真っ白なキャンバス[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]7人が表情豊かに描いた心の奥底に響くエモーショナルな光景

真っ白なキャンバス[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]7人が表情豊かに描いた心の奥底に響くエモーショナルな光景

真っ白なキャンバス[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]7人が表情豊かに描いた心の奥底に響くエモーショナルな光景真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート>

アイドルイベント<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>が、9月3日(土)に立川ステージガーデンにて開催された。同イベントには、16組のアイドルが出演。それぞれが熱量の高い多彩なパフォーマンスを披露した。本記事では、真っ白なキャンバスのライブレポートをお届けしよう。

真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)

胸の高鳴りを表すような壮麗なSEに誘われた7人がステージに現れ、真っ直ぐに指を指すとピアノのイントロが流れる、「アイデンティティ」だ。

“立川ステージガーデンにお越しのみなさん、私たちが真っ白なキャンバスです! 盛り上がっていきましょー!”

小野寺梓が高らかに声をあげ、歌い出す。バンドサウンドに乗った刹那メロディ。澄んだ声が、透明感のある歌声が、真っ白なキャンバスの音楽が会場に響き渡る。オリエンタルな雰囲気ながらどこかの遠い国の民族衣装のような7人の出立ちがグループの持つ高貴さを醸す。耳に言葉がスッと入ってくるボーカルの中で、鈴木えまの甘い声が心地よいフックとなる。

畳み掛けるように「ポイポイパッ」へと流れ込む。軽快なビート、華やかなホーンの音色に合わせてコミカルな振りとエネルギッシュな躍動感がリズミカルに会場の熱を上げていく。そのまま間髪入れず、小気味よいリズムに合わせてクラップが巻き起こった「桜色カメラロール」。次から次へとドラマティックに情景が変わっていくような楽曲展開が美しい。ストリングスの旋律を追っていく歌メロディがあでやかだ。小野寺のピュアな歌声と三浦菜々子の真っ直ぐでよく通る歌声の落ちサビが優美に響いた。

そのまま、真っ白なキャンバスが誇るキラーチューン「SHOUT」へ。胸を締めつける焦燥感で激しく揺さぶってくる。真っ白なキャンバスといえば、ファンがアツいことで知られていたが、コロナ禍での規制の多いソーシャルディスタンス下のライブにおいて、そうしたアツさ以上に歌をしっかりと聴かせるグループに成長した。その象徴とも言えるのが、この「SHOUT」だろう。ソリッドなバンドサウンドながら、メロディアスで切ない同曲のメロディと詞が多くの人の心の奥底に訴えかけてくるのだ。

どこからか蝉の鳴き声が聞こえ、7人は中央に集まって円陣を組んで“せーのっ!”の掛け声で始まった「いま踏み出せ夏」。

“真っ白なキャンバス、これで最後の曲になります。白キャン初めて観る方も一緒に楽しんで行きましょうー!”

三浦が大きく声をあげ、青春を謳歌するように夏をおおらかに歌う。

《例えばこの歌をみんな忘れちゃっても いつか誰も歌わなくなっても 大空に夢掲げ 共に歌い合う日を忘れはしないよ》

7人が肩を寄せ合って大きく歌い合って締め括られた。夏の終わりを告げるように、真っ白なキャンバスのステージは終わった。

真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)
ツイート
真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>立川ステージガーデン(2022年9月3日)

真っ白なキャンバス<JAPAN IDOL CONNECT FES 2022>

2022年9月3日(土)
立川ステージガーデン

アイデンティティ
ポイポイパッ
桜色カメラロール
SHOUT
いま踏み出せ夏

  • トップページ
  • レポート
  • 真っ白なキャンバス[JAPAN IDOL CONNECT FES 2022ライブレポート]7人が表情豊かに描いた心の奥底に響くエモーショナルな光景