NEO JAPONISM[超NATSUZOME2022ライブレポート]真夏の野外ステージに圧倒的な強さを刻み込んだ5人の勇士「最高の夏作ろうぜぇぇぇぇー!」

NEO JAPONISM[超NATSUZOME2022ライブレポート]真夏の野外ステージに圧倒的な強さを刻み込んだ5人の勇士「最高の夏作ろうぜぇぇぇぇー!」

NEO JAPONISM[超NATSUZOME2022ライブレポート]真夏の野外ステージに圧倒的な強さを刻み込んだ5人の勇士「最高の夏作ろうぜぇぇぇぇー!」NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022ライブレポート>

アイドルイベント<超NATSUZOME2022>が、2022年7月2日(土)&3日(日)に海浜幕張公演Gブロックにて開催された。完全野外というシチュエーションの中で、数多くのアイドルたちがオーディエンスの心をたかぶらせる熱量の高いパフォーマンスを披露。本記事では、同イベントの中から7月2日(土)に超ステージに登場したNEO JAPONISMのライブレポートをお届けしよう。

NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)

取材&文:冬将軍

地響きのような重低音が鳴り響くSE「NEO START」から、勢いよく飛び出した真っ赤な衣装を纏った5人組。手には小槌のようなバブルガン。各々思いのままにしゃぼん玉を放つのだが……?

“最悪や、風がこっちに吹いてきた! しゃぼん玉がみなさんにかけれない! 向こうに飛ばしたいのに飛ばない! なんでこっちに返ってくるんだー! コノヤロー!”

自分が放った無数のしゃぼん玉を結局すべて自分で受け止めるという、初っ端からある意味で“持っている”滝沢ひなのの饒舌さが場を和ませながら、“闘う”を標榜するNEO JAPONISMのステージは幕を開ける。

“みなさん、じゃんけんしますよー! 最初はグー! じゃんけんポーン!”

威勢よく台に上がった瀬戸みるかが声高らかに発すると、「ジャンピンポ!!!!!」が始まる。曲中にメンバーとじゃんけんをする場面があるのだ。勢い余って滝沢が転倒するなどのハプニングを挟みつつも余裕たっぷりのパフォーマンスを1曲目から見せる。“今日、NATSUZOME 2022 いっぱい遊んで帰ろうぜぇぇぇぇー!!”と、滝沢が先ほどのハプニングを挽回するように野太い声で煽っていく。

重厚な中低音ブラスが鳴らされるインターバル。4人がキレのあるダンスパフォーマンスを見せる中、滝沢はゆっくりステージを歩きながらマイクパフォーマンスする。“ヤバい、コケたけどめっちゃ楽しいです、どーもNEO JAPONISMでぇーす。今日はね、みなさんと超楽しいライブを一緒に作るためにこのステージにやってきましたぁ! みなさんまだこれからブチ上がる準備はできてますでしょうかぁーー? 最高の夏作ろうぜぇぇぇぇー!!”。その声を合図に、堰を切ったように音の洪水が流れ込む。強靭なダンスナンバー「Fight For The Right」だ。ステージの5人に合わせて会場から無数の拳が上がる。朝倉あいがセンターで軽快なダンスを展開する間奏。そこから真夏の灼熱の日差しとオーディエンスの熱を受け、天高らかに福田みゆが落ちサビを歌い上げてその場を制し、歌を引き継いだ辰巳さやかがクールにオーディエンスの士気を掌握する。NEO JAPONISMが“闘う”を掲げるアイドルであることをステージで堂々と魅せつける。

上がった拳はまだ降ろさせない。さらに“拳を上げろ”と煽り、「Buster Buster」へ突入。ソリッドなヘヴィロックサウンドの上を鋭い歌声が次から次へと猛り狂う。最後のハイキックをキメた滝沢が上着を脱ぎ捨てると、不穏な波のようなシーケンスが聞こえ、一気に縦ノリビートが爆発する。「Signal」だ。メロディが次々と折り重なっていき、オーディエンスから集まったエネルギーが“全員で一緒に踊るぞ、行こうぜ!”の滝沢の一声で一気に解き放たれる。超ハイトーンのサビで皆が両手を挙げて空を仰ぎ、1つになっていく。他の追随を許さないNEO JAPONISMの圧倒的な強さを見た。

“明日が来るのが怖いなと思う人に届いたら嬉しいでぇぇぇす!!”

滝沢が作詞作曲を手がけた「すすめ」。誰もが持っている明日への不安を素直に吐き出して歌にした、彼女が影響を受けた80’s日本語ロックテイストが滲み出るポップパンクチューンだ。先ほどまでとは売って変わって、コミカルな振りで会場を湧かしていく。

“ラスト、全員で手を挙げて1つになりましょう!”

最後に送られたのは「READY TO RIDE」。少し懐かしいような、それでいて強さを感じる大きなメロディを、5人は優しくも強い歌声で紡いでいく。会場から無数の手が挙がり、フィナーレを迎える。まだお昼過ぎ、イベント自体は中盤戦だが、あまりの貫禄にトリのような壮大なフィナーレを感じた、そんなNEO JAPONISMの昂然たるステージであった。

NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
滝沢ひなの<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
滝沢ひなの<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
福田みゆ<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
福田みゆ<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
辰巳さやか<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
辰巳さやか<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
朝倉あい<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
朝倉あい<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
瀬戸みるか<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
瀬戸みるか<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)
ツイート
NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>海浜幕張公演Gブロック(2022年7月2日)

NEO JAPONISM<超NATSUZOME2022>

2022年7月2日(土)
海浜幕張公演Gブロック

SE
ジャンピンポ!!!!!
Fight For The Right
Buster Buster
Signal
すすめ
READY TO RIDE

  • トップページ
  • レポート
  • NEO JAPONISM[超NATSUZOME2022ライブレポート]真夏の野外ステージに圧倒的な強さを刻み込んだ5人の勇士「最高の夏作ろうぜぇぇぇぇー!」