INUWASI、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「絶対に1位を掴み取りたい」

INUWASI、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「絶対に1位を掴み取りたい」

INUWASI、<TIF2022>メインステージ争奪LIVE決勝戦への意気込みを語る「絶対に1位を掴み取りたい」

8月5日(金)、6日(土)、7日(日)にお台場・青海周辺エリアにて開催されている<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>(以下、TIF2022)。その注目イベントの1つ<メインステージ争奪LIVE決勝戦>が、本日8月5日18:45〜INUWASI、タイトル未定、パラディーク、Ringwanderungが出演する形で実施される。本記事では、決勝戦を直前に控えたINUWASIの同ライブにかける意気込みコメントをお届けする。

取材:竹内伸一

ーーいよいよ決勝当日となりましたが、今の心境は?

すずめ:
今、初めての<TIF>のステージが終わったんですけど、去年出られなかった<TIF>に私たちが出演しているんだって、ステージに立ちながらじわじわと感じていました。それだけでも幸せなんですけど、このあと決勝のステージが控えているので、気を取り直して、勝ちに行きたいと思います!

ーーなんとなく緊張感を感じますけど、もう緊張していますか?

はんのまゆ:
めちゃめちゃ緊張しています(笑)。でも、7日にメインステージに立っている自分たちの姿を想像したら、もう勝つしかないなって思っています。ファンの人と一緒なら勝てると思うんで、私たちは全力で頑張るのみです……緊張していますけど(笑)。

ーー勝ち抜くための作戦はありますか?

ライカ:
やっぱりファンの方との一体感が大事だと思うので、ここをこうしたら一緒になって盛り上がれるなって、これまでいろいろと工夫してライブをやってきたんです。決勝も私たちとファンの一体感を見せつけて、1位を掴み取りたいなと思っています。

ーーそれでは最後におひとりずつ、今日の意気込みを聞かせてください。

イヴ:
ファンの人との一体感を大切にしながら、自分自身も楽しみたいです。

すずめ:
本当は、私たちのいいところをアピールするためにも何曲もやりたいんですけど、持ち時間に限りあって……私たちにできることは、限られた時間の中で、自分たちの思いを込めた最高のパフォーマンスをすることだと思うので、<TIF>に出演できたことと、ファンのみなさんへの感謝の気持ちを忘れずに、全力でパフォーマンスしたいと思っています。勝ちます!

カリヲリ:
緊張と同じくらいINUWASIに対して自身を持っているので、1位を掴み取ることで、応援してくださるファンの方へ恩返しがしたいなと思っています。

はんのまゆ:
私たちは今日、勝つために来たので勝つことが1番なんですけど、まずは観に来てくれた方全員を全力で楽しませるという気持ちで臨みたいです。今、めちゃめちゃ緊張していますけど、ライブを楽しむ気持ちで挑みます!

ライカ:
緊張していてすごくヤバいです(苦笑)。XXXXXX……あ〜、緊張しすぎて、何を言っているのかわからなくなってしまいました(笑)。もう1度、最初から話します! 私たちがまずは1番楽しんで、その楽しさがファンの方に伝わればいいなと思います。それには、いつも通りのライブをやることだと思うので、まずはそれを心がけてライブをしたいです。ベストな2曲を用意したので、この2曲で勝負をかけて、絶対に1位を掴み取りたいです。

がるむ:
私はそこまで緊張していないんですけど……緊張していないって、自分で思い込みたいだけかもしれません(笑)。負けることは全然考えていなくて、勝つことだけをイメージしています。MCで私がみなさんの心にグサッと刺さるような一言を言えたらいいなと思っています。

<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>

日程:2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
会場:お台場・青海周辺エリア
主催:TOKYO IDOL PROJECT
特別協賛:にしたんクリニック