(C)AbemaTV, Inc.

(C)AbemaTV, Inc.

ももクロ、バースデーガールなのに体当たり!? 初の合同生誕祭を開催

ももいろクローバーZが、6月28日(火)20:00よりABEMA PPV ONLINE LIVEにて『ももクロ 6月怒涛の合同生誕祭!!〜黄桃紫 3人合わせて82祭〜(読み:きももむらさき さんにんあわせて はちじゅうにさい)』を独占生配信した。

『ももクロ 6月怒涛の合同生誕祭!!〜黄桃紫 3人合わせて82祭〜』

『ももクロ 6月怒涛の合同生誕祭!!〜黄桃紫 3人合わせて82祭〜』は、6月4日(土)・11日(土)・21日(火)にそれぞれ誕生日を迎えた玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにを合同でお祝いするオンラインバースデーイベント。昨年よりABEMA PPV ONLINE LIVEにて始動した同イベントは、今回が初めて合同での開催となった。

番組内では、メンバーの持ち込み企画として「黄桃紫プレゼンツ!モグモグ手作りパーティー!」と題し、3人が手料理を生披露するコーナーも。玉井は鯛1尾を豪快な包丁さばきで器用に捌いていき、おしゃれなカルパッチョを披露。玉井の腕前に、視聴者からは“しおりんかっけえ!”“鯛まで捌けるなんて惚れた”と称賛の声が上がった。高城はアボカドや生ハムを使用し、お酒に合いそうなおつまみ2品を作り上げ、メンバーを唸らせた。

一方、佐々木は電子レンジを使用して串に刺した肉巻きおにぎりの調理に挑戦。調理途中で、お肉への火の通り加減を心配した視聴者から“もう1回レンジでチンして!”という声がコメント欄に殺到する一幕もあり、モノノフ(ももいろクローバーZファンの総称)とメンバーの連携プレイにより無事に絶品料理が完成した。玉井は“メンバー同士でお互いの手料理を食べるのは今回が初めて”と明かし、レアな姿満載の企画となった。

今回の生誕祭では事前に“モノノフ渾身の生誕祭企画”を募集しており、放送では「見破れ!モノノフVS黄桃紫!」と題し、モノノフが考案した“メンバーの嘘を見破る企画”を実施。1回目のチャレンジでは、電流が流れるビリビリ低周波器を着用したメンバーのうち、嘘のリアクションをしている1人をアンケート機能を活用して視聴者に当ててもらうことに。特に、ビリビリ低周波器が初挑戦だと語り、恐る恐る身体を張った佐々木の姿に“あーりん頑張った”“誕生日なのにえらいよ~”と労いのコメントが相次いだ。そのほか、足つぼダンスをしているメンバーを見破るチャレンジなどバースデーガールにも関わらず体当たり企画に果敢に挑戦した『ももクロ 6月怒涛の合同生誕祭!!〜黄桃紫 3人合わせて82祭〜』の様子は、7月28日(木)23時59分までチケットを購入し視聴することが可能。

また、ももクロのリーダーである百田夏菜子の生誕祭は、百田さんが28歳の誕生日を迎える当日の7月12日(火)21:00より、『ももクロ 7月怒涛の合同生誕祭?〜赤は1人で開祭〜(読み:あかはひとりでかいさい)』と題してABEMA PPV ONLINE LIVEでの独占生配信が決定。また、同ライブのチケットは、6月28日(火)より販売開始。

百田の生誕祭でも、本人がやりたいことを思う存分にひたすら満喫する企画や、玉井・佐々木・高城の合同生誕祭でも好評だった生配信中に百田がファンに直接電話をかける企画を展開。さらに、新たに“モノノフ渾身の生誕祭企画”を募集するなど、メンバーとファンが一体となって盛り上げていく内容となっている。

「メンバーからの生電話企画」と「生誕祭でやってほしい“モノノフ渾身の企画案”」募集は、下記の応募概要欄を確認の上、応募してみてほしい。

生電話企画「誰にも使えない“自分だけの”おめでとうコメント」応募先
応募概要:百田にお祝いしてほしいことをハガキに記載の上、以下の住所まで発送。ハガキが選ばれた人は、百田が当選者のためだけのお祝いコメントを放送中に読み上げる。

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers 「ももクロ 7月怒涛の合同生誕祭?〜赤は1人で開祭〜」係まで

(C)AbemaTV, Inc.
ツイート
(C)AbemaTV, Inc.

「生誕祭でやってほしい「モノノフ渾身の企画案」」応募先
応募概要:生誕祭で実施する企画をファンから募集。“百田が楽しめる企画”なら、内容は不問。

関連リンク

次ページ

  • 1