フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]激アツなダンスナンバー連発で会場翻弄「可愛い私たちからの愛です!」

フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]激アツなダンスナンバー連発で会場翻弄「可愛い私たちからの愛です!」

フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]激アツなダンスナンバー連発で会場翻弄「可愛い私たちからの愛です!」フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]

<六本木アイドルフェスティバル2022>が、7月29日(金)、30日(土)、31日(日)に六本木ヒルズアリーナにて開催された。今年は3年ぶりに3デイズ開催となり、これからシーンを牽引していくであろうニューカマーから、長年活躍を続けるベテランまで、熱量の高いパフォーマンスをくり広げた。本記事では、7月31日に登場したフィロソフィーのダンスのライブレポートをお届けしよう。

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)

イベント3日目、OPアクト2組のパフォーマンスを経て本編トップバッターを飾ったのはフィロソフィーのダンス。真夏の陽射しと駆けつけたアイドルファン達を味方に、一曲目「ロック★with you」の痛快なグルーヴで会場をノセていった。観客のリズミカルなクラップにも“もっと!”と煽りを入れ、一曲本気でパフォーマンスすればメンバーも観客もう汗だくだ。

“暑いからみんな水飲んで!”と佐藤まりあが呼びかけ、二曲目「ダンス・オア・ダンス」ではスウィングを利かせて軽快にステージを歩き回る。合間のカメラアピールも抜かりなくそれぞれのメンバーの持ち味が出ていて、観客は踊りながらフィロのスに撃ち抜かれていけばいい状態。

“久しぶりに六本木に戻ってきた〜。暑いけど最高の夏の想い出一緒に作りましょう!”と日向ハルの呼びかけから、これまた踊りださずにいられない人気曲「ダンス・ファウンダー」。曲後には十束おとはが“もう一生分汗かいた〜!”と声をあげ、盛り上がってなだれ込んだ「フォーカス」ではサビ前で奥津マリリが気迫の歌唱を披露して4人で畳み掛けた。

ラスト前の曲つなぎでも、奥津マリリのトロける声で“みなさん、もうビショビショでしょ? まだまだ汗かきましょうねー!”という煽りから十束おとはが“この後可愛いアイドルちゃんが出てきますから、もっとウォーミングアップ!”と呼びかけ、日向ハルが“私たちが可愛くないみたいじゃん! 私たち可愛いよね?”と迫り、奥津マリリが“可愛い私たちからの愛です!”と押し出す。

ラストナンバーは喜びに満ち溢れたディスコナンバー「ライブ・ライフ」。どこまでも音楽の楽しさを追求する彼女たちならではの見事な盛り上がりでこの後のアイドルたちへとステージを繋いだ。

日向ハル<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
ツイート
日向ハル<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
奥津マリリ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
ツイート
奥津マリリ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
十束おとは<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
ツイート
十束おとは<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
佐藤まりあ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
ツイート
佐藤まりあ<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)
ツイート
フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2022>六本木ヒルズアリーナ(2022年7月31日)

フィロソフィーのダンス<六本木アイドルフェスティバル2022>

2022年7月31日(日)
六本木ヒルズアリーナ

1.ロック★with you
2.ダンス・オア・ダンス
3.ダンス・ファウンダー
4.フォーカス
5.ライブ・ライフ

  • トップページ
  • レポート
  • フィロソフィーのダンス[六本木アイドルフェスティバル2022ライブレポート]激アツなダンスナンバー連発で会場翻弄「可愛い私たちからの愛です!」