JamsCollection[ライブレポート] 熱狂の宴を作り上げた大阪城野音ライブ「この景色を一生忘れることはないと思います」

JamsCollection[ライブレポート] 熱狂の宴を作り上げた大阪城野音ライブ「この景色を一生忘れることはないと思います」

JamsCollection[ライブレポート] 熱狂の宴を作り上げた大阪城野音ライブ「この景色を一生忘れることはないと思います」

JamsCollectionが、8月21日(日)に大阪城野外音楽堂にて4thワンマンLIVE<夏ジャ!!!!!!!!! -大阪城の変->を開催した。新型コロナウイルス感染症対策としての会場規定に基づいて、マスクを着用したままの声出しも解禁し、夏の野外ライブの醍醐味ともいえる放水の演出なども交えながら、初披露の新曲を含む全19曲をパフォーマンスした。本記事では、フィシャルレポートをお届けする。

JamsCollection<夏ジャ!!!!!!!!! -大阪城の変->大阪城野外音楽堂(2022年8月21日)

文:ポッター平井
撮影:ポテ ヤマムラ

16時30分(開演30分前)。前夜の雨も上がり、青空も広がる大阪城野外音楽堂。辺りの木々から響き渡るセミの鳴き声が夏らしさを演出する。会場にはJamsCollectionのメンバーと同年代ほどの女性ファンも多数集結し、ライブのスタートを待ちわびていた。開演直前の影アナで、津代美月が“今日は声出しありです! みなさん、声を出す準備はできていますか~?”と呼びかけると、観客は“イエ~イ!”と大きな声で応える。

“JamsCollection、大阪行くぞ~!”と気合いを入れながら、メンバー全員がステージに登場すると、観客は総立ちになって喜びの声を送る。1曲目に用意したのは「アオフィルム」。開幕から炭酸ガスを噴射させて、会場のボルテージを上げると、メンバーは“男子~!”“女子~!”“全員!”と、声出しOKならではのコール&レスポンスで観客を煽りながらライブはスタート。続けて夏のキラーチューン「サマサマサマーはアゲアゲで!」へ。これが夏の野外ライブだと言わんばかりのド迫力のウォーターショットに大歓声が上がる。保科凜と柚木ひるねが、それぞれ客席の上手と下手に分かれ、放水銃で観客に水をかけると、「あの日のメリーゴーランド」、「Smile×Smile」では、ほかのメンバーもステージ上や客席の通路を練り歩きながら、水鉄砲などで攻撃。撃つ方も撃たれる方も笑顔が弾ける。

最初のMCでの自己紹介では、オーディエンスと一緒にメンバーの名前をコールする。保科凜は“日本で1番熱い場所にしましょう!”、成瀬みるあは“今日はびしょ濡れになって、最高の想い出を作りましょう!”などと意気込みを語っていく。一宮彩夏は“今日は新衣装です! 可愛いらしくて、ふわふわした、夏っぽい爽やかな衣装になっています”と、衣装を紹介。さらに、大阪出身の津代美月は“地元だから、大阪城公園にはよく遊びに行ったりしていました。まさか自分が大阪城野音のステージに立てるとは思っていなかったので、本当に嬉しいです。みなさんのおかげです。ありがとうございます!”と、その喜びと感謝の想いを述べた。

中盤では、新曲「Ready→Now!」を初披露。“体力は大丈夫ですか~?”“まだまだ盛り上がっていけますか~?”と、再びコール&レスポンスで煽ると、7月13日(水)にリリースした、ダブルA面のメジャー1stシングル「キケンなサンサンSummer!」と、「ノーヒットノーラブ」を続けてパフォーマンス。JamsCollectionの妹分となる9人組の新グループ『Bunny La Crew』(読み:バニラクルー)もステージに登場し、時にはバックダンサーとしてポンポンを持って踊り、“スペシャル水鉄砲隊”として放水し、会場を盛り上げた。

リーダーの坂東遥が“この日を無事に迎えることができて、また1つ大切な夏の想い出を作ることができて、本当に嬉しいです。これからもみなさんと素敵な夏を過ごしていけたらいいなと思っています”と語った後、「これっきりサマー」を切なく、「疾走ドリーマー」を力強く歌い上げ、ライブ本編が終了。

同公演は、声出しOKということで、手拍子ではなく、アンコールの声が上がり、JamsCollectionのメンバーにとっては初めて聞くアンコールの声となった。アンコール1曲目の「恋とテストと缶ジュース」のみ動画撮影OKというサービス企画も。新衣装から4thワンマンライブのTシャツに着替えて登場したメンバーは客席に降り、観客の近くで、最高の笑顔をふりまいた。メンバーがステージに戻る頃には、無数のシャボン玉が舞い、幻想的なムードに包まれた。ステージ上からの記念撮影をした後、1人ずつ今の想いを伝えていく。

柚木ひるね:
デビューしてから1年半、あっという間で、いろいろなこともあったんですけど、こうして4thワンマンライブを迎えられて、本当によかったです。まだまだ未熟だし、これからもっともっと成長していきたいと思うので、ずっとずっと私の伸びしろを見守っていてください!

神音胡音:
私、水に濡れるのが大嫌いなんですよ(笑)。前髪もガチガチに固めたし、絶対に濡れない! と思っていたんですけど、こんなに楽しい水遊びはないなと思って、途中でもうどうにでもなれ!と思いました。こういう水遊びならいつでもOKです(笑)。

成瀬みるあ:
今年の夏の目標は、“とにかく目立つ”だったので、そのためにブリーチを4回して、髪の毛を傷ませながら頑張りました(笑)。これからもジャムズについて来てください!

豊田あさ:
初めて大阪に来た時は、あさのことを知ってくださっている方もいなくて、寂しい想いをしていた時もあったんですけど、今こうやって大阪でワンマンライブをさせていただいて、“あさちゃ~ん!”って呼んでくださる方がたくさんいて、すごくジーンときました。もっと好きになってもらえるように、これからも全力で頑張りたいと思います!

津代美月:
今日はみんなの声を聞けることをずっと楽しみにしていました。地元でワンマンライブをやれて、本当に幸せです。これからもいろんなファンの方と出会って、もっと大きな輪になったらいいなぁと思いました。今日は本当にありがとうございました!

保科凜:
去年の夏の想い出は、関ヶ原での(ライブの)水遊びだったんです。それが忘れられなくて、今日はその時の何十倍、何百倍の水量で、みんなのことをびしょびしょにできて、すごく気持ちよかったです。みんなも濡れているのを喜んでいて、本当に楽しかったです(笑)。また来年も、その先もずっとみんなと一緒に盛り上がれるライブをしたいです!

小波もも:
今日は初めての野外のワンマンで緊張していたんですけど、みんなの顔を近くまで見に行けたことがすごく嬉しくて、この光景はずっと忘れないと思うし、1stワンマンライブからちょうど1年ということで……(涙ぐむ)。最近みんなのことを心配させてしまったりしていたので、不安が大きくて……。ここで素敵な想い出を一緒に作ってくれて、ありがとうございました!

一宮彩夏:
今日は過去イチの汗をかいて、みんなも私たちもびしょびしょで、素敵な空間だなぁと思いながら、みんなの声も聞けたり、こんなに大がかりなセットも作っていただいて、たくさん一緒に“楽しい”を共有することができて、すごく楽しかったです。来年もまた“楽しい”をみんなと更新していけたらいいなと思います!

坂東遥:
今日は野外ならではのライブで、一緒に楽しい時間を過ごせて、本当に楽しかったです。ジャムズがこうやって次々と大きな会場でワンマンライブをさせていただけているのは、関わってくださっているみなさん、ファンのみなさんのおかげです。今日ここで過ごした夏が一生忘れられない夏になってくれていたら嬉しいです。私もこの景色を一生忘れることはないと思います。素敵な景色を一緒に見てくれて、ありがとうございました!

そして、“もう1曲、新曲を用意してきました! 仲間のことを歌った曲です。ここにいるメンバー、ここにいるみなさん、配信をご覧のみなさん、ジャムズを応援してくれているすべてのみなさんのこと、今日までのことを想って、歌いたいと思います”という一宮彩夏の言葉から新曲「アラシの夜に」を夜空の下で歌い上げる。ステージ後方の大型モニターにはメンバー同士で撮影した写真が映し出され、感動を増幅させていく。夏の終わりを告げるかのように、「コイハナビ」、「サマーポップ」を続けて披露し、最後の曲は満を持して、ジャムズの代表曲「NEW ERA PUNCH!!」を投下。観客とともに一体感のあるライブ空間を作り上げ、メンバー全員で手を繋いで“ありがとうございました!”と、深くお礼をする。色とりどりのサイリウムが美しく光り輝く客席から大きな歓声と拍手が送られ、“ありがとう!”と手を振りながら、ステージを後にし、最後は坂東が“5thワンマンライブでお会いしましょう!”と、観客と約束をして約2時間の夏の野外ライブは幕を閉じた。

JamsCollection 4thワンマンLIVE<夏ジャ!!!!!!!!! -大阪城の変->

2022年8月21日(日)
大阪城野外音楽堂

M1.アオフィルム
M2.サマサマサマーはアゲアゲで!
M3.あの日のメリーゴーランド
M4. Smile×Smile
-MC-
M5.愛你(アイニー)
M6.絶対必勝ラブゲーム
M7.プラネットナイン
M8.Ready→NOW!(初披露新曲)
-MC-
M9.キケンなサンサンSummer!
M10.ノーヒットノーラブ
M11.最先端フォーミュラー
M12.スニーカーヒーロー
-MC-
M13.これっきりサマー
M14.疾走ドリーマー
-Encore-
M15. 恋とテストと缶ジュース
-MC-
M16.アラシの夜に(初披露)
M17.コイハナビ
M18.サマーポップ
M19. NEW ERA PUNCH!!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • JamsCollection[ライブレポート] 熱狂の宴を作り上げた大阪城野音ライブ「この景色を一生忘れることはないと思います」