Task have Fun[@JAM EXPO 2022ライブレポート]フロア満杯! タスクの3人が作り上げた笑顔で平和な空間

Task have Fun[@JAM EXPO 2022ライブレポート]フロア満杯! タスクの3人が作り上げた笑顔で平和な空間

Task have Fun[@JAM EXPO 2022ライブレポート]フロア満杯! タスクの3人が作り上げた笑顔で平和な空間

<@JAM EXPO 2022>が、8月26日(金)、27日(土)、28日(日)に横浜アリーナにて開催。メインアリーナをはじめ、ロビーやホールなどに設置されたさまざまなステージで、アイドルたちが熱く、楽しく、華やかなパフォーマンスをくり広げた。本記事では、同イベントの中から8月28日のキウイステージに登場したTask have Funのライブレポートをお届けしよう。

Task have Fun<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)

取材&文:赤木一之

前日のストロベリーステージでも会場を沸かせた、Task have Fun。勢いそのまま、キウイステージでは入場規制がかかるほどの観客が集まった。

お馴染みのOvertureで3人が揃って登場し、会場全体でクラップ。白岡今日花、熊澤風花、里仲菜月の順で名前がコールされると、推し色のサイリウムがキラキラと会場に灯る。《have fun OK?》でOvertureが終わり、今年の夏の定番曲であるソウルナンバー「メインアクター」がスタート。クラップから始まり、里仲が“みなさん一緒に楽しんでいきましょう!”で、口火を切ると、振りコピしたり飛び跳ねたりするファンで、ダンスフロアさながらの盛り上がりに。

フロアが熱気に包まれる中、お次は「背徳的カタオモイ」。スカを取り入れたメリハリとキレのある曲調に、先ほどの「メインアクター」とは打って変わって、どこかに攻め込むような気合の入った歌声とダンス、随所に見られる巻き舌を披露。ファンもそのすごみに押されるように沸き上がった。

MCでは、白岡が“後ろまでたくさん来てくれて嬉しい! VIPさんもいっぱいいる”と感謝。「背徳的カタオモイ」のMVが<@JAM>のCMに使われていることを紹介すると、“私たちも<@JAM>ファミリーとして今年も盛り上げていきたい!”と意気込み十分に、3曲目の「ぎぷす」を曲フリ。可愛らしさが詰まった、電子音が心地よい楽曲。里仲が“踊るよー!”と呼びかけると、ファンも振りコピで応えた。

この流れで、タスクの終盤の鉄板曲「キミなんだから」へ。熊澤が“最後まで一緒に踊っていきましょうー!”と叫び、ラストスパート。手を前に出したり上げたり、身体を横に揺らしたりと、ファンとの一体感のある踊りは壮観。タスクの3人だからこそできる笑顔で平和な空間を作り上げた。

Task have Fun<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
Task have Fun<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
熊澤風花<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
熊澤風花<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
白岡今日花<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
白岡今日花<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
里仲菜月<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
里仲菜月<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
Task have Fun<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)
ツイート
Task have Fun<@JAM EXPO 2022>横浜アリーナ(2022年8月28日)

Task have Fun<@JAM EXPO 2022>キウイステージ

2022年8月28日(日)
横浜アリーナ

メインアクター
背徳的カタオモイ
ぎぷす
キミなんだから