© Disney © Disney/Pixar

© Disney © Disney/Pixar

日向坂46 影山優佳、憧れの澤穂希からのパスでゴール!「澤さんと同じステージに立ててとても光栄です」『JFA Magical Field Inspired by Disney』発表会にて

日向坂46の影山優佳が、本日7月7日(木)に高円宮記念JFA夢フィールドにて開催された『JFA Magical Field Inspired by Disney』発表会にゲスト出演した。

<『JFA Magical Field Inspired by Disney』発表会>高円宮記念JFA夢フィールド(2022年7月7日)

『JFA Magical Field Inspired by Disney』は、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(以下、ディズニー)と公益財団法人日本サッカー協会(以下、JFA)が発足した女子サッカーの新プロジェクト。

発表会では、JFA会長の田嶋幸三、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社コンシューマ・プロダクツ DTCリテールバイスプレジデント&ゼネラルマネージャーの井原多美が登壇し、同プロジェクトに込めた想いや概要を伝えた後、同プロジェクトのキャプテンとして澤穂希も登場。また、ゲストとして日向坂46の影山優佳も登壇し、澤とのトークセッションを実施。最後にはピッチにてオリジナルユニフォームを着用した子どもたちとともに、サッカー体験も行なった。

© Disney © Disney/Pixar
ツイート
© Disney © Disney/Pixar

第1部では田嶋会長と井原によるプレゼンテーションを実施。プレゼンテーションの中で田嶋会長は“JFAの中期計画にあるとおり、重点3領域である「キッズ・小学生年代」「女子」「シニア」における発展を目指しています。より多くの方にサッカーを身近に感じてもらうべく、新たな取り組みとして、ディズニーという強力なパートナーに出会うことができました。ディズニーキャラクターとコラボし、最高の知見をシェアしてもらうことで、特に子どもや大人、すべての女性への新たなアプローチができると考えています”とコメント。

また、井原からは、“楽しんで学べる「教育」よりも、気がついたら学んでいるような「娯楽」を与えたい”と、ウォルト・ディズニーの言葉を引用し、“楽しいプロジェクトを通じて何か新しいことに挑戦することの大切さを日本サッカー協会さんとともにお伝えできればと考えております”と、両社の想いが語られ、キービジュアルの公開をはじめ、この夏から実施予定のJFAファミリーサッカーフェスティバル<First Touch>についての発表を行なった。

続いて、『JFA Magical Field Inspired by Disney』プロジェクトキャプテンに就任した澤穂希が登壇。澤は、同プロジェクトについて“私はサッカーを通じて、何かを始めるためには、まず、その第一歩を踏み出すことの大切さを学びました。ディズニーさんと一緒に、すべての女性が新たに挑戦することや、そのために勇気を持つための後押しができれば幸いです”と語った。そして今回のイベントに参加する子どもたちにはプロジェクト通じて“初めてサッカーに挑戦するお子さんもいると思いますが、サッカーの楽しさや何かに挑戦することの楽しさを感じてもらえたら嬉しいです”と話した。今後の澤に期待することとして田嶋会長は、“日本の女子サッカーの象徴的な方と一緒に取り組めることに感謝しておりますし、同じ世代のお子さまもいらっしゃいますから、ぜひどこかのイベントにもお越しいただきたいです”と語った。また井原からも、“私自身、澤キャプテンの「苦しい時は私の背中を見なさい」という言葉が深く心に刻まれております。澤さんがサッカーを始められた頃、おそらくウマくいかなかったこともあるかと思いますが、1つずつできることを増やし自信にして、勇気を持っていろんなことにチャレンジをして成長されたかと思います。このプロジェクトを通じて、子どもたちには「勇気」と「優しさ」を体現された澤さんの背中を見て、ぜひ、楽しい経験を始めてほしいと思います”と、期待のメッセージが送られた。

第2部では澤に加えて、ゲストとして日向坂46の影山優佳が登場。アイドル界のサッカー通である影山は、澤との共演について“なでしこを夢見ていた時もありますし、2011年のワールドカップの時は小学校3年生だったのですが、澤選手をはじめ、なでしこの方々に憧れてプレーしていたので、今日こうして憧れの澤さんと同じステージに立ててとても光栄です!”と最高の笑顔で話した。サッカーを通じて子どもから大人まで、すべての女性の新たな可能性に踏み出す一歩を応援する同プロジェクトにちなんで、“最近始めた新しいこと”について聞かれると、澤は“最近、食生活アドバイザーの勉強を始めました。子どもと夫のために、身体のことのみならず何か新しいことにチェレンジしたいとずっと模索をしていた中で、始めようと思いました”と明かした。

影山は、“最近、クイズの勉強を始めています。高校時代もクイズ研究会に入っていたのですが、クイズ番組の内容とは全然違いました。呼んでいただいた分、期待以上の結果でお返しできたらなという思いもあり、対策のようなものを始めています”と、勉強好きな一面を垣間見せた。

続いて、今回のプロジェクトのためだけにデザインされたオリジナルユニフォームを着用した子どもたちが澤の呼びかけで登場。子どもたちが後ろを振り向くと、バックブリントにはそれぞれ異なるディズニープリンセスのデザインが。“本当に色とりどりで可愛いです! みなさんがキラキラしていて、このユニフォームを着れば、みんながディズニープリンセスになれると思いました”と笑顔の影山と澤、会場も和やかな雰囲気となった。

さらに、七夕ということで、2人は願いごとをサッカーボールに書いて披露。影山は“輝”と書き、“夢の輝き、夢を追う人の目の輝き、その人の持つ輝き。このプロジェクトを通してたくさんの人が自分の輝きを見つけられますように!”と願いを口にした。そして、澤は“夢”と書き、“このプロジェクトのスタートがJFA夢フィールドであること、今後、子どもから大人まで多くの女性たちが日常生活の中でサッカーを楽しんでほしいということ、そして、なでしこジャパンが再び世界一に輝くことを夢に託しました”と述べた。

最後には、影山から“新たな一歩を応援するということで、このプロジェクトを通してサッカーを好きになってくれる方が増えたら、私はいちサッカーファンとしてとても嬉しいです。そして、サッカーに限らず、挑戦することってこんなにも楽しいんだ!と感じてもらえたら、その経験を活かして今後の生活ももっと楽しく明るくキラキラした想い出がたくさんできると思うので、みなさんにも挑戦の楽しさを味わっていただければと思います”とコメント。

また、澤は“何かを始めることや挑戦することには、正直不安がつきものだと思います。私自身も小学校2年生の時にクラブチームに入部しようとして、女の子1人だったため、最初は断られてしまったのですが、母親がクラブに粘り強く話をしてくれたおかげで、女子では初めてそのクラブチームに参加することができました。これからプロジェクトのキャプテンとして、子どもたちが挑戦する第一歩を応援します”と形、発表会は幕を閉じた。

その後、JFAファミリーサッカーフェスティバル<First Touch>で実施予定のシュート練習を澤と影山、子どもたちが先行体験。澤からのパスでシュートを決めて嬉しそうな様子の影山と、フィールドでサッカーボールと触れ合う子どもたちの笑顔が輝いていた。

© Disney © Disney/Pixar
ツイート
© Disney © Disney/Pixar
  • トップページ
  • ニュース
  • 日向坂46 影山優佳、憧れの澤穂希からのパスでゴール!「澤さんと同じステージに立ててとても光栄です」『JFA Magical Field Inspired by Disney』発表会にて