きゅい~ん'ズ<ぽぷろないとvol.7>スナップ番外編&終演後インタビュー

きゅい~ん'ズ<ぽぷろないとvol.7>スナップ番外編&終演後インタビュー

きゅい~ん'ズ<ぽぷろないとvol.7>スナップ番外編&終演後インタビューきゅい~ん'ズが出演した<ぽぷろないと vol.7>スペシャルフォト&終演後インタビュー

Pop'n'Roll 編集部

Pop'n'Roll 編集部

2019.05.02

当サイト名を冠したアイドルイベント<ぽぷろないと vol.7>が、2019年4月24日に南青山Future SEVENにて開催された。同イベントには、オモテカホ、きゅい~ん'ズ、Tokyo Rockets、やまだなみ(MC)らが出演。本記事では、きゅい~ん'ズの当日のスペシャルフォトと終演後インタビューをお届けしよう。

ライブ以外も充実していて楽しかったです(瀬能愛未)

――本日の<ぽぷろないと>いかがでしたか?

新野海優:
40分間のライブという長い時間を取っていただいて、ありがとうございました! あと、ポテトをシャカシャカ振ってお客様にあげるっていうのは初めてだったので、すごい経験をさせてもらったなって。ポテトはやるまで、自分だけが振ってお客さんに渡すと思っていたので、まさかの横のメンバーに渡すっていう! そういう方式ね⁉︎って思いました。

――普段、全員握手みたいな特典会はないんですか?

新野海優:
ないですね。だから楽しかったです!

橘祐里:
40分のライブはすごく長くて、シャボン玉がステージから出てるのがすごいと思いました。楽屋から前のアイドルさんの映像を観ている時は、“可愛いな”、“すごいな”って思っていて。“可愛いけど、シャボン玉浴びちゃわないかな”って心配していたんですけど、自分が踊ってる時は意外と邪魔にならなくて(笑)。客席から観たら可愛いんだろうなって。楽しくライブできました! あとPop'n'Rollさんのロゴが可愛い!

――ありがとうございます。西葉さんはいかがでしたか?

西葉瑞希:
普段の対バンって15分や20分の持ち時間で流れていってしまうので、ファンの人も自分の好きなグループしか印象に残らず終わってしまうことも多いと思うんです。でも、<ぽぷろないと>は組数も少ないですし、持ち時間も多いので、私たちのことを知らない人もより私たちを知ってくれるきっかけになるイベントだなと。ライブだけじゃなくて、ポテトの販売とかバータイムとか普段なかなかやらない企画もあって、お客さんも新鮮だったんじゃないかなって思います。平和なイベントでした、ありがとうございました!

瀬能愛未:
ライブは普段長くても30分とかなので、今日はたっぷり40分あったことが嬉しかったです。あ、シャボン玉がめっちゃ面白かった! 食べ物とかドリンクを渡すことは滅多にないので、すごくいいなって思ったし、アピールがいっぱいできるので告知も普段のライブよりしやすかったです(笑)。(西葉瑞希の)生誕前なので、みんなそっちに来ると思ったので、正直“今日はあんまり来てくれないかな……”って心配していたんですけど、ドリンクとか特別なことがあるから来てくれたのかなって。コースターにサイン書くのも新鮮でした! ライブ以外も充実していて楽しかったです!

小野光奈:
40分ライブっていうのを最初に聞いた時は、“ドンゲバビー!”って思ったんですけど!

橘祐里:
いつの時代から来たの(笑)。

小野光奈:
本当に! 私はライブをするのが好きでアイドルをやっているので、単独じゃないライブでこんなに長い時間ステージに立てて嬉しかったです。ファンの人もライブが長いから行きたいって思ってくれたのかなって。ドリンクにチェキとコースターがついたり、プレゼント系がたくさんあって、そういうのはファン目線からしたら嬉しいじゃないですか! 特別感がすごいし、イベントにこだわっている感じがしてすごい楽しかったです!

――今後のお知らせがあれば教えてください。

西葉瑞希:
5月10日に渋谷CLUB Malcolmさんにて、きゅい~ん'ズの定期公演があります。金曜日の夜にありますので、遊びに来てください!

全員:
待ってまーす!

 <ぽぷろないとvol.7>より
<ぽぷろないとvol.7>より
 きゅい~ん'ズ<ぽぷろないとvol.7>より
きゅい~ん'ズ<ぽぷろないとvol.7>より