有安杏果、活動再開ワンマンライブの模様を放送!

有安杏果、活動再開ワンマンライブの模様を放送!

有安杏果、活動再開ワンマンライブの模様を放送!

有安杏果が活動再開後に開催したワンマンライブ<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>が、テレ朝チャンネルにて放送される。

<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>写真

有安杏果(C)アプリコット

本番組では、東京・EX THEATER ROPPONGIで開催した<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>のライブの模様をオリジナルインタビューと合わせてテレ朝チャンネル版として放送する。

バンドメンバーに続いて手を振りながら登場した有安杏果が1曲目に届けたのは、今回の公演のサブタイトルにもなっている「Another story」。続いて「ヒカリの声」と、赤いテレキャスターを抱えて歌い上げる。彼女の歌声を待ち望んでいた満員のフロアから“杏果”コールが飛ぶと、有安自身も感極まり涙ぐむ。“ただいまって言っていいのかわからんけど、ただいま!”と呼びかけると、“おかえり!”という声が反響し、会場が温かい空気に包まれた。

アコースティックギターを抱えて「ペダル」、ピアノ弾き語りで「心の旋律」など、アーティスト有安杏果としての可能性も存分に見せつけ、ライブは後半に突入。後半戦では、「Drive Drive」、「TRAVEL FANTASISTA」をパワフルに届けると、観客はタオルを振ってそれに応えてフロアはさらに1つにまとまった。

ジャジーな楽曲「遠吠え」をリラックスした表情でパフォーマンスすると、まるでお返しのように「小さな勇気」ではフロアから大合唱が巻き起こった。そしてラストは「feel a heartbeat」を歌い上げて、本編を終了した。

<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より
ツイート
<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より
<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より
ツイート
<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より
<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より
ツイート
<有安杏果 サクライブ 2019 〜Another story〜>より

次ページ

  • 1