(C)TBS

(C)TBS

横山由依、矢吹奈子(HKT48)、トラウデン直美、記憶力でチームバトル! 『オボエロ!』出演

2022.06.30

横山由依、矢吹奈子(HKT48)、トラウデン直美らが出演するTBS『オボエロ!』が、6月30日(木)と7月7日(木)の2週にわたり放送される。

『オボエロ!』

同番組は、デジタルの発展で脳機能の低下が著しい現代、本来の“人間の脳”を取り戻すべく、さまざまな問題によって記憶力を試す番組。昨年12月、今年3月に放送し、今回は第3弾となる。

競い合うことで生まれる緊張感、そしてチームで戦って仲間を思うことで得られる共感力によって脳を刺激。3つのステージで対決し、最終的に獲得ポイントの高いチームが勝利となる。今回から新登場するゲームにも注目だ。

今回も8名のプレイヤーが参戦。“たたきあげチーム”には、チョコレートプラネットの長田庄平・松尾駿に加え、矢吹奈子(HKT48)、中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、“意外に高学歴チーム”には、横山由依、尾形貴弘(パンサー)、平子祐希(アルコ&ピース)、トラウデン直美が参戦し、2チームの対戦形式でお届けする。前回、前々回の放送で、ジャニーズ事務所の先輩・後輩があまり活躍できなかった姿を見ていた中村は、“ジャニーズのイメージを挽回するために、僕が頑張ります!”と意気込みを語る。先輩たちの汚名を返上し、活躍することはできるのか。

用意されたステージは全部で3つ。瞬間記憶力が試される1stキューブでは、モニターに出される映像やイラストを制限時間内に記憶し、それらに関する問題に答えられるかを競う。間違えるとプレイヤーの後ろにある壁が背中を押していき、2回間違えると奈落の底へ落ちてしまう。

“めっちゃ不安……”と心配そうな表情を浮かべる矢吹だったが、ステージが始まるとファインプレーを連発。長田が絶賛するほどの活躍を見せる。今回もモニターに出てくるポーズを覚える問題や、水族館のペンギンを覚える問題など、幼児教育レベルの簡単なものから難易度の高い問題まであり、プレイヤーたちは緊張感に打ち克ちながら挑んだ。

続く2ndキューブは、“フラッシュ記憶”を試す新ステージ。ランダムに配列された1から10までの数字を時間内に覚え、1から順に表示されていた場所をタッチしていくゲームだ。第3弾にして新ゲームの登場に、初回の放送から参加している松尾は“新しいゲームっていうだけで脳が疲弊するよ!”と困惑する。

そして、ラストの3rdキューブでは、高さ2m、長さ15mの巨大な“落ちる床”が登場。今回は、これまでの落ちる床ステージからアップデート。挑戦者は“オボエロ大事典”と題したさまざまな情報がつまったVTRをすべて覚え、その中から7つ出題される3択問題に順番に解答。1列に3枚ずつある“落ちる床”の中から、正しい解答だと思う番号に飛び込んでいく。正解なら次の問題に挑戦できるが、間違っていれば奈落の底へ落ちてしまう。落ちる恐怖と戦いながら、プレイヤーたちは“落ちる床”を踏まずにゴールまでたどり着くことはできるのか。高学歴チームは、チームワークに問題が発生。長田から“高学歴チームがまったく「高学歴」じゃない!”と言われる事態に。

2チームの激闘の結末は、ぜひ放送で確認してみてほしい。

コメント

・たたきあげチーム
長田庄平(チョコレートプラネット):
毎回僕の負担が大きかったのですが、今回はみんなと分散して、協力チームプレイで頑張りました。

中村くんには、ジャニーズのカッコいいところを見せてもらいたいですね! 今まで出演してきたジャニーズとは一味違うところも楽しみにしていただければと思います。

何より今回は、本当にバランスがよくて平均的に活躍できるメンバーが揃っているので、絶対に勝ちたいです!

松尾駿(チョコレートプラネット):
1ステージ目から、とんでもないやらかしをしてしまったのですが……ぼーっとしてしまってましたね……(笑)。

新しいゲームも出てきて、面白いのですが……、新しいゲームというだけで脳が疲弊してしまって(笑)。まずやり方を“オボエロ!”なので、そこが大変ですね。

僕たちもすごく頭を使ってチャレンジしているので、テレビを観ている方も同じように挑戦してほしいです!

中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.):
以前、出演していた先輩の髙地くん(※優吾 SixTONES)と後輩の藤井くん(※直樹 美 少年/ジャニーズJr.)がけっこう酷かったので……(笑)、ジャニーズのイメージを挽回するためにも僕が頑張ろうと思って挑戦しています!

どんな歳の方にも楽しんでいただける番組だと思うので、ぜひいろんな世代の方に観ていただきたいです!

矢吹奈子(HKT48):
今までの放送は、高学歴チームが2連勝をしていると聞いたので、今回はたたきあげチームが勝ちたいなと思っています。相手チームには先輩の横山由依さんがいますが、負けないように頑張ります!

いろんな世代の方に観ていただけたら嬉しいですし、みなさんも一緒に脳トレをしていただけたらと思います!

・意外に高学歴チーム
尾形貴弘(パンサー):
最初は揉めたりしてすごく仲が悪かったけど、最後は1つになれたと思います。誰かがミスしても、誰かがちゃんとカバーしてくれて、すごくいいチームでした。トラウデンちゃんがすごく頭よくて、由依ちゃんがミスして……極端な感じで2人のよいところがすごく出ていると思います。

トラウデン直美:
なんかずっとヒヤヒヤしていて、ずっと綱渡りしているみたいな感じでした。脳みそがすごく動いていて、脳が汗をかいてる感じがしました。手応えはあります! バランスがよく、安心感のあるチームでよかったです。

横山由依:
まずそもそも、“意外に高学歴チーム”っていう時点で、もうビビリまくっていて、“違うのにな……”って思っていたんですけど、頑張りました! あの平子さんが収録前に、“今までのテレビの収録で1番盛り上がる収録にしよう”ってボソッと言ってたのを聞き逃さなかったので、楽しい収録になりました。

平子祐希(アルコ&ピース):
“記憶力”っていう大本のテーマがあるけど、結果としてやっぱり人間なのかなっていうのを感じました。脳や記憶力、脳の働きプラス計り知れない心の部分っていうのは密接に関係してるんだなっていうのをすごく強く感じました……。そんな人間ドキュメンタリーをご覧いただければと思っています(笑)。また、世間ではしっかり者と思われているであろう横山の凡ミス。でも、そこで手を取り合ってそれをいかにカバーできるかと奮闘する我々3人の結束力を楽しみにしてほしいです。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 横山由依、矢吹奈子(HKT48)、トラウデン直美、記憶力でチームバトル! 『オボエロ!』出演