<IDOL delic>開催。BILLIE IDLE®、我儘ラキア、劇場版ゴキゲン帝国、WILL-O'が熱狂の渦を生む

<IDOL delic>開催。BILLIE IDLE®、我儘ラキア、劇場版ゴキゲン帝国、WILL-O'が熱狂の渦を生む

<IDOL delic>開催。BILLIE IDLE®、我儘ラキア、劇場版ゴキゲン帝国、WILL-O'が熱狂の渦を生む

<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

WILL-O' 、劇場版ゴキゲン帝国、我儘ラキア、BILLIE IDLE®が出演したNANIWA delic<IDOL delic>が、4月28日(日)にCOOL JAPAN PARK OSAKA SSホールにて開催された。

同イベントのMCを務めたのは学天即。今回、COOL JAPAN PARK OSAKAでは記念すべき初開催とのことで、アイドルヲタクで知られる奥田は“大阪ではなかなか見られない顔ぶれ”とラインナップに自信をのぞかせた。“本当だったら客席側で観たかった!”と吠える中、“<IDOL delic>スタート!”の掛け声で勢いよくスタートした。

学天即<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)
ツイート
学天即<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

トップバッターを飾るのはWILL-O'。“大阪楽しんでいきましょう!”とのコールとともに、疾走感溢れる「SPARKING」で勢いをつけ、続く「astr∞naut」ではファンも一緒になって大盛り上がり。コールだけでなく、高く挙げた手を左右に振るなど一体となって会場を熱気に包む。

MCでは、久しぶりの大阪でのライブに“気合が入っている”と明かした4人。その勢いを止めることなく、大阪で初披露の新曲「POP’N」をドロップ。踊り出したくなるようなポップチューンで笑顔を届ける。休むことなく「FLOWER DANCE」、「Last Dance」と続け、ファンから一段と大きなコールとクラップが巻き起こり、“みんな一緒に!”の掛け声でますますヒートアップ。最後の「Stardust Memories」まで走り切った。

ライブ後のトークでは、我慢できずスタンディングエリアの最後方でステージを見守っていたという奥田が“素晴らしい!”と感激。四条も“すごく元気になりました”とパワーをもらった様子。WILL-O'は、6月4日に1stシングル「感情線染ヒカリエモーション」をリリースするとのことで、大阪でも5月にリリースイベントを開催する予定。“来てくださいね!”と大阪のファンの呼びかけた。

WILL-O'<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)
ツイート
WILL-O'<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

続いては、劇場版ゴキゲン帝国のライブ。楽曲プロデュース、歌詞、振付からライブブッキング、媒体営業、経理、確定申告と、運営のすべてを自分たちで行う完全セルフプロデュースアイドル。

テーマパークを彷彿とさせる、ワクワクするオープニングで幕開けした後は、「人の金で焼肉食べたい」を披露。“H・K・Y・T!”や“人の金で焼肉食べたいかー!”など、ユニークなコール&レスポンスで大いに盛り上げる。続いては雰囲気をガラリと変えて、バラード調のAメロとメリハリのあるサビが心に響く「君の名、誓いの夜」を。

MCではSSホールのステージに立てたことを喜び、後半は疾走感ある「行けたら行く」、「スタンドアップ」と続けて披露し、コールに振りにとファンは大盛り上がり。「Summer☆panty」ではタオル回しの旋風が巻き起こり、“大阪!”“大好き!”とコール&レスポンスで盛り上げた。最後は「Re:starlight」をしっとりと歌い上げ、さまざまな表情を見せる圧巻のパフォーマンスを見せつけた。

ライブ後のトークでも、奥田が“楽曲の緩急がいかつい!”と大絶賛。アイドル好きの奥田でも、初めて劇場版ゴキゲン帝国のステージを観た時は鮮烈だったそうで、当時のエピソードを明かしていた。さらに、もともとお笑いをやっていたと白幡いちほが明かすと、先斗ぺろも“学生時代にネタを作っていた”と告白するなど意外な暴露も飛び出した。

劇場版ゴキゲン帝国<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)
ツイート
劇場版ゴキゲン帝国<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

3番手は我儘ラキア。オープニングからファンによる掛け声とクラップが巻き起こり、序盤から会場のボルテージは上がる一方。「ゼッタイカクメイ」をクールに歌い上げた後は、激しいロックナンバー「Days」でファンの熱気は最高潮に。

MCで星熊南巫は“自分たちが届けたい歌、やりたいステージをみんなの前で表現することを大切にしているから、みんなも自分の目で見ていいなと思ったことはこれからも大切にしてください”とファンに語りかけた。

後半は、我儘ラキアの3人が大切にしているという曲「There is surely tomorrow」を歌唱。続いて、「Reboot with…「  」」、「Melody」と立て続けに力強いパフォーマンスで魅せ、「The Reason」ではカリスマ性を感じさせるパフォーマンスでファンを魅了。スタンディングエリアは熱気と興奮に包まれた。

ライブ後のトークでも、四条は“激しいですね〜”とファンとの一体感溢れるパフォーマンスに驚いた様子だった。

我儘ラキア<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)
ツイート
我儘ラキア<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

ラストを締めくくるのは、ファッションデザイナーとしても名を馳せるNIGO®️がプロデュースする、アイドルと一線を画する5人組、BILLIE IDLE®。

「そして、また、、」の爽やかなメロディで観客の心を瞬く間に掴んだ後は、躍動感溢れる「be my boy」でステージを所狭しと駆け回り、会場の熱を一気に上げる。さらに「anarchy in the music scene」、「be bop tu-tu」と続き、自然と身体が動き出すようなリズムと伸びやかなボーカルにファンもクラップで応える。5月22日リリースの新曲「僕らまだちっぽけな頃の話」では、スピード感溢れるリズムで圧巻のパフォーマンスを見せた。続いてハーモニカのサウンドと綺麗な歌声が気持ちいい「エブリデイズ」、爽やかでどこか懐かしい「MY WAY」と、最後まで元気いっぱいのパフォーマンスを届けた。

ライブ後のトークでは、“出ていただきたかった”と奥田も満足そう。すると突然、関西弁炸裂のファーストサマーウイカが“今日、たくさん出演者がいらっしゃいましたが、関西アイドル好き芸人のカシラを取る奥田さんが今日観た中で一番「推しとこう」と思ったのは?”と質問する一幕も。さらにファーストサマーウイカ、ヒラノノゾミ、プー・ルイが以前所属していたアイドルグループ、BiSの話題も飛び出し、アイドルファンには嬉しいやりとりがくり広げられた。

BILLIE IDLE®<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)
ツイート
BILLIE IDLE®<IDOL delic>|COOL JAPAN PARK OSAKA SSホール(2019年4月28日)

エンディングには全員がステージに集合し、会場に駆けつけたファンと記念撮影。アイドルがステージを去る最後の最後まで、掛け声が止むことなく大盛り上がりのまま<IDOL delic>は幕を閉じた。