【ライブレポート】開歌-かいか-、ポテンシャルの高さを証明したデビューライブ「季節のうつろいを感じさせてくれる花のように美しく歌い咲き誇る」

【ライブレポート】開歌-かいか-、ポテンシャルの高さを証明したデビューライブ「季節のうつろいを感じさせてくれる花のように美しく歌い咲き誇る」

【ライブレポート】開歌-かいか-、ポテンシャルの高さを証明したデビューライブ「季節のうつろいを感じさせてくれる花のように美しく歌い咲き誇る」

<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>|AKIBAカルチャーズ劇場(2019年5月4日)

開歌-かいか-が、5月4日(土)にAKIBAカルチャーズ劇場にてデビューライブ<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>を開催した。

ツイート

百岡古宵以外のメンバーが明かされていないにも関わらず、本公演はソールドアウト。期待を膨らませ集まった満員の観客が見守る中、暗転したステージに花柄のワンピースで登場した6人は、すでに配信リリースされているデビュー曲「歌の咲く島」(作詞・作曲:タカハシヒョウリ、編曲:サクライケンタ)を披露。海原や花々を映し出す映像をバックに、花びらのように鮮やかに咲き誇る歌声と、軽やかに舞う振り付けで観客を魅了した。

2曲目は「セミロング」(作詞・作曲:タカハシヒョウリ、編曲:サクライケンタ)。複雑な歌い分けとコーラスワークを持つ楽曲を満面の笑顔で届けた。

MCにて、百岡古宵が“季節のうつろいを感じさせてくれる花のように、美しく歌い咲き誇る、私たち、開歌-かいか-です”と自己紹介。この日が初のステージとなった琴平萌花、ふらっぺidolぷろじぇくと研修生を本日をもって卒業となった佐々木亜実、渡邉陽、青木眞歩、南雲咲楽が緊張した面持ちでそれぞれ自己紹介をした。佐々木は「歌の咲く島」について“春の訪れと時の流れを感じられる曲”“歌詞の中にたくさん春の花の名前が入っていて、1つひとつに意味が込められている”と説明した。

5月5日(日)にリリースされるCD「歌の咲く島-蕾盤-」には、同曲のアコースティックバージョンとアカペラバージョンが収録されるということで、MCを終えた6人はステージ上で向かい合い「歌の咲く島(アカペラバージョン)」をパフォーマンス。初めてのステージとは思えない、圧倒的なコーラスワークを会場に響かせた。

最後に百岡は“歌を届ける場所が自分らしくいられる場所だと思い、戻ってきました。また新しいメンバーと新しい場所で活動することにとても幸せを感じています”“令和の最初のグループとして革命を起こしていきたいと思っています”と意気込みを述べ、デビューイベントを締めた。

<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>|AKIBAカルチャーズ劇場(2019年5月4日)
ツイート
<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>|AKIBAカルチャーズ劇場(2019年5月4日)
<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>|AKIBAカルチャーズ劇場(2019年5月4日)
ツイート
<開歌-かいか-デビューイベント~歌の咲く島~>|AKIBAカルチャーズ劇場(2019年5月4日)

歌の咲く島-蕾盤-リリースイベント
会場:タワーレコード錦糸町パルコ店
日時:5月11日(土)14:30~

  • トップページ
  • レポート
  • 【ライブレポート】開歌-かいか-、ポテンシャルの高さを証明したデビューライブ「季節のうつろいを感じさせてくれる花のように美しく歌い咲き誇る」