POPPiNG EMO[ライブレポート]圧倒的にポップ&エモーショナルな光景を描いたO-EASTワンマン「仲間になってくれたみんなありがとう」

POPPiNG EMO[ライブレポート]圧倒的にポップ&エモーショナルな光景を描いたO-EASTワンマン「仲間になってくれたみんなありがとう」

POPPiNG EMO[ライブレポート]圧倒的にポップ&エモーショナルな光景を描いたO-EASTワンマン「仲間になってくれたみんなありがとう」

POPPiNG EMO(ポッピングエモ)が、9月21日(水)に渋谷Spotify O-EASTで<8thワンマンライブ"GOODBYE UNDERGROUND”>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

POPPiNG EMO<8thワンマンライブ GOODBYE UNDERGROUND >Spotify O-EAST(2022年9月21日)

文&撮影:SHIBA

POPPiNG EMOは“ポップな世界観に「激エモ」爆裂サウンド”をコンセプトに、SCRAMBLESの井口イチロウがサウンドプロデュースを務め、次々に生み出された楽曲数は60曲以上にものぼる。

また、メンバーの4人が女優として舞台に立つなど、さまざまな活動を行なっている中、2020年7月の新体制お披露以降、精力的にライブ活動を展開し、新宿ReNY、Veats Shibuyaなどのワンマンライブを実現し、ステップアップを重ねてきた。特に、この2022年の夏は、スプリットでの東名阪ツアーを皮切りに<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022><@JAM EXPO 2022>への出演、<チャレンジオーディション GO! GO! GO! 2022>では優勝し、音楽プロデューサー・松隈ケンタからの楽曲提供権利を獲得するなど、一目瞭然な活躍見せてきた。そんな飛躍を経てのSpotify O-EASTワンマンとなる。

どんなエンタテインメントが観られるのかと期待に満ち、開演の時を待つオーディエンス。メンバー直々のアナウンスが流れ、ナーナ・ポップが“忘れない夜にしてやるよ”と締めると、SEが流れる。背面のビジョンには大きく映し出されたメンバーの姿。クラップしながら登場するメンバーに呼応し、フロアからも湧き上がるクラップ。忘れられない夜が始まる。

オープニングナンバーは「陰謀レジスタンス」。メンバー全員が主演を務めた舞台<陰謀レジスタンス>の主題歌として書き下ろされた曲であり、ノイジーなサウンドに鼓動を刻むようなリズムに、一転して展開されるサビのダイナミックなメロディ。随所に取り入れられたポッピングダンスと、交互に歌い繋ぐ力強い歌声を放つメンバーの一挙手一投足に、オーディエンスは目を奪われ引き込まれていく。エモーショナ・ル・ルカ の“拳!”の掛け声に、これまでのどのライブよりも多くの拳が高く突き上がった。「サイレン」「セレンディピティ」とエモーショナルな楽曲が続くと、フロアの温度も高くなっていき、観客もともにステップを踏み出す。

打って変わって、MCではメンバー紹介がフランクな空気の中進んでいく。“今日は小細工なしで行くんで、どうぞよろしく!”と宣言した舌の根も乾かないうちにくり広げられる茶番に、オーディエンスの表情が和らぐ。文字にしてしまうと笑いが伝わらずシュールになってしまうので割愛させていただくが、ここでもナーナ・ポップが“忘れない夜にしてやるよ”と3回言ったことだけは記させていただく。この茶番がある意味POPPiNG EMOらしさでもあるのかもしれない。

早くも代表曲と言える「覚醒サテライト」を披露し、「神様なんていないよ」と続くと一気にギアが上がる。メランコリックな世界観にドラマティックなメロディが印象的な「うたかた」で空気を変えたかと思うと、「Goodbye My Dear」をエモーショナルに歌い上げる。恒例の給水タイム「mizu-nomimasu」のあとは、今回ゲストダンサーとして出演する後輩アイドルのキャプテン・ミサト、リナ・クラスメイト、ウトミヅキング(ex.SHOCKiNG EGO)、タッキー&綾華(NAP)が呼び込まれ、「GIRLS BE AMBITIOUS」「戦慄ホーリーナイト」「Lovin' Lovin' Lovin'」「恋煩い」と要所要所でオーディエンスと一緒に踊れる楽曲を一気に披露した。

バックダンサーを巻き込んでのコントでは、茶番の中に“この4人で絶対に売れるんだー!”という意志表明も。先行配信されていた「ROLLING DAYS」を初披露すると、その意志が詰め込まれたような《ROLLING DAYS ROLLING DAYS 心が叫んでる/もう限界もう限界越えてるんだって/ROLLING DAYS ROLLING DAYS それでも立ち向かう/そうやってそうやって ここまで来た/信じた夢を諦めなければ きっと終わりは来ない》という歌詞を、熱く、大きく、激しく4人の歌声で紡いでいく。重ねて伸ばした腕が限界を超えて、その先へ辿り着くのもきっと遠くない未来になるだろうという予感を覚えさせる。「マントラ」「流星とアンダーグラウンド」「DAYS」と続き、ラストナンバーの「イノセント」で本編を終えた。

舞台女優としても活動する彼女たちの佇まい、ステージングには独特の優雅さが漂い、1つひとつの手振りや表情には背景が浮かぶ。ダンサーとしての側面が強かった193Rは、力強い歌声に変わり成長著しい。エモーショナ・ル・ルカは、表情や歌声に憂いがありオーディエンスを別の世界に誘う。突き抜けるようなハイトーンに感情を鷲掴みにするサヤカロスの歌声。そして、全曲の振り付けも行ない、誰よりも大きく目に映るナーナ・ポップの存在感は、まさにPOPPiNG EMOというグループの核なのだと感じる。それぞれのバラバラな歌声や個性がコンセプトとなる“ポップな世界観に「激エモ」爆裂サウンド”を武器に、1つの強烈なエモーショナルなステージを作り上げる。それがPOPPiNG EMOの音楽なのだと実感させられた。

アンコールでは、メンバーが装い新たにリメイクされた衣装で登場。突然メンバーも知らされていなかった映像が、“ある方からメッセージが届いています”と背面ビジョンに映し出される。この4人での体制が始まったころ、YouTubeチャンネルに出演させてもらったNONSTYLE井上裕介からのメッセージに、会場一同が驚く。その番組で井上から“大きな夢を叶えるために途中の目標を作ろう。O-EASTでワンマンを目標にしよう!”と提示され、その目標を実現したこの日をお祝いするメッセージだった。

改めてそれぞれが言葉を綴ると、O-EASTに立った喜び、そこに至るまでの不安、家族やファンへの感謝を発し、ナーナ・ポップが“続けてきてよかった! 仲間になってくれたみんなありがとう”とメンバーへも感謝を伝え、抱き締め合った姿は忘れ難い光景だった。

アンコールは「Okey-Dokey」、再度バックダンサーが登場し、POPPiNG EMOの新たな代表曲とも言える「喝采」、「ミリオンスマイル」の3曲をノンストップでパフォーマンス。

そして、背面ビジョンには“緊急告知!”の文字が映し出される。2023年1月8日(日)に新宿ReNYで開催されるPOPPiNG EMO主催イベント<PEF>。そして、2023年6月13日(火)には、9thワンマンライブ。会場はなんとKT Zepp Yokohama。<GOODBYE UNDERGROUND>と銘打ったこの日のワンマンライブで、Zeppでのワンマンライブの告知が発表され、いよいよPOPPiNG EMOが世に出ていくのも時間の問題となってきた。

ここからさらに活動が活発になるであろうPOPPiNG EMOの動きに注目したい。

POPPiNG EMO<8thワンマンライブ"GOODBYE UNDERGROUND”>

2022年9月21日(水)
渋谷Spotify O-EAST

1.陰謀レジスタンス
2.サイレン
3.セレンディピティ

4.覚醒サテライト
5.神様なんていないよ
6.うたかた
7.Goodbye My Dear
8.mizu-nomimasu
9.GIRLS BE AMBITIOUS
10.戦慄ホーリーナイト
11.Lovin' Lovin' Lovin'
12.恋煩い

13.ROLLING DAYS
14.マントラ
15.流星とアンダーグラウンド
16.DAYS

17.イノセント

EN1.Okey-Dokey
EN2.喝采
EN3.ミリオンスマイル

  • トップページ
  • レポート
  • POPPiNG EMO[ライブレポート]圧倒的にポップ&エモーショナルな光景を描いたO-EASTワンマン「仲間になってくれたみんなありがとう」