生田絵梨花、ミュージカル<MEAN GIRLS>単独主演決定! 「まさか叶う日が来るとは……」

生田絵梨花、ミュージカル<MEAN GIRLS>単独主演決定! 「まさか叶う日が来るとは……」

生田絵梨花、ミュージカル<MEAN GIRLS>単独主演決定! 「まさか叶う日が来るとは……」

生田絵梨花が、2023年1月より東京建物Brillia Hallfにて上演されるミュージカル<MEAN GIRLS>にケイディ・ヘロン役として単独主演することが決定した。

同作の原作は、2004年にアメリカで制作された映画『MEAN GIRLS』。アフリカで生まれ育った主人公ケイディが16歳で初めて学校に通いスクールカーストトップの女の子たちと過ごす中で、キラキラした笑顔の裏に隠された弱肉強食な女の子の世界に触れ、大切なことは何か学んでいく物語。今回、ハイスクールコメディ映画の代表作がミュージカル化する。

2018年にブロードウェイで開幕した同作はキャストの大半が20代と若く、パワフルで勢いのあるカンパニーとして注目され、同年のトニー賞では作品賞、主演女優賞、脚本賞など、最多の12部門でノミネートされた。

英語圏以外のインターナショナルプロダクションとしては、今回の日本版が初演となる。

演出を務めるのは、数々の海外ミュージカルを手掛ける小林香。主人公ケイディ・ヘロンには、生田絵梨花が抜擢された。

映画版の脚本に携わったコメディアンのティナ・フェイが同作の脚本も手がけ、映画のアイコニックなシーンを残しながら、現代SNS文化なども取り入れ、懐かしさと新鮮さが織り交ざった作品へと昇華。音楽はティナ・フェイの夫、ジェフ・リッチモンドが作曲、「キューティーブロンド」のニール・ベンジャミンが作詞を務めた。

コメント

小林香(演出・上演台本・訳詞):
アフリカ育ちの女の子がアメリカのスクールカーストを闊歩する……。

生田絵梨花さんの広い間口をさらに広げて振り幅の大きなユニークなキャラクターを作っていただこうと今からとっても楽しみにしています。生田さんがもともと持っている太陽のような生命力で、愛しくもアクの強い面々に囲まれて青春を生き抜いていただきたい。

原作では、リンジー・ローハン、レイチェル・マクアダムス、アマンダ・サイフリッド、未来の大スターたちが溢れんばかりのエネルギーを輝かせ、ブロードウェイ版は笑いとパワーに満ちていました。

私たちも抱腹絶倒のノリとカッコよさで日本版<ミーンガールズ>をお届けいたします。みなさま、劇場でお待ちしております……。So Fetch!

小林香
ツイート
小林香

生田絵梨花(ケイディ・ヘロン役):
2018年のトニー賞でノミネートされたこの作品。

当時、授賞式の番組中継のナビゲーターをさせていただいていた私は“いつか<ミーンガールズ>やりたい!”と発言していました。まさか叶う日が来るとは……。4年前の自分に報告してあげたいです。

実際ブロードウェイに観に行き、これまで自分が関わってきた作品とはまた違うポップさやキュートさに心がときめきました。日本版<ミーンガールズ>、みなさまとどのように作っていけるのか、今から楽しみです!

生田絵梨花
ツイート
生田絵梨花

次ページ

  • 1