群青の世界[@JAM EXPO 2022ライブレポート]4人の感情溢れる歌声で魅了「来年もみなさんと楽しめることを楽しみに!」

群青の世界[@JAM EXPO 2022ライブレポート]4人の感情溢れる歌声で魅了「来年もみなさんと楽しめることを楽しみに!」

群青の世界[@JAM EXPO 2022ライブレポート]4人の感情溢れる歌声で魅了「来年もみなさんと楽しめることを楽しみに!」

<@JAM EXPO 2022>が、8月26日(金)、27日(土)、28日(日)に横浜アリーナにて開催。メインアリーナをはじめ、ロビーやホールなどに設置されたさまざまなステージで、アイドルたちが熱く、楽しく、華やかなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から8月28日のキウイステージに登場した群青の世界のライブレポートをお届けしよう。

群青の世界<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)

取材&文:赤木一之

ドラマティックなSEが流れ、ブルーの光が灯るステージの中央で背中合わせに円を作る4人。夏の1曲「青い光」のフォーメーションだ。曲が始まると、中央から解き放たれるように、ステージを駆け出すメンバー。歌詞は、工藤みかが、甲子園を目指していた高校球児とグループを重ね、綴ったもの。疾走感のあるメロディにクラップ音が鳴り響き、サビの《夏の希望 諦めずに〜》に入ると、曲調も明るくなり、メンバーの笑顔が弾ける。

続けて、一宮ゆいが“<@JAM>一緒に楽しんでいきましょう!”と、「However long」を紹介。爽やかなメロディに乗って、しなやかに踊るメンバー。大切の人との出会いや想いを連想させる歌詞で、「青い光」に続いて、青春の1ページを切り取ったような構成に胸を打たれる。

3曲目は、ピアノの美しいメロディに乗せて、一宮ゆいから工藤みかへ、ソロの歌い出しから始まる「メロドラマ」。メロドラマ=恋愛劇ということで、1曲目から3曲目まで、青春→恋愛のストーリーを見ているかのよう。4人の感情あふれる歌声が印象的で、サビではファンもメンバーと一緒に腕を振り、歌い終わると拍手が送られた。

ラストは、“<@JAM>での最後の曲、一緒に楽しんでいきましょう!”と、村崎ゆうなの言葉から始まった、「僕等のスーパーノヴァ」。ファンも待ち構えていたように、冒頭から再び鳴り響くクラップ音。終盤、一宮、水野みゆ、村崎、工藤と、1人ひとりの綺麗な歌声を繋いでからの、ラスサビ。《もう一回 伸ばした手が届くまで〜》に来ると、感情の昂った歌声で、ファンも一斉に手を広げ、会場の熱気も最高潮。最後は白い光がステージを照らし、明るい未来を感じさせるエンディングとなった。そして、去り際には水野が“本日はありがとうございました! また来年もみなさんと楽しめることを、楽しみにしています!”と、再会に期待を寄せた。

一宮ゆい<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
一宮ゆい<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
工藤みか<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
工藤みか<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
村崎ゆうな<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
村崎ゆうな<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
水野まゆ<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
水野まゆ<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
群青の世界<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
群青の世界<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)

群青の世界<@JAM EXPO 2022>キウイステージ

2022年8月28日(日)
横浜アリーナ

青い光
However long
メロドラマ
僕等のスーパーノヴァ

  • トップページ
  • レポート
  • 群青の世界[@JAM EXPO 2022ライブレポート]4人の感情溢れる歌声で魅了「来年もみなさんと楽しめることを楽しみに!」