し続けている小説家・大前粟生の初の映像化作品であり、『21世紀の女の子』『眠る虫』などで注目を集めた金子由里奈監督の長編商業デビュー作。

大学の“ぬいぐるみサークル”を舞台に、“男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手な大学生・七森、七森と心を通わす麦戸、彼らを取り巻く人々を描く物語となっている。

新谷ゆづみ(白城役)コメント
“ぬいサー”のみんなの優しさに触れるたび、どこか胸が痛み、後に温かい感情が生まれました。1人ひとりに優しさの形があって、正解も不正解もない、ただみんな真っ直ぐに優しい。ですが、ただ優しいだけではウマくいかない時があって、それをわかっているのが白城だと思っています。向き合いながら話をすること、優しさってなんだろう、改めて考えされられたきっかけとなりました。

©映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」
ツイート
©映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 新谷ゆづみ、映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』出演決定! 「温かい感情が生まれました」