風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた7色パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた7色パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた全力パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表

風男塾が、本日8月13日(土)東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブ<風男塾LIVE2022〜初志貫徹〜>を開催。10月に行われる東京、名古屋、大阪のワンマンライブツアーを発表した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

<風男塾LIVE2022〜初志貫徹〜>東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGE(2022年8月13日)

メンバーの胡桃沢鼓太郎が休養のため、6人でのパフォーマンスとなった同公演。初志貫徹(最初に決めた志を最後まで持ち続けること)というライブのタイトルの通り、9月にデビュー15周年目に突入する風男塾のデビューからのコンセプト「人を元気にする」をモットーに、新体制の現メンバーが風男塾の15年の歴史を継承し更なる高見を目指していく、という決意と想いが込められた全力のライブパフォーマンスであった。

「全てはここから始まった」という楽曲、2008年デビュー曲の「男坂」でライブはスタート。夏らしい白いシャツにメンバーカラーがデザインされた爽やかな衣装で登場したメンバーは、「腐ってなんぼ」というフレーズが印象的な、不動(腐動)の心で男らしさを熱く追求する楽曲の世界観と、刀を使った堂々たるパフォーマンスで現在のメンバーの進化した楽曲となりスタートから盛り上がりを見せ、続けて腐男塾時代の代名詞ともいうべき楽曲「同じ時代に生まれた若者たち」が披露され、メンバーの関汰は“この曲は、こうして応援してくださっているファンの皆様に出会えたこと、そして同じ時をともに過ごしているんだという意味を教えてくれた曲でもあります。”と語り、「一生懸命生きる」というメッセージを強く表現した。

関汰は“今回のライブは風男塾を知らない方にもグループが15年間このようなことを行なってきた、そしてより風男塾を理解してくれたら嬉しく思います!”と話し、続いて良宗が“2012年グループ名が「風」の風男塾となり新たな物語を歩んでいきます”と語り、グループ名を腐男塾から風男塾に改名しリリースされた「Love Spider」「風一揆」を披露。「世界中に希望の風を吹かせる」という意味合いが込められ、世界中の全ての人を前向きな気持ちにさせる楽曲で、改めて風男塾の存在意義を魅せた。

中盤では、air:man(エアーマン)が振付をした「人生わははっ!」、日本相撲協会初の公認ソング「RIKISHI-MAN」、漫画家の浦沢直樹氏がジャケットを手がけた「BE HERO」など、代表曲を続けて熱唱し会場の盛り上がりも最高潮に。凛空は“15年間を振り返りましたが、まだまだ伝えきれてない、変わらない思い、いつの時代でも、どのメンバーになっても、笑顔にできるように背中を押せるように、これからも歌い続けていきたい”と誓い、ライブのキラーチューン「Dash&Daaash!!」「笑う門に明日は来る」を高らかに歌い上げ、関汰は“改めて初志貫徹、15年前に決めたその思いを俺たちが引き継いでいきます”と話し、新体制になった30枚目の最新シングル「Hello Hello」を披露し会場に来たファンに元気と勇気を与え本編を終えた。

アンコール前、ステージのスクリーンに映像が映し出され、10月に行われる東京、名古屋、大阪でのライブツアー、ハロウィンライブを発表。また、ベストアルバムにファン投票での人気曲「my home town」「七常の風器」「七色の鳥」の3曲が、現メンバーの再録Ver.にて収録されることも決定した。

そしてなんと15周年を盛り上げるべく、卒業メンバーの愛刃健水が15周年PR大使に就任されたことが発表され、サプライズで健水のコメントが届けられた。健水は“風男塾は卒業しましたが、今の風男塾メンバーが本当に頑張っている姿を見て、ぜひ、力になれたらと思い15周年PR大使として就任させていただくことになりました。ファンの皆さんにも会いたいですし、風男塾のメンバーにも会いたいので9月21日に行われる池袋サンシャイン噴水広場でのイベントに俺も遊びに行っちゃおうかな!と思っております。ぜひ会いに来てください。”と9月21日の池袋サンシャイン噴水広場でのイベントにも登壇することが決定し、会場は歓喜の拍手に包まれ、風男塾メンバーも喜びを噛み締めていた。

また、2部のアンコールでは本日8月13日がメンバーのアランが誕生日ということで、サプライズでケーキがプレゼントされ、ファンの皆と改めて誕生日を祝福。アランは満面の笑顔で“ありがとう!”と感謝の気持ちを伝えた。アンコールラストには、代表曲「LIKE A RAINBOW」を歌唱し、楽曲の世界観の鮮やかな虹の7色のように、風男塾15周年をメンバー7人で駆け抜けていく想いが楽曲に込められ、ライブを締めくくった。

柚希関汰(ゆずき かんた)コメント

改めて今回は<風男塾LIVE2022〜初志貫徹〜>ご来場、ご視聴ありがとうございました!! 5月に新体制を披露してから今日までノンストップで突っ走ってきました。ここまで来れたのはこうして支えて下さっているファンの皆様のおかげです。今日のLIVEでたくさん言った“人を元気にする”という言葉。15年前に決めたこのモットーを俺たち7人でさらに繋いでいきたいと思います。

そして健水くんが15周年PR大使に就任、そして9/21の風ベントに参加して下さるということで驚いた方も多いと思います。俺自身もまだ夢なのではないかと思ってしまいます。それぐらい嬉しくてたまらないです。

たくさんの方に愛されている風男塾をこれからも繋いでいきたいです。応援よろしくお願い致します!!!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • レポート
  • 風男塾[ライブレポート]ワンマンライブで魅せた全力パフォーマンス!+東名阪ツアーを発表