©NMB48

©NMB48

NMB48[イベントレポート]“ファッションモデル”として、さまざまな表情で魅せる!

NMB48が、8月23日(火)に大阪・NMB48劇場にて<NAMBA-1決定戦 Model Collection 2022 〜マジコレ〜>(昼の部・夜の部)を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

NMB48<NAMBA-1決定戦 Model Collection 2022 〜マジコレ〜>NMB48劇場(2022年8月23日)

今回のイベントは、NMB48のメンバーがアイドル以外の分野でも活動の幅を広げるべく、“ものまね”“モデル”“アクトレス”の3つのジャンルで競い合い、ナンバーワンを決める月イチ開催の新企画。

第2回のジャンルは“モデル”。前回の“ものまね”同様、メンバーはオーディションを受け、通過した者だけが今回のステージに上がることができる。総合演出を<Kansai Collection>や<Vogue Fashion’s Night Out>など、ドーム級のイベントからアパレルのショーまで幅広く手掛ける藤田宏樹が担当し、衣装は『RBTXCO(アールビューティー)』や『HANDRED COLOR』、『Fumiku』など、ファッション業界で勢いのあるブランドが協力。出演メンバーはウォーキングレッスンなど、モデルの基礎を学び、本気で”モデル“に挑戦した。

<1st Fashion Stage>のテーマは“クール&モード”。『HANDRED COLOR』の衣装に身を包み、新澤菜央、上西怜、芳野心咲、川上千尋、小嶋花梨、平山真衣、塩月希依音、桜田彩叶、前田令子、黒田楓和の10名がステージをウォーキング。『HANDRED COLOR』は、イタリアからのオファーもあるワイズ出身のデザイナーが展開するブランド。

続いて、田中雪乃を先頭に、松本海日菜、佐月愛果、松野美桜、岡本怜奈、貞野遥香、原かれん、眞鍋杏樹、山本望叶、鵜野みずきが『Fumiku』の衣装を着てステージに登場。『Fumiku』はパルコ新人大賞を受賞し、ニューヨークのアースからオファー を受けるデザイナー林史佳による注目のブランド。

2つのブランドの衣装を着たメンバーたちは、メイクも髪型もいつもとはまったく違うスタイルで、笑顔も封印。今まで見せてこなかった新たな一面が見られるステージとなった。

<1st Fashion Stage>が終了したところで、MCを務めるお笑いコンビ・爛々の大国麗と萌々の2人が登場。今回のイベントの趣旨を説明したあと、ゲスト審査員の田中タキ(株式会社イザ 代表取締役社長)、ゲストモデルの大森みちを順番に紹介。田中は“ショーモデルは背が高く、お洋服を見せるのがポイントですが、NMB48のみなさんはアイドルなので、「自分を表現する」ことと「お洋服を素敵に着こなせる」バランス、それと伸び代が大事”と審査基準を伝えた。現役モデルであり、ウォーキング講師でもあるモデル・大森は“モデルにとって大事なことは、引き出しを何個持てるか。カッコいい、可愛い、セクシー、ラブリーなど、どれだけ引き出しを持てるかが大事。それと、「背が低いから」とか、否定的になってはダメです。それを生かして自信を持って発信していってください。何にでも返信できるのがモデルさんなので”と出演するメンバーにエールを送った。

李始燕、石田優美、瓶野神音、隅野和奏、出口結菜、和田海佑、坂下真心、龍本弥生による<1st Special Mini Live>で 「らしくない」「ワロタピーポー」を披露した後、<2nd Fashion Stage>へ。メンバーたちが着用するブランドは『RBTXCO』で、テーマは“キュート&ポップ”。『RBTXVO』はファッションに“モノガタリ”を取り入れることで、もっと楽しく、もっとワクワクするスタイルを提案しているブランド。ここでは、川上と上西、岡本と塩月、新澤と貞野、佐月と芳野、松本と田中、桜田と平山、山本と前田、原と松野、鵜野と黒田、眞鍋と小嶋という組み合わせで、先ほどとは打って変わって、笑顔を見せたり、抱き合ったり、キュートなポーズを決めたりして、モデルの中にアイドル的要素も取り入れて、個性と洋服の魅力をアピールした。

<2nd Special Mini Live>では「だってだってだって」「僕らのユリイカ」の2曲で盛り上げ、最後のファッションショーへ繋げた。ここでは16のブランドの洋服を組み合わせ、“JAPAN”をテーマに展開。着物をはじめ、和柄や日本の伝統をモダンにアレンジした衣装で、和傘などの小道具も用いて、おしとやかにステージ上をウォーキングした。

今回も、ゲスト審査員と観客が“よかった”と思うメンバーに票を入れ、その得票数を順位として発表。金子剛・劇場支配人が審査結果を持って現れ、それを受け取った爛々の2人から上位3名が発表された。昼の部で1位に輝いたのは、鵜野。“ありがとうございます。まさか呼ばれるとは思ってなかったので……”と思わず溢れた涙をぬぐいながら、“ずっとモデルを目指してきたので、1位になれて嬉しいです。プロのモデルの先生方に所作を1から10まで教えていただいて、その日の夜ご飯は(優雅に手を動かしながら)こう食べました。嬉しいですね”と喜びを噛み締めた。それを見た小嶋は“みーきさん(鵜野)が嬉しそうで何よりです!”と笑顔で祝福。

2位は黒田。ピョンピョン跳ねながら“ありがとうございます!”とお礼を伝え、“見るのと実際にやってみるのとでは全然違っていて、1回ですべてのことに全集中しないといけないじゃないですか。それにすごく苦戦しましたけど、2位になれて嬉しいです”と喜びを爆発させた。

3位の芳野は信じられないという表情で“選ばれると思ってなかったので嬉しいです。ありがとうございます!”と喜びを口にした。

最後は川上が“こうして本当に素敵なステージを用意していただいたこと、ありがタイガースです!”と、大好きな阪神タイガースを絡めつつ、出演メンバーを代表して感謝の気持ちを伝えた。

夜の部も同じテーマで行なわれたが、昼の部で経験したことを活かして、より堂々としたウォーキングを見せたり、表情のバリエーションも増え、衣装と自身のアピールなど、総合的にレベル/クオリティが上がったステージを見せた。そんな夜の部で1位になったのは芳野。昼の部の3位から順位を上げ、ナンバーワンに輝いた。“Thank you! I’m so surprise!〜”と得意の英語で嬉しさを表現。MCの爛々・萌々に“日本語でもいいですか?”と言われ、“1位になれるとは思ってなくて嬉しいです!”と改めて日本語でも喜びを伝えた。ゲスト審査員の田中も“存在感がとてもある方で、お洋服を着こなすセンスがもともとあったのを感じました。すごく素敵で素晴らしかったと思います”と絶賛。

2位は黒田。名前を呼ばれた時、“私?”と自分を指で差し、“ありがとうございます!”と飛び跳ねた。“嬉しいです、本当に!ビックリしました。まさか2回目も選んでいただけるとは思ってなかったので嬉しいです”と昼と夜で2位になり、満面の笑顔を見せた。

3位は鵜野。“お昼でも選んでいただき、そして夜でもランクインさせていただけて嬉しいです”とコメント。上位3名に入ったメンバーには後日、ご褒美が贈られる予定だ。

次回は“アクトレス”を開催予定。9月21日(水)発売の27thシングル「好きだ虫」、9月27日(火)〜30日(金)開催の<NMB48 12th Anniversary LIVE>(グランキューブ大阪)と合わせて注目してみてほしい。