©東京女子プロレス

©東京女子プロレス

SKE48 荒井優希、赤井沙希との見事な連携でタッグ王者初防衛!「また少し強くなれたような気がする」

SKE48の荒井優希が、本日9月4日(日)に名古屋国際会議場で開催された東京女子プロレスの大会<TJPW CITY CIRCUIT~名古屋公演~>で、赤井沙希とタッグを組み、上福ゆき&桐生真弥組に勝利。プリンセスタッグ第10代王者のベルトの初防衛に成功した。

東京女子プロレス<TJPW CITY CIRCUIT~名古屋公演~>名古屋国際会議場(2022年9月4日)

“東洋盟友(とうようめいと)”上福ゆき&桐生真弥組の桐生からの挑戦により、9月4日にプリンセスタッグ第10代王者“令和のAA砲”赤井沙希&荒井優希組初の防衛戦に。

荒井は先月、6人タッグマッチで桐生、シングルマッチで上福との闘いに敗れており、勢いづく2人に攻められ続ける試合展開となった。中盤、赤井と上福のブートの応酬の横から入る桐生を荒井が止めきれず、東洋盟友が2人がかりで赤井を攻める危ない場面も。それでも桐生にサソリ固めを仕掛けるも上福に阻止されたところに、赤井が加わり、上福に合体リバースブレーンバスター、ダブルの新人賞を見舞い、赤井と連携攻撃を見せた。

桐生にFinally(かかと落とし)をかわされ、片品渓谷で押さえ込まれるが、2カウントでなんとか返す。会場からの“荒井! 荒井!”の大声援に、荒井は桐生をコーナーに追いつめ、顎へのキックからフルネルソンバスター、最後はFinallyを決め、ベルトを守り切った。

試合後、プレスエリアにて報道陣から、イギリスのプロレス団体『EVE』の選手からプリンセスタッグ王座への挑戦表明が来ているという話題に。すると荒井のお腹が鳴ってしまい、赤井から“聞きました? 今の。まだまだ私たちAA砲に、そういう欲のあるレスラーどんどんくれよって言ってます”とユーモアを交えて受け、“どんどん私たちの欲を満たしてくれる選手を、海を渡っても地球外でもお待ちしてます!”と挑戦を快諾した。

また本日の試合前にはSKE48のミニライブも行なわれ、荒井をセンターに松本慈子、熊崎春香、鎌田菜月、福士奈央の5名が出演。荒井の得意技“Finally”のネーミングの由来となった楽曲「片想いFinally」や「オキドキ」、「Stand by you」、「パレオはエメラルド」の4曲をリング上でパフォーマンスし、7月から声援がOKとなった東京女子プロレスの会場は大きな声援と熱気に包まれた(※1)。

MCでは、荒井が東京女子プロレスに参戦しているのと逆にSKE48に入ってほしい選手をメンバーが1人ずつリクエスト。鎌田は荒井のパートナー・赤井沙希、熊崎は自身に似ていると言われるというリングアナウンサーの難波小百合、松本はアップアップガールズ(プロレス)の渡辺未詩、福士は大ファンになったという伊藤麻希を挙げ、“伊藤ちゃん”コールを巻き起こす。

荒井が“SKE48に来てください!”とオファーすると、伊藤は“歌って踊れないからアイドル、クビになったの知ってる?”と笑わせながらも、会場中からのコールに後押しされ、“9月25日、伊藤麻希参戦します!”と日本ガイシホールで開催されるSKE48の14周年記念コンサートに参戦することを力強く宣言した。

コメント

荒井優希:
私は、初めての防衛戦で、ベルトを獲って初めての試合でベルトを落とすことがすごく怖くて。ベルトを持っていることで少し自信が持てたところもあったのですが、最近負けが続いていて、このままベルトを落としてしまったらどうしようって思ってたんですけど、今日はなんとか守ることができて、また少し強くなれたような気がするので、次からの防衛戦はもっと自信を持って挑みたいなと思いました。

ーー“令和のAA砲”というタッグ名については?

荒井優希:
最初はちょっと恥ずかしくて、自分からは口に出さなかったんですけど、そう呼んでくださることが増えて、逆に(自分たちで名乗るようになりました)。

ーー久しぶりとなった声援のあるライブについては?(※1)

荒井優希:
2年以上ぶりの声出しライブがまさかここになるとは思わなくて、ホントに巡り合わせってすごいなって思いました。ファンの方も、ちょっと忘れちゃってるかなって思ったのですが、全然そんなことはなく、すごくしっかりコールしてくださってめちゃめちゃ元気をもらえました。

ーー脱妹分という目標は達成できたか?

荒井優希:
いや、まだ……。でも、姉妹の末っ子感は抜けたと思います。三女くらい? 今(笑)。なので、もっと頑張ります!

赤井沙希:
“令和のAA砲”として始動して今日が初めての防衛戦だったんですが、名古屋という優希ちゃんにとって縁のある場所で初防衛戦ができて。試合前はちょっと自信なさそうだったんですけど、私にとっては優希ちゃんは頼もしいパートナーだし、今日もたくさんの人が力をくれてたと思うんで、そこは自信を持って。私にとって強力な強くて頼もしいパートナーなんで、今日も自信を持ってほしいなと思いました。防衛戦をすればするほど、強いチャンピオンになってくると思うので、自分的には(今後の対戦は)誰でも大丈夫です。

ーー“令和のAA砲”というタッグ名については?

赤井沙希:
私たち違うお仕事もしているということもあって(“令和のAA砲”というタッグ名が)“今風じゃない”かなといいう感じはするんですが、やってる試合内容はバリバリ昭和なスタイルなので、名前もしっくりしてきました。いつからか私たちが自分たちで名乗るようになりました(笑)。

※1:東京女子プロレスでは、2022年7月9日(土)の大田区総合体育館大会を皮切りに今回の名古屋国際会議場イベントホール大会のように一部大会で声援や紙テープ、横断幕がOKとなる場合がある(自治体や会場により対応されない場合もあり)。SKE48の劇場やコンサートで許可された形ではないので、ご注意ください。

『東京女子プロレス』から伊藤麻希選手の出演決定
<SKE48 14th Anniversary Festival 2022>
2022年9月25日(日)開場15:30/開演17:00
一般販売中(先着):枚数制限1公演お1人さま4枚まで

  • トップページ
  • ニュース
  • SKE48 荒井優希、赤井沙希との見事な連携でタッグ王者初防衛!「また少し強くなれたような気がする」