鈴木愛理、“幸せ迷子のズタボロ女子”が絶世の美女に大変身!連続ドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』初主演

鈴木愛理が、6月23日(木)21:45よりABEMAで放送される新作ドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』にて初主演を務める。

同作は、恋も夢も忘れ、ブラック企業で懸命に働く“幸せ迷子のズタボロ女子”の主人公が、最高の自分に生まれ変わろうとする、大逆転ラブストーリー。

日々の仕事に忙殺され、抱いていた夢はもちろん、恋をすることすら忘れてしまっていた主人公・鹿森海(しかもりうみ)。ひたむきに頑張りながらも日々に疲れ切っていた彼女の前に現れたのは、生意気でツンデレな年下カメラマンと、敏腕だけど恋愛下手な最新コスメベンチャー企業「ANIMAL BEAUTY(アニマルビューティー)」のイケメン社長。

そして彼女は、とあるきっかけで「ANIMAL BEAUTY」に入社するチャンスを手に入れる。2人の男性に刺激を受けつつ、まさかの恋心に揺れ動きながら、なりたい自分に変わろうと決意する。サバンナのような厳しい社会の中で、彼女は果たして最高の自分に生まれ変わることができるのか。

ⒸAbemaTV, Inc.
ツイート
ⒸAbemaTV, Inc.

主人公の、“幸せ迷子のズタボロ女子”・鹿森海を演じるのは、元「℃-ute(キュート)」のメンバーで、現在はソロヴォーカリストとしてだけでなく女優やモデルとしても活躍する鈴木愛理。同作にて、連続ドラマ初主演を務める。

そして、ひょんなことから海が「ANIMAL BEAUTY」に入社する手助けをすることになる、生意気年下カメラマン・長嶺風緒(ながみねかざお)を本田響矢が演じる。一方、「ANIMAL BEAUTY」の創業者で敏腕年上社長・榊圭祐(さかきけいすけ)を演じるのは、人気ミュージカル『テニスの王子様2ndシーズン』で役者デビュー以降、ドラマや映画などさまざまな話題作に出演、幅広く活躍する注目俳優の白洲迅。

ほかにも、モデルの村上愛花、モデルで女優の星乃夢奈の出演が決定している。

鈴木愛理(鹿森海役)コメント

ーー出演オファーを受けた際の感想を教えてください。

鈴木愛理:
普段音楽を生業にしていますので、率直にまたお芝居ができるということへの喜びと、連続ドラマ初主演ということへの責任とで胸がいっぱいになりました。昨年、『ブラックシンデレラ』でもお世話になった池田プロデューサーからお声がけをいただいたのですが、役どころが決まったときに相談をしたところ、“今のあなたのまままっすぐ生きて、現場に来ていただければ大丈夫です”とだけ言われたので、今まで以上に“今の自分を一生懸命生きる”という毎日を送ったことを覚えています。

ーー脚本を読んだ印象はいかがでしたか?

鈴木愛理:
“恋も仕事も弱肉強食”キービジュアルにも書かれているこの言葉、そして『ANIMALS』という作品名をみて、「視聴者さんはこれをどういう意味として受け取るかな」とワクワクしました。毎日、人は何かを一生懸命に生きていると思います。仕事や恋愛や人間関係などで、辛いことや人に言えないこと、我慢していることが必ずあるのではないでしょうか。そんな人にこそ見ていただきたい、そんな内容だなと思いました。わたしの演じる鹿森海という女性は、とにかく一生懸命に毎日を生きる、でもどこか自分を見失いがちな日々を送る、そんな自分にも気づいてあげられないくらい必死で今を生きる人間です。なので初めて脚本を読んだときは、とにかくまっすぐ生きてください、というプロデューサーから言われた言葉がとても響きましたね。そのまっすぐさに自分自身も海ちゃんにパワーをもらったり、奮い立たされたり、泣いたり笑ったりさせられたり。仕事の場面でも恋愛の場面でも、心がギュッとするシーンが多い印象でした。

ーー視聴者に向けて見どころ・メッセージをお願いします。

鈴木愛理:
ただのお仕事ドラマではない。そしてただの恋愛ドラマでもない。ある意味とても人間ぽい、嘘のつけない作品です。登場人物全てが愛おしくなるようなまっすぐさと人間力を持っていますし、幸せ迷子でなりたい自分を探しています。毎日頑張っているあなたへ。“チームANIMALS”からエールを送れたらなと思い演じさせていただきました。見終わる頃には、今よりも少し多く自分のことを愛してあげられていますように。たくさんの方がドキドキとワクワクを体験できる、そして明日から自分を真っ直ぐに生きるパワーを送れるような時間になったら嬉しいです!!! ぜひご覧ください!

次ページ

  • 1
  • トップページ
  • ニュース
  • 鈴木愛理、“幸せ迷子のズタボロ女子”が絶世の美女に大変身!連続ドラマ『ANIMALS‐アニマルズ‐』初主演