白間美瑠[インタビュー]ソロデビュー曲で作詞にも初挑戦「これからもっと輝きを放って、まわりに振り回されずに自分らしく突き進んでいきたい!」

白間美瑠[インタビュー]ソロデビュー曲で作詞にも初挑戦「これからもっと輝きを放って、まわりに振り回されずに自分らしく突き進んでいきたい!」

白間美瑠[インタビュー]ソロデビュー曲で作詞にも初挑戦「これからもっと輝きを放って、まわりに振り回されずに自分らしく突き進んでいきたい!」

昨年8月にNMB48を卒業し、約11年間のアイドル活動に終止符を打った白間美瑠が、7月6日(水)にメジャーデビューシングル「Shine Bright」をリリース。ソロアーティストとしての本格的な活動をスタートさせる。

今回、6月8日(水)に大阪のライブハウスBIGCATにてファンミーティングを開催する直前の彼女を直撃。ソロデビュー曲を初披露した音楽特番出演時のエピソードや、卒業後の東京での生活、今春からスタートしたレギュラーラジオ番組の話などの最新事情もたっぷり語ってもらった。

取材・文:ポッター平井

東京での新生活が始まって……

――昨年8月31日にNMB48劇場で開催された卒業公演(最終活動日)の翌日は何をしていたのか、覚えていますか?

白間美瑠(以下、白間):
家で爆睡していたと思います。卒コンにかける想いが強すぎて、卒業コンサート(8月15日に大阪城ホールで開催)が終わってから、一気に身体から力が抜けて、10日間ぐらい疲れが取れなかったんですけど、卒業公演は気持ちを整えて臨みました。

――それからしばらくはゆっくりできましたか?

白間:
9月はゆっくりしていました。活動の拠点を東京に移すので、東京に行って物件を探したりするぐらいで、それ以外は久しぶりの休みの期間を楽しんでいました。10月から東京で、一人暮らしが始まって、事務所でほぼ毎日、今後の活動について打ち合わせをしていました。自宅にいる時は、いろんなジャンルの曲を聴いたり、歌詞を考えてみたり、デビューに向けての準備期間という感じでした。

――東京での生活には慣れましたか?

白間:
最初は洗濯とか食器の洗い方とか大変だなぁと思うことも多かったんですけど、引っ越して来て、1週間ぐらいは両親がずっといてくれたので、いろいろ教えてもらいました。一人暮らしは自分の時間がしっかり作れるし、誰にも振り回されないし、実家にいると父親がずっとリビングにいるんですよ。テレビも24時間ついてるし、いつ寝てんねんって思います(笑)。静かな部屋にいれることに幸せを感じました(笑)。

――4月から弟(白間太陽)さんとの二人暮らしが始まって、お父さんが抜き打ちで来たりすることもあるそうですね。

白間:
1週間に1回、いきなり来るんですよ。だから本当に東京に来たんかな?と思います(笑)。

――みるるんチャンネル(YouTube)でルームツアーの動画を観たんですけど、みるるんの部屋、真っ白ですね。

白間:
そうなんですよ! 床も真っ白なので、髪の毛が1本でも落ちていたら気になってしまいます。

――“炊飯器を使ったことがない”と語っていましたが、その後は使いましたか?

白間:
使ってないです(笑)。トースターとか食洗器とか魚を焼くやつとか、使ったことがないものがいっぱいあります。使うのは電子レンジぐらいですね。最近、冷蔵庫で氷が作れることを知りました(笑)。

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • インタビュー
  • 白間美瑠[インタビュー]ソロデビュー曲で作詞にも初挑戦「これからもっと輝きを放って、まわりに振り回されずに自分らしく突き進んでいきたい!」