映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)

映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)

松井玲奈 主演映画『よだかの片想い』、主人公アイコや主要人物の場面写真12枚解禁!

松井玲奈が主演を務める映画『よだかの片想い』(2022年9月16日公開)が、場面写真12枚を一挙解禁した。

映画『よだかの片想い』場面写真

同作の物語の主人公は、理系女子大生の前田アイコ(松井玲奈)。彼女の顔の左側にはアザがある。幼い頃、そのアザをからかわれたことがあり、恋や遊びには消極的になっていた。しかし、“顔にアザや怪我を負った人”のルポルタージュ本の取材を受けて話題となってから、状況は一変。本の映画化の話が進み、友人の編集者・まりえの紹介で、監督の飛坂逢太(中島歩)と出会う。初めは映画化を断っていたアイコだったが、話をするうちに彼の人柄に惹かれていく。飛坂への片想いを自覚し、不器用に距離を縮めていくアイコ。しかし、飛坂の元恋人の存在、そして飛坂は映画化の実現のために自分に近づいたという疑心暗鬼が、アイコの“恋”と“人生”を大きく変えていくことになる。

今回解禁となった場面写真は合わせて12枚。アイコ(松井玲奈)が“顔にアザや怪我を負った人”のルポルタージュ本の取材を受けて話題となってから、本の映画化の話が進み、映画監督である飛坂(中島歩)との距離が縮まっていく2人。その中でも特に印象的な、飛坂の家で寄り添う場面、飛坂がアイコの手をとり走り出す場面、琵琶湖でボートに乗るシーン、ロマンティックでありながらも初めての恋に苦悩するアイコや、どこか清々しく空に手を伸ばす場面など、1つの映画でさまざまな表情を見せてくれる主人公アイコを含めた場面写真が公開された。

映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)
ツイート
映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)

また、同作には、アイコの恋模様を描くだけではなく、アザを通して人を見てきたアイコの周りには彼女の背中を押してくれる存在がたくさん登場。

アイコの幼馴染で、アイコが登場する本の出版社の編集者である、まりえ(織田梨沙)。この本のインタビューをきっかけに、アイコの物語が動き出す。アイコの本が映画化されるあたり、その作品の主演を務めることになる女優・城崎美和(手島実優)。しかし美和と飛坂にはある関係がある。アイコの大学院の先輩で、いつも明るくアイコと自然に接し、さりげなく気にかけて恋愛相談にも乗ってくれるお姉さん的存在のミュウ先輩(藤井美菜)やアイコの事を慕う後輩・原田(青木柚)、そして、アイコを優しく見守る大学院の研究室の教授・安達役(三宅弘城)など主要人物の場面写真も解禁された。

映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)
ツイート
映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)
映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)
ツイート
映画『よだかの片想い』場面写真(©島本理生/集英社 ©2021映画『よだかの片想い』製作委員会)

次ページ

  • 1