Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会

Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会

島崎遥香、TBSドラマ初主演決定! じれったすぎる“寸止め”ラブストーリー『私のシてくれないフェロモン彼氏』【コメントあり】

島崎遥香が、11月15日(火)からTBSでスタートするドラマ『私のシてくれないフェロモン彼氏』に出演することが決定した。

島崎遥香(Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会)
ツイート
島崎遥香(Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会)

同作は、TBSの深夜ドラマ枠「ドラマストリーム」の5作目。

島崎演じる30歳の水川黎(みずかわ・れい)は、新卒で入社した不動産会社を辞め、一念発起し、友人と「アートのサブスク会社」を起業。訪れたコワーキングオフィスで出会った年下のイケメンフリーカメラマン・有馬柊人(ありま・しゅうと)と付き合うことに。

“新しい仕事”に飛び込んだら、“新しい恋”も降ってきた!と舞い上がるものの……付き合って2ヵ月経ってもセックスどころかキスもしてくれない柊人に翻弄されていく。「一見誘っているような態度なのに、一体なぜ? なぜシてくれないんだ!」と恋愛パニックに陥りながらも、大好きな柊人との“その日”を目指して奮闘していく“最高にカッコ悪くて最高にキュートな主人公”を、島崎がどう演じるか注目してほしい。

渡邊圭祐(Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会)
ツイート
渡邊圭祐(Ⓒ『私のシてくれないフェロモン彼氏』製作委員会)

黎を翻弄する魅惑的な“フェロモン彼氏”・有馬柊人役には渡邊圭祐が決定した。

25歳の柊人は一見軽やかな余裕のあるモテ男だが、欲や執着がなく、「好きな人とはキスやセックスするより楽しいことっていっぱいあると思うんですよね」と性欲に関しても“凪”なイマドキ新人類男子。そのため、黎を「なぜ付き合ってるのにシてくれないんだ!?」という混乱状態へと突き落としていく……。しかし、そんな“フェロモン彼氏”にも、黎には見せない一面があるようで……。柊人は一体どういう男なのか、物語が進むにつれて解き明かされていくのも見どころのひとつだ。

本作の脚本は『来世ではちゃんとします』(TX・2020年)や『サレタガワのブルー』(MNS・2021年)など、女性たちの赤裸々な本音をリアルに描く名手・舘そらみが担当。完全書き下ろしのオリジナルストーリーとなる。今までテレビドラマではあまり語られてこなかったであろう、男女の本音をビビッドに切り取ったセリフや、どこか欠点はありつつも人生を一生懸命に楽しんで生きようとする不器用な愛すべきキャラクターたちも、本作の見どころのひとつである。

「付き合ったら、キスをして、キスしたらその次は……」と30年間当たり前に考えていた黎と、「ただ一緒にいるだけで幸せ。なんでそれだけじゃだめなの?」という柊人。お互いのことを真剣に考えるからこそ、触れたい想いを我慢してしまったり、すれ違ってケンカをしてしまったり……。そんな中で、「なんで男から誘うのが当たり前なんだっけ?」など無意識に持っていた“自分の中の常識”に気づき、それを壊して“新しい私”にアップデートしようと奮闘する黎の姿に、きっと応援しながらも元気をもらえるはずだ。毎話「今夜こそついにキタでしょー!」というロマンティックなシチュエーションになりつつも、結局は致せない……。不器用なふたりの“寸止めラブストーリー”。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 島崎遥香、TBSドラマ初主演決定! じれったすぎる“寸止め”ラブストーリー『私のシてくれないフェロモン彼氏』【コメントあり】