まねきケチャ[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]5人の今の輝きを魅せつけた立川の夜

まねきケチャ[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]5人の今の輝きを魅せつけた立川の夜

まねきケチャ[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]5人の今の輝きを魅せつけた立川の夜まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>ライブレポート

アイドルイベント<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>が、9月3日(土)に立川ステージガーデンにて開催された。同イベントには、16組のアイドルが出演。それぞれが熱量の高い多彩なパフォーマンスを披露した。本記事では、まねきケチャのライブレポートをお届けしよう。

まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)

“1曲目聴いてください、「カクカクシカジカ」”

いつもSEもなしにスッと現れるまねきケチャ。曲紹介をするとリズミカルにアッパーチューンを歌い始める。この昂りなしにいきなり歌に入る感覚は毎度感心するのだが、それだけ楽曲に入り込める、惹き込む自信があるということでもあるだろう。アップテンポの曲ならなおさら難しいところだ。ゲームライクなサウンドをバックにタイトルの「カクカクシカジカ」のリズムの語感とポップなメロディが交差する。一気にまねきケチャのワールドを展開させていく。

松下玲緒菜が伸びやかな歌声を響かせて始まる「妄想桜」。重厚なバンドサウンドと秀麗なピアノの旋律、ポップなシーケンスに乗って、和の香りがするメロディを宮内凛が真っ直ぐな声で、中川美優がウィスパーボイスでなぞっていく。

“もう迷わないよ”

篠原葵が最後のキメ台詞を放つと、場内は彼女のメンバーカラーである緑色のペンライトで彩られた。

そっと流れるピアノの調べに乗せて、森ふう花がハスキーな太い声でゆっくり歌い出す「どうでもいいや」。松下と並び、すっかりまねきケチャの実力派ボーカルとしてその存在を確かなものにした森。アイドルでは少ない“気だるさ”をも表現できるボーカリストだ。その実力に裏打ちされたものは歌声だけでなく、しとやかながら堂々と舞うそのステージングにも表れている。まねきケチャの黄色と雷属性をしっかり継承していることは言わずもがな、彼女の存在がグループに新しい風をもたらしている。それが手に取るようにわかるステージだ。

松下玲緒菜、宮内凛、中川美優は2023年にまねきケチャから卒業することが発表されている。この5人でステージに立つ時間は限られているのだ。しかし、終わりがあるからこそ、そこに向かって最高の輝きを放っていくことだろう。そして、それを我々は見逃してはいけない、そう思える渾身の「きみわずらい」が会場いっぱいに響き渡り、5人はステージを後にした。

まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)

まねきケチャ<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>

2022年9月3日(土)
立川ステージガーデン

カクカクシカジカ
妄想桜
MC
どうでもいいや
きみわずらい